一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)死因の報告が不正確な病院を特定する基準としての全国・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/13Vol. 66 / No. 1

MMWR66(1):19-22
Using National Inpatient Death Rates as a Benchmark to Identify Hospitals with Inaccurate Cause of Death Reporting — Missouri, 2009–2012

死因の報告が不正確な病院を特定する基準としての全国入院患者死亡率の利用 ― ミズーリ州、2009~2012年

CDCによる入院患者の院内死亡率を基準として、ミズーリ州のDepartment of Health and Senior Services (DHSS)は高い院内死亡率が報告されたセントルイスおよびカンザスシティ都市圏の病院の院内死亡率について分析した。セントルイス都市圏17病院、カンザスシティ都市圏15病院の計32病院のうち、異常値(両側検定にてα=0.1)が報告された5病院と、残り27病院のうち少なくとも1つの疾患カテゴリーにて≧2 SDを示し、ほとんどの死亡に関与した3病院、計8病院(セントルイス:4、カンザスシティ:4)にて、181例の医療記録をレビューした。その結果、病院による死亡診断書の24~65%に報告された死因が調査による結論と一致せず、疾患別では心臓疾患が54.5~85%、腎臓疾患が0~44%、癌が0~9%であった。心臓疾患による死亡率の高い病院(3施設)では心臓疾患を原死因として過剰報告する傾向にあり、腎疾患による死亡率が高い病院(2施設)では、腎臓疾患を原死因として過剰報告していた。しかし、癌による死亡率の高い病院(6施設)では、癌を原死因として過少報告しており、心臓疾患、腎臓疾患を原死因として過剰報告していた。全体では心臓疾患および腎臓疾患は死亡診断書に過剰報告、癌は過少報告されていた。この結果を受けてミズーリ州のDHSSは死亡診断書への死亡記録データの入力に関して新しいwebベースの訓練モジュールを開始している。

References

  • Hall M, Levant S, DeFrances C. Trends in inpatient hospital deaths: National Hospital Discharge Survey, 2000–2010. NCHS Data Brief No. 118. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2013. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db118.pdf>
  • Department of Health and Human Services. Physicians’ handbook on medical certification of death. 2003 Revision. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2003. <https://www.cdc.gov/nchs/data/misc/hb_cod.pdf>
  • Al-Samarrai T, Madsen A, Zimmerman R, et al. Impact of a hospital-level intervention to reduce heart disease overreporting on leading causes of death. Prev Chronic Dis 2013;10:E77. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd10.120210>
  • Villar J, Pérez-Méndez L. Evaluating an educational intervention to improve the accuracy of death certification among trainees from various specialties. BMC Health Serv Res 2007;7:183. <http://dx.doi.org/10.1186/1472-6963-7-183>
  • Snyder ML, Love SA, Sorlie PD, et al. Redistribution of heart failure as the cause of death: the Atherosclerosis Risk in Communities Study. Popul Health Metr 2014;12:10. <http://dx.doi.org/10.1186/1478-7954-12-10>
  • Agarwal R, Norton JM, Konty K, et al. Overreporting of deaths from coronary heart disease in New York City hospitals, 2003. Prev Chronic Dis 2010;7:A47.
  • Cambridge B, Cina SJ. The accuracy of death certificate completion in a suburban community. Am J Forensic Med Pathol 2010;31:232–5. <http://dx.doi.org/10.1097/PAF.0b013e3181e5e0e2>
  • Hoff CJ, Ratard R. Louisiana death certificate accuracy: a concern for the public’s health. Validation of death certificate diagnosis for coronary heart disease: the Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) Study. J La State Med Soc 2010;162:352–3.
  • Lakkireddy DR, Gowda MS, Murray CW, Basarakodu KR, Vacek JL. Death certificate completion: how well are physicians trained and are cardiovascular causes overstated? Am J Med 2004;117:492–8. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amjmed.2004.04.018>
  • Lloyd-Jones DM, Martin DO, Larson MG, Levy D. Accuracy of death certificates for coding coronary heart disease as the cause of death. Ann Intern Med 1998;129:1020–6. <http://dx.doi.org/10.7326/0003-4819-129-12-199812150-00005>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ