一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)州レベルの致死的外傷に伴う生涯医療費および労働損失・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/13Vol. 66 / No. 1

MMWR66(1):1-11
State-Level Lifetime Medical and Work-Loss Costs of Fatal Injuries — United States, 2014

州レベルの致死的外傷に伴う生涯医療費および労働損失費 ― アメリカ、2014年

2014年、アメリカにおける致死的外傷による死亡者は199,756名であり、生涯コスト(生涯医療費および労働損失費)は2,270億ドルに及ぶ。今回、致死的外傷を4つに分類し(意図的外傷、非意図的外傷、自殺、殺人)、50州およびワシントンDCにおけるそれぞれの死亡率と生涯コスト、および1人あたりの生涯コストを算出した。2014年、全体の外傷による死亡率(10万人あたり)および1人あたり生涯コストはそれぞれ40.2、491ドル(ニューヨーク州)~101.9、1,233ドル(ニューメキシコ州)~であり、死亡率は男女ともにニューメキシコ州にてもっとも高く(男性:141.1、女性:63.7)、ニューヨーク州にてもっとも低かった(男性:58.9、女性:23.1)。州全体の致死的外傷による生涯コストは209億ドル(カリフォルニア州)~4億600万ドル(バーモント州)、死亡者数は385例(ワシントンDC)~18,152例(カリフォルニア州)であった。1人あたりの生涯コストの高い州はニューメキシコ州に続きウエストバージニア州(1,162ドル)、アラスカ州(1,091ドル)、ルイジアナ州(1,041ドル)、オクラホマ州(1,040ドル)、低い州はニューヨーク州に続きニュージャージー州(533ドル)、カリフォルニア州(538ドル)、マサチューセッツ州(550ドル)、ミネソタ州(577ドル)であった。非意図的外傷による1人あたりの生涯コストは、261ドル(メリーランド州)~815ドル(ウエストバージニア州)、死亡率は26.4(メリーランド州)~71.9(ニューメキシコ州)であり、カリフォルニア州は生涯コストがもっとも高く(122億ドル)、死亡者数ももっとも多かった(11,804例)。自殺による1人あたりの生涯コストは107ドル(ニュージャージー州)~338ドル(アラスカ州)、死亡率はワシントンDC(7.7)~モンタナ州(23.8)であり、生涯コストは7,300万ドル(ワシントンDC)~49億ドル(カリフォルニア州)、死亡者数はカリフォルニア州にてもっとも多かった(4,214例)。殺人による1人あたりの生涯コストは24ドル(ハワイ州)~273ドル(ワシントンDC)~死亡率は13.2(ワシントンDC)~1.3(ニューハンプシャー州)であり、カリフォルニア州は生涯コストがもっとも高く(31億ドル)、死亡者数ももっとも多かった(1,813例)。以上、致死的外傷による生涯コストおよび死亡率は州により異なり、経済的損失の格差を是正するためにはそれぞれの州が改善すべき点を把握し、予防策を講じる必要性が示唆された。

References

  • Florence C, Simon T, Haegerich T, Luo F, Zhou C. Estimated lifetime medical and work-loss costs of fatal injuries—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1074–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6438a4>
  • Kochanek KD, Murphy SL, Xu JQ, Tejada-Vera B. Deaths: final data for 2014. National Vital Statistics Reports, Vol. 65, No. 4. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2016. <https://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr65/nvsr65_04.pdf>
  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2016. <https://www.cdc.gov/injury/wisqars>
  • Lawrence BA, Miller TA. Medical and work loss cost estimation methods for the WISQARS cost of injury module. Calverton, MD: Pacific Institute for Research & Evaluation; 2014. <http://www.pire.org/documents/WisqarsCostMethods.pdf>
  • Breiding MJ, Wiersema B. Variability of undetermined manner of death classification in the US. Inj Prev 2006;12(Suppl 2):ii49–54. <http://dx.doi.org/10.1136/ip.2006.012591>
  • Kung HC, Hoyert DL, Xu JQ, Murphy SL. Deaths: final data for 2005. National Vital Statistics Reports, vol. 52, no. 10. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2008. <https://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr56/nvsr56_10.pdf>
  • Dowell D, Haegerich TM, Chou R. CDC guideline for prescribing opioids for chronic pain—United States, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-1). <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.rr6501e1>
  • CDC. Prevention status reports: motor vehicle injuries. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://wwwn.cdc.gov/psr/NationalSummary/NSMVI.aspx>
  • CDC. Buckle up: restraint use state fact sheets. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/motorvehiclesafety/seatbelts/states.html>
  • Office of the Surgeon General. National Action Alliance for Suicide Prevention. 2012 national strategy for suicide prevention: goals and objectives for action. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2012. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/national-strategy-suicide-prevention/full-report.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ