一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ハイスクールおよびカレッジフットボール選手における・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/06Vol. 65 / No. 52

MMWR65(52):1465-1469
Traumatic Brain and Spinal Cord Fatalities Among High School and College Football Players — United States, 2005–2014

ハイスクールおよびカレッジフットボール選手における脳および脊髄の致死的損傷 ― アメリカ、2005年~2014年

アメリカではフットボール競技に、年間でハイスクール選手110万人、カレッジ選手7万5,000人が参加している。フットボールは選手同士が衝突するスポーツであり、外傷が多く発生し、時に致死的となる。National Center for Catastrophic Sport Injury Researchのデータから、ハイスクールおよびカレッジフットボール選手における脳および骨髄の致死的損傷について解析した。2005~2014年、計28例の脳および脊髄損傷による死亡が発生し、ハイスクール選手24例のうち22例(92%)およびカレッジ選手4例全例は頭部/脳損傷であり、診断名のうち最も多く(46%)は硬膜下血腫であった。脳損傷により死亡したハイスクール選手の22例のうち4例(18%)は、致死的外傷の4週間以内に脳震盪を起こしており、うち3例はセカンドインパクト症候群(初めの脳震盪から回復しないうちに2回目の脳震盪を起こし、急激かつ重篤な脳腫脹を来す)が関連していた。ハイスクール選手死亡例のうち20例(83%)は、レギュラーシーズンの試合中に発生し、17例(71%)はタックルをするか受ける最中に発生した。カレッジ選手では、2例はレギュラーシーズンの試合中に、2例はオフシーズンの練習中に発生した。死亡した選手のポジションはランニングバック(32%)およびラインバッカー(21%)が多く、頭から先に衝突した例が8例あった。以上のデータから、選手の致死的外傷を防ぐために、全ての選手に対する適切なタックル技術(攻撃および防御)の指導、救急プランの作成および試合中のオンサイトの医療的ケア、脳震盪の重要性の認識および競技への適切な復帰手順の遵守が必要であることが示唆された。

References

  • Dompier TP, Kerr ZY, Marshall SW, et al. Incidence of concussion during practice and games in youth, high school, and collegiate American football players. JAMA Pediatr 2015;169:659–65. <http://dx.doi.org/10.1001/jamapediatrics.2015.0210>
  • Kerr ZY, Collins CL, Fields SK, Comstock RD. Epidemiology of player—player contact injuries among US high school athletes, 2005–2009. Clin Pediatr (Phila) 2011;50:594–603. <http://dx.doi.org/10.1177/0009922810390513>
  • Cantu RC, Mueller FO. Brain injury-related fatalities in American football, 1945–1999. Neurosurgery 2003;52:846–53. <http://dx.doi.org/10.1227/01.NEU.0000053210.76063.E4>
  • Boden BP, Breit I, Beachler JA, Williams A, Mueller FO. Fatalities in high school and college football players. Am J Sports Med 2013;41:1108–16. <http://dx.doi.org/10.1177/0363546513478572>
  • Mueller FO, Blyth CS. Fatalities from head and cervical spine injuries occurring in tackle football: 40 years’ experience. Clin Sports Med 1987;6:185–96.
  • Cantu RC, Mueller FO. The prevention of catastrophic head and spine injuries in high school and college sports. Br J Sports Med 2009;43:981–6. <http://dx.doi.org/10.1136/bjsm.2009.067728>
  • Haddon W Jr. Energy damage and the ten countermeasure strategies. J Trauma 1973;13:321–31. <http://dx.doi.org/10.1097/00005373-197304000-00011>
  • Kerr ZY, Yeargin S, Valovich McLeod TC, et al. Comprehensive coach education and practice contact restriction guidelines result in lower injury rates in youth American football. Orthop J Sports Med 2015;3:2325967115594578. <http://dx.doi.org/10.1177/2325967115594578>
  • Casa DJ, Guskiewicz KM, Anderson SA, et al. National athletic trainers’ association position statement: preventing sudden death in sports. J Athl Train 2012;47:96–118.
  • Pryor RR, Casa DJ, Vandermark LW, et al. Athletic training services in public secondary schools: a benchmark study. J Athl Train 2015;50:156–62. <http://dx.doi.org/10.4085/1062-6050-50.2.03>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ