一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ペルシャキュウリに関連するサルモネラオスロ感染症の・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/30Vol. 65 / Nos. 50 & 51

MMWR65(50 & 51):1430-1433
Outbreak of Salmonella Oslo Infections Linked to Persian Cucumbers — United States, 2016

ペルシャキュウリに関連するサルモネラオスロ感染症のアウトブレイク ― アメリカ、2016年

2016年4月、PulseNetは複数の州において。パルスフィールド・ゲル電気泳動法(PFGE)パターンの一致する(XbaI PFGE pattern OSLX01.0090) Salmonella entericaの血清型Osloによる集団感染が確認された。発症時期は2016年3月21日~4月9日、8州(イリノイ州、ケンタッキー州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ミネソタ州、ネブラスカ州、オハイオ州、ウィスコンシン州)にて14例[男性5例、女性9例、中央値36歳(3~68歳)]に発症、多くの症例が感染後12~72時間に下痢、発熱、腹部痙攣を来し、3例が入院し、死亡例はなかった。13例で行われた問診票では、12例が発症前1週間以内にキュウリを食べたと回答した。うち11例がペルシャキュウリまたはミニキュウリを食べており、また、13例中8例が全国チェーンの食品店A(チェーンA)にてキュウリを購入したと回答した。調査ではこの期間にカナダのペルシャキュウリ供給業者2社を特定したが、業者にキュウリを納入した栽培者は1つに特定できなかった。可能性のある栽培者はカナダ、メキシコ、ドミニカ共和国にあった。カナダで栽培されたキュウリはカナダ国内に流通したが、このアウトブレイクに合致する臨床例は報告されていない。チェーンAにて汚染されたキュウリが販売されたと考えられ、この店では自主的にペルシャキュウリの販売を自粛したが、キュウリからサルモネラ菌は検出されておらず、継続して調査が行われている。

References

  • CDC. Burden of foodborne illness: findings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/foodborneburden/2011-foodborne-estimates.html>
  • CDC. Multistate outbreak of Salmonella Saintpaul infections linked to imported cucumbers (final update). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <http://www.cdc.gov/salmonella/saintpaul-04-13/>
  • Angelo KM, Chu A, Anand M, et al. Outbreak of Salmonella Newport infections linked to cucumbers—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:144–7.
  • CDC. Multistate outbreak of Salmonella Poona infections linked to imported cucumbers (final update). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/salmonella/poona-09-15/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ