一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)がん死亡率の主な原因 ― カリブ海地域、2003~・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/16Vol. 65 / No. 49

MMWR65(49):1395-1400
Leading Causes of Cancer Mortality — Caribbean Region, 2003–2013

がん死亡率の主な原因 ― カリブ海地域、2003~2013年

がんは世界で最も多い死亡原因の一つであり、2012年では、推定で全てのがん死亡の65%は世界の発展途上の地域において発生した。カリブ海地域ではがんは2番目に多い死因で、2012年ではがんに関連した死亡は87,430人と推定される。Pan American Health Organizationはカリブ海地域を27カ国のグループとして定義しているが、各国により、面積、地形、資源、監視制度はさまざまである。CDCは21の英語圏およびオランダ語圏のカリブ海諸国、アメリカ、2つのアメリカ領[プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島(USVI)]について、2003~2013年の各管轄区からの利用可能な死亡データのうち直近の5年間を使用し、部位および性特異的ながん死亡の割合および年齢調整死亡率(ASMR)を算出した。すべての部位(すべてのがん関連の死亡の結合)のASMRは人口10万人にあたり46.1人(タークス・カイコス諸島)~139.3人(セントキッツ島 ネイビス島)であった。21の英語圏およびオランダ語圏諸国のうち、男性のがん関連死亡の主な原因は20カ国で前立腺がんが18.4%(スリナメ)~47.4%(ドミニカ国)を占め、次いで肺がん[5.6%(バルバドス)~24.4%(バミューダ諸島)]であった。女性のがん関連死亡の主な原因はデータの報告があった18カ国中16カ国で乳がんが14.0%(ベリーズ)~29.7%(ケイマン諸島)と最も高く、次いで子宮頸がん(4.5%~18.2%)であった。男女とも、大腸がんはがん死亡の主な原因の第3位であった。英語圏およびオランダ語圏諸国、USVI、プエルトリコ内のがん特異的な死亡率は大きな差があるが、前立腺および乳がんは一致して男性および女性のがん関連死亡の主な原因であった。アメリカと比較した場合、カリブ海地域の子宮頸がん、前立腺がんに関連したASMRは各2~9倍および2~8倍高かった。また、英語圏およびオランダ語圏のカリブ人男女の肺がんに関連するASMRは、アメリカと比較して低下した。カリブ人におけるがん死亡の主な原因のいくつかは、リスクファクターへの曝露の予防、スクリーニング、早期発見、タイムリーで効果的な治療をはじめとする一次および二次予防により、減少させることが可能である。

References

  • International Agency for Research on Cancer. World cancer report, 2014. Lyon, France: World Health Organization, International Agency for Research on Cancer; 2014. <http://publications.iarc.fr/Non-Series-Publications/World-Cancer-Reports/World-Cancer-Report-2014>
  • International Agency for Research on Cancer. Estimated cancer incidence, mortality and prevalence worldwide in 2012. Lyon, France: World Health Organization, International Agency for Research on Cancer; 2012. <http://globocan.iarc.fr/Pages/fact_sheets_cancer.aspx>
  • International Agency for Research on Cancer. Globocan 2012. Lyon, France: World Health Organization, International Agency for Research on Cancer; 2012. <http://globocan.iarc.fr/Default.aspx>
  • Surveillance, Epidemiology, and End Results Program. SEER*Stat software version 8.2.1. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, National Institute of Health, National Cancer Institute, Surveillance, Epidemiology, and End Results Program; 2016. <https://seer.cancer.gov/seerstat>
  • Segi M. Cancer mortality for selected sites in 24 countries (1950–57). Sedari, Japan: Department of Public Health, Tohoku University of Medicine; 1960.
  • Bray F, Guilloux A, Sankila R, Parkin DM. Practical implications of imposing a new world standard population. Cancer Causes Control 2002;13:175–82. <http://dx.doi.org/10.1023/A:1014344519276>
  • Gelband H, Sankaranarayanan R, Gauvreau CL, et al. Costs, affordability, and feasibility of an essential package of cancer control interventions in low-income and middle-income countries: key messages from Disease Control Priorities, 3rd edition. Lancet 2016;387:2033–44.
  • Gelband H, Jha P, Sankaranarayanan R, Horton S, eds. Disease control priorities. In: Cancer. 3rd ed, vol 3. Washington, DC: World Bank Group; 2015. <http://dcp-3.org/cancer>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ