一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染の4回目・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/16Vol. 65 / No. 49

MMWR65(49):1390-1394
Assessing Change in Avian Influenza A(H7N9) Virus Infections During the Fourth Epidemic — China, September 2015–August 2016

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染の4回目の流行における変化に関する評価 ― 中国、2015年9月~2016年8月

2013年3月に初めてヒトへの感染が報告されて以降、中国本土では鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの流行が4回発生している。最新の流行(2015年9月~2016年8月)とそれ以前の3回の流行期におけるデータを疫学的およびウイルス学的に比較した。2016年8月31日時点で、4回の流行期を通し、中国本土16省3自治区にて計775例のヒトのA(H7N9)ウイルス感染確診例が報告された。さらに、中国本土への旅行者において4例の死亡を含む計23例(香港16例、台湾4例、カナダ2例、マレーシア1例)から同ウイルスが検出されている。775例のうち659例(85%)は発症前2週間以内に生きた家禽との接触が報告され、25例(3%)は感染者との接触があった。ヒトへの3次感染のエビデンスは得られていない。4回の流行期において感染者の年齢および性別の分布に差はなかったが、症例数は初回(134例)、2回目(304例)、3回目(219例)に対し4回目(118例)は少なく、また、流行期間(四分位範囲)はそれぞれ15日間、35日間、43日間に対し4回目は73日間と長かった。4回目の流行では新たな地域への感染の広がりが認められ、前3回に比べ農村部の住民の割合が高かった(54%対42%)。臨床的特徴としては発熱(95%)および咳(81%)、91%が肺炎、呼吸不全、急性呼吸窮迫症候群を来し、68%が集中治療室に入院、85%が重症例で、775例のうち316例(41%)が死亡した。4回目の流行は前3回に比べ肺炎が多く(99%対87%)、ICUへの入院が多かった(78%対66%)。4回の流行においてヒトや環境から分離されたA(H7N9)ウイルスには、ヒトへの親和性を高める遺伝的変異が認められたが、抗原性解析では、現行のワクチン株に対し抗原的に十分に合致した。今後も、中国および近隣国におけるA(H7N9)ウイルスのサーベイランスとリスク評価の継続が必要である。

References

  • Gao R, Cao B, Hu Y, et al. Human infection with a novel avian-origin influenza A (H7N9) virus. N Engl J Med 2013;368:1888–97. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1304459>
  • Xiang N, Iuliano AD, Zhang Y, et al. Comparison of the first three waves of avian influenza A(H7N9) virus circulation in the mainland of the People’s Republic of China. BMC Infect Dis 2016;16:734. <http://dx.doi.org/10.1186/s12879-016-2049-2>
  • Chen H, Liu S, Liu J, et al. Nosocomial co-transmission of avian influenza A(H7N9) and A(H1N1)pdm09 viruses between 2 patients with hematologic disorders. Emerg Infect Dis 2016;22:598–607. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2204.151561>
  • Fang CF, Ma MJ, Zhan BD, et al. Nosocomial transmission of avian influenza A (H7N9) virus in China: epidemiological investigation. BMJ 2015;351:h5765. <http://dx.doi.org/10.1136/bmj.h5765>
  • Wang D, Yang L, Zhu W, et al. Two outbreak sources of influenza A(H7N9) viruses have been established in China. J Virol 2016;90:5561–73. <http://dx.doi.org/10.1128/JVI.03173-15>
  • Wang D, Yang L, Gao R, et al. Genetic tuning of the novel avian influenza A(H7N9) virus during interspecies transmission, China, 2013. Euro Surveill 2014;19:20836. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES2014.19.25.20836>
  • Kang M, He J, Song T, et al. Environmental sampling for avian influenza A(H7N9) in live-poultry markets in Guangdong, China. PLoS One 2015;10:e0126335.
  • Wang X, Liu S, Mao H, Yu Z, Chen E, Chai C. Surveillance of avian H7N9 virus in various environments of Zhejiang Province, China before and after live poultry markets were closed in 2013–2014. PLoS One 2015;10:e0135718. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0135718>
  • Qin Y, Horby PW, Tsang TK, et al. Differences in the epidemiology of human cases of avian influenza A(H7N9) and A(H5N1) viruses infection. Clin Infect Dis 2015;61:563–71. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/civ345>
  • CDC. Influenza Risk Assessment Tool (IRAT). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/flu/pandemic-resources/tools/risk-assessment.htm>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ