一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)炭鉱作業者における進行性塊状線維症の再増加 ― ケ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/16Vol. 65 / No. 49

MMWR65(49):1385-1389
Resurgence of Progressive Massive Fibrosis in Coal Miners — Eastern Kentucky, 2016

炭鉱作業者における進行性塊状線維症の再増加 ― ケンタッキー州東部、2016年

炭鉱作業者におけるじん肺は、石炭粉じんの過度の吸引によって起こる職業性肺疾患である。アメリカでは、Federal Coal Mine Health and Safety Act of 1969 (Coal Act)により炭鉱作業者における粉じん許容暴露限界値が設定され、じん肺患者数の低減と、じん肺のうち最も重篤な進行性塊状線維症(PMF)の撲滅を目指している。アメリカ労働安全衛生庁(NIOSH)によれば、Coal Act制定後、PMF患者数は急減し、1990年代には過去最少レベルの31例にまで減少した。2016年6月9日、ケンタッキー州の一放射線医からNIOSHに対し、過去2年間に診療所を受診した炭鉱作業者においてPMF症例の急激な増加が見られると報告があった。NIOSHの専門家がケンタッキー州パイク郡に派遣され、じん肺の調査と評価を補助した。2015年1月~2016年8月に撮影された胸部X線写真から、過去または現在炭鉱作業者である男性60例の所見がPMFに合致した。そのうち49例(82%)は2016年に撮影したものであった。56例(93%)はケンタッキー州在住で、そのうち48例(86%)は中央アパラチア炭田の一部に位置する州南東部の隣接4郡に居住していた。平均年齢は60.3歳(範囲:44.9~77.4歳)、炭鉱作業者としての平均在職期間は29.2年(範囲:15~47年)であった。31例(52%)がカテゴリーA (大陰影の最大径の和が10~50mm)、23例(38%)がカテゴリーB(Aを超え、面積の和が右肺上葉を超えない)、6例(10%)がカテゴリーC(Bを超える)のPMFと診断された。じん肺の画像評価は12例(20%)がカテゴリー1、30例(50%)がカテゴリー2、18例(30%)がカテゴリー3と分類された。7例には珪肺に関連する円形の大陰影が認められた。患者のうち26例は主に地下炭鉱の天盤にボルトを打つ作業に従事し、20例は切削機械の操作に従事していた。本アウトブレイクは国のサーベイランスでは発覚しておらず、炭鉱における有効な粉じん管理と、じん肺の初期ステージで検出可能なサーベイランスの実施により、PMFへの進行を防ぐ必要がある。

References

  • Blackley DJ, Halldin CN, Laney AS. Resurgence of a debilitating and entirely preventable respiratory disease among working coal miners. Am J Respir Crit Care Med 2014;190:708–9. <http://dx.doi.org/10.1164/rccm.201407-1286LE>
  • Laney AS, Weissman DN. Respiratory diseases caused by coal mine dust. J Occup Environ Med 2014;56(Suppl 10):S18–22. <http://dx.doi.org/10.1097/JOM.0000000000000260>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Chest radiography. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2011. <http://www.cdc.gov/niosh/topics/chestradiography/>
  • Laney AS, Petsonk EL, Attfield MD. Pneumoconiosis among underground bituminous coal miners in the United States: is silicosis becoming more frequent? Occup Environ Med 2010;67:652–6. <http://dx.doi.org/10.1136/oem.2009.047126>
  • Kentucky Geological Survey. Methods of mining. Lexington, KY: University of Kentucky, Kentucky Geological Survey; 2012. <https://www.uky.edu/KGS/coal/coal_mining.htm>
  • Rice CL. Sandstone units of the Lee Formation and related strata in eastern Kentucky. Professional Paper 1151-G. Washington, DC: US Department of the Interior, US Geological Survey; 1984. <https://pubs.usgs.gov/pp/1151g/report.pdf>
  • CDC. Advanced pneumoconiosis among working underground coal miners—Eastern Kentucky and Southwestern Virginia, 2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007;56:652–5.
  • Kentucky Department for Energy Development and Independence. Kentucky Quarterly Coal Report (Q1–2016). Frankfort, KY: Kentucky Department for Energy Development and Independence; 2016. <http://energy.ky.gov/Coal%20Facts%20Library/Kentucky%20Quarterly%20Coal%20Report%20(Q1-2016).pdf>
  • Lowering Miners’ Exposure to Respirable Coal Mine Dust, Including Continuous Personal Dust Monitors. 79 FR 24813 (2014). <https://www.federalregister.gov/documents/2014/05/01/2014-09084/lowering-miners-exposure-to-respirable-coal-mine-dust-including-continuous-personal-dust-monitors>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ