一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)妊娠中のインフルエンザ予防接種率 ― アメリカの選・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/09Vol. 65 / No. 48

MMWR65(48):1370-1373
Influenza Vaccination Coverage During Pregnancy — Selected Sites, United States, 2005–06 Through 2013–14 Influenza Vaccine Seasons

妊娠中のインフルエンザ予防接種率 ― アメリカの選択区域、2005-06期~2013-14期のインフルエンザワクチン

インフルエンザに関連した合併症はリスクを上昇させることから、季節性インフルエンザワクチン接種はすべての妊婦に対して推奨されており、妊婦に対する予防接種は、生後数ヵ月間、新生児を保護する。今回、2005-06年~2013-14年のインフルエンザワクチンシーズン(81日~翌年731)、計9期における妊婦のインフルエンザ予防接種率をBirth Defects Study(ニューヨーク、ボストン、ペフィラデルフィア、サンディエゴ周辺地域)のサーベイランスデータより分析した。その結果、2005-06年期~2008-09年期における予防接種率は1720%であり、2009-10年期は季節性インフルエンザワクチンの接種率が33%、pH1N1ワクチン接種率が35%と大きく増加した。その後の接種率は2010-11年期が31%、2011-12年期が27%、2012-13年期が35%、2013-14年期が41%であった。全体で79%のインフルエンザワクチンが妊婦に産科医、プライマリケア医のオフィスまたは妊産婦診療所にて接種されていた。妊娠中のカウンセリングおよびワクチン接種に関する教育は、すべての妊婦に対してルーチン的に行われるべきであり、ワクチン接種により妊婦および新生児のインフルエンザ関連疾患および死亡を抑制しうると考えられる。

References

  • Tapia MD, Sow SO, Tamboura B, et al. Maternal immunisation with trivalent inactivated influenza vaccine for prevention of influenza in infants in Mali: a prospective, active-controlled, observer-blind, randomised phase 4 trial. Lancet Infect Dis 2016;16:102635. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(16)30054-8>
  • Reed C, Kim IK, Singleton JA, et al. Estimated influenza illnesses and hospitalizations averted by vaccinationUnited States, 201314 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:11514.
  • Thompson M, Shay D, Zhou H, et al. Estimates of deaths associated with seasonal influenzaUnited States, 19762007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:105762.
  • Jamieson DJ, Theiler RN, Rasmussen SA. Emerging infections and pregnancy. Emerg Infect Dis 2006;12:163843. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1211.060152>
  • Harper SA, Fukuda K, Uyeki TM, Cox NJ, Bridges CB; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). Prevention and control of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2004;53(No. RR-06).
  • Fiore AE, Uyeki TM, Broder K, et al. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR Recomm Rep 2010;59(No. RR-08).
  • CDC. Flu vaccination coverage among pregnant womenUnited States, 201516 flu season. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/flu/fluvaxview/pregnant-coverage_1516estimates.htm>
  • Louik C, Kerr S, Van Bennekom CM, et al. Safety of the 201112, 201213, and 201314 seasonal influenza vaccines in pregnancy: preterm delivery and specific malformations, a study from the case-control arm of VAMPSS. Vaccine 2016;34:44509. <http://dx.doi.org/10.1016/j.vaccine.2016.06.078>
  • Louik C, Chambers C, Jacobs D, Rice F, Johnson D, Mitchell AA. Influenza vaccine safety in pregnancy: can we identify exposures? Pharmacoepidemiol Drug Saf 2013;22:339. <http://dx.doi.org/10.1002/pds.3336>
  • Jacobs D, Louik C, Dynkin N, Mitchell AA. Accuracy of maternal report of influenza vaccine exposure in pregnancy. Pharmacoepidemiol Drug Saf 2011;20:S360.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ