一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)バイタルサイン:注射薬物使用者におけるHIVの診断・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/02Vol. 65 / No. 47

MMWR65(47):1336-1342
Vital Signs: Trends in HIV Diagnoses, Risk Behaviors, and Prevention Among Persons Who Inject Drugs — United States

バイタルサイン:注射薬物使用者におけるHIVの診断、リスク行動、予防の傾向 ― アメリカ

注射薬物使用者(PWID)は、健康転帰の不良およびヒト免疫不全ウイルス(HIV)C型肝炎ウイルス(HCV)B型肝炎ウイルスの感染をはじめとする血液による感染症のリスクが上昇している。PWIDでのHIVの診断は徐々に減少しているが、注射薬使用と頻繁に関連する急性HCV感染症は最近増加しており、この状況はオピオイドおよびヘロイン使用の増加の悪影響を受けている可能性を示唆している。CDCHIV診断の傾向を分析するために、National HIV Surveillance Systemのデータを使用した。さらに、すべてのPWIDおよび新規のPWID(インタビュー前の5年間に初めて注射薬を使用)において、リスク行動および予防サービスの利用を明らかにするために、アメリカの22都市でのPWIDNational HIV Behavioral Surveillance(NHBS)インタビューを分析した。20082014年に、アメリカのPWIDでのHIV診断は48%減少した。PWIDでのHIV診断は都市部および非都市部で減少したが、近年では横這い状態である。NHBSのデータでは、20052015年にシリンジサービスプログラム(SSP)からシリンジを受け取った22都市のPWIDのパーセンテージはすべての人種/民族で増加したが、滅菌したシリンジのみ受け取った割合はPWID1/3未満であった。同時期に、滅菌したシリンジを受け取ったパーセンテージは、黒人/アフリカ系アメリカ人(黒人)では48%有意に増加したが、ヒスパニック/ラテンアメリカ系(ヒスパニック)および白人での変化はなく、2015年では黒人が28%、ヒスパニックが29%、白人が22%であった。22都市のPWIDでは、20052015年の間にシリンジ共有は黒人34%、ヒスパニックで12%それぞれ減少したが、白人での変化はなかった。20052015年の間に新規のPWIDの人種構成のパーセントは、黒人では38%から19%へ減少したのに対し、白人では38%から54%へ増加し、ヒスパニックでの構成パーセント(21)は変わらなかった。シリンジの共有は、白人(46)にてヒスパニック(32)や黒人(28)よりも多かった。人種/民族に関係なく、インタビュー前の12カ月間に、新規のPWIDの大半は1日に1回以上(83)主にヘロイン(27)またはヘロインとその他薬剤(61)を注射した。同時期の新規のPWIDでは、処方されたオピオイドの乱用は白人(注射薬:27%、非注射薬:46)で最も多く、次いでヒスパニック(注射薬:21%、非注射薬:37)、黒人(注射薬:10%、非注射薬:30)の順であった。新規のPWIDHIVの有病率は、黒人が9%、ヒスパニックが4%、白人が2%であり、自己報告によるHCV有病率は白人が22%、ヒスパニックが19)、黒人が13%であった。SSPからシリンジを受け取った新規のPWIDは受け取ってない集団と比べ、すべてのシリンジを安全に廃棄する傾向(37 vs 7)があった。包括的な予防サービスへのアクセスは、すべてのPWIDにとって極めて重要である。シリンジサービスプログラムはシリンジの共有を減らし、予防およびHIVおよびその他の血液により感染する疾患の治療へのアクセスに役立つことができる。

References

  • CDC. HIV surveillance among persons who inject drugs [slide set]. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2016. <http://www.cdc.gov/hiv/library/slidesets/index.html>
  • Oster AM, Sternberg M, Lansky A, Broz D, Wejnert C, Paz-Bailey G. Population size estimates for men who have sex with men and persons who inject drugs. J Urban Health 2015;92:73343. <http://dx.doi.org/10.1007/s11524-015-9970-3>
  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. HIV Surveillance Report. Vol. 27. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2015-vol-27.pdf>
  • CDC. Viral Hepatitis SurveillanceUnited States, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hepatitis/statistics/2014surveillance/pdfs/2014hepsurveillancerpt.pdf>
  • CDC. Vital signs: overdoses of prescription opioid pain relievers and other drugs among womenUnited States, 19992010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:53742.
  • Jones CM, Logan J, Gladden RM, Bohm MK. Vital signs: demographic and substance use trends among heroin usersUnited States, 20022013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:71925.
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:61827.
  • Lansky A, Abdul-Quader AS, Cribbin M, et al. Developing an HIV behavioral surveillance system for injecting drug users: the National HIV Behavioral Surveillance System. Public Health Rep 2007;122(Suppl 1):4855.
  • Des Jarlais DC, Nugent A, Solberg A, Feelemyer J, Mermin J, Holtzman D. Syringe service programs for persons who inject drugs in urban, suburban, and rural areasUnited States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:133741. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6448a3>
  • Broz D, Ouellet LJ. Racial and ethnic changes in heroin injection in the United States: implications for the HIV/AIDS epidemic. Drug Alcohol Depend 2008;94:22133. <http://dx.doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2007.11.020>
  • Cicero TJ, Ellis MS, Surratt HL, Kurtz SP. The changing face of heroin use in the United States: a retrospective analysis of the past 50 years. JAMA Psychiatry 2014;71:8216. <http://dx.doi.org/10.1001/jamapsychiatry.2014.366>
  • Broz D, Pham H, Spiller M, et al. Prevalence of HIV infection and risk behaviors among younger and older injecting drug users in the United States, 2009. AIDS Behav 2014;18(Suppl 3):28496. <http://dx.doi.org/10.1007/s10461-013-0660-4>
  • Van Handel MM, Rose CE, Hallisey EJ, et al. County-level vulnerability assessment for rapid dissemination of HIV or HCV infections among persons who inject drugs, United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2016;73:32331. <http://dx.doi.org/10.1097/QAI.0000000000001098>
  • Peters PJ, Pontones P, Hoover KW, et al.; Indiana HIV Outbreak Investigation Team. HIV infection linked to injection use of oxymorphone in Indiana, 20142015. N Engl J Med 2016;375:22939. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1515195>
  • Bramson H, Des Jarlais DC, Arasteh K, et al. State laws, syringe exchange, and HIV among persons who inject drugs in the United States: history and effectiveness. J Public Health Policy 2015;36:21230. <http://dx.doi.org/10.1057/jphp.2014.54>
  • Zibbell JE, Iqbal K, Patel RC, et al. Increases in hepatitis C virus infection related to injection drug use among persons aged ≤30 years—Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:453–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ