一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)HIVウイルス量のモニタリング拡大の進展 ― サハ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/02Vol. 65 / No. 47

MMWR65(47):1332-1335
Progress with Scale-Up of HIV Viral Load Monitoring — Seven Sub-Saharan African Countries, January 2015–June 2016

HIVウイルス量のモニタリング拡大の進展 ― サハラ以南アフリカ7カ国、2015年1月~2016年6月

WHOは、HIV感染患者における抗レトロウイルス療法(ART)の効果をモニタリングするため、ウイルス量測定を推奨している。CDCを初めとするアメリカ政府系機関および国際協力機関はサハラ以南アフリカ諸国においてウイルス量検査の導入と拡充を支援しているが、検体輸送の脆弱性、検査の流れ、資金、習熟した検査員の不足が課題である。本報告では、サハラ以南7カ国(コートジボワール、ケニア、マラウイ、ナミビア、南アフリカ、タンザニア、ウガンダ)における現在の検査能力について評価した。20166月時点で、7カ国にて分子生物学的検査が可能な検査室は176カ所あり、各国のウイルス量測定の目標数に対し、検査機器数はウガンダを除く6カ国において充足していた。また、習熟度試験を受けた62検査室の92%が合格した。201616月における検査の平均処理時間は、ナミビアおよび南アフリカにて4日間以内であったが、その他の国では2850日間であった。20151月~20166月におけるART受療患者数は全ての国で増加した。2015年にウイルス量測定を受けたART受療患者の割合は、ナミビア(91)および南アフリカ(87)にて85%を超えたが、コートジボワール(10)、マラウイ(19)、タンザニア(5)、ウガンダ(23)では25%未満に留まった。2015年にウイルス量測定を受けたART受療患者におけるウイルス抑制の割合は、コートジボワールを除く6カ国で80%を超えた。20141月~20166月におけるCD4細胞数測定件数は4カ国で減少したが、コートジボワールでは増加した。全てのART受療HIV患者がウイルス量モニタリングを受けられるよう、今後も各国の継続的な取り組みと全世界的な努力が必要である。

References

  • World Health Organization. Consolidated guidelines on the use of antiretroviral drugs for treating and preventing HIV infection: recommendations for a public health approach. Geneva Switzerland: World Health Organization; 2013. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/85321/1/9789241505727_eng.pdf>
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al.; HPTN 052 Study Team. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493505. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1105243>
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. 909090: a transformative agenda to leave no one behind. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2014. <http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/unaidsspeeches/2014/20141025_SP_EXD_Vietnam_launch_of_909090_en.pdf>
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. UNAIDS fact sheet 2016. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/ AIDS; 2016. <http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/UNAIDS_FactSheet_en.pdf>
  • Roberts T, Cohn J, Bonner K, Hargreaves S. Scale-up of routine viral load testing in resource-poor settings: current and future implementation challenges. Clin Infect Dis 2016;62:10438. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciw001>
  • Lecher S, Ellenberger D, Kim AA, et al. Scale-up of HIV viral load monitoringseven sub-Saharan African countries. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:128790. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6446a3>
  • Peter T, Ellenberger D, Kim AA, et al. Early antiretroviral therapy initiation: access and equity of viral load testing for HIV treatment monitoring. Lancet Infect Dis. E-pub October 20, 2016.
  • World Health Organization. Technical and operational considerations for implementing HIV viral load testing. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <http://who.int/hiv/pub/arv/viral-load-testing-technical-update/en/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ