一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)成人被雇用者の喘息、産業および職業別 ― 21州、・・・

MMWR抄訳

rss

2016/12/02Vol. 65 / No. 47

MMWR65(47):1325-1331
Asthma Among Employed Adults, by Industry and Occupation — 21 States, 2013

成人被雇用者の喘息、産業および職業別 ― 21州、2013年

作業関連喘息(職業性喘息および作業増悪喘息を含む)は、様々な種類の産業や職業において発生する。20062007年のadult Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)の調査によれば、アメリカ人成人における喘息の約48%は作業に関連し、予防が可能とされる。CDCは、BRFSS industry and occupation module2013年のデータを用い、産業および職業特異的な喘息について解析した。2013年、BRFSSに回答した21州の18歳以上の成人208,788名のうち、107,327(59.8)が被雇用者または離職12カ月以内であり、そのうち7.7%が喘息であった。全体では、有病率はミシシッピ州の5.5%からミシガン州の10.7%と幅があり、医療福祉産業(10.7)および保健医療サービス(12.4)従事者にて高かった。州別の産業および職業特異的有病率は、マサチューセッツ州の情報産業(18.0)およびミシガン州の保健医療サービス(21.5)従事者にて高かった。BRFSSにおける産業および職業別のデータは、被雇用者における作業関連喘息の迅速な診断や、効果的な予防、教育プログラムの策定に役立つ。今後も定期的なデータの収集が必要である。

References

  • Tarlo SM, Balmes J, Balkissoon R, et al. Diagnosis and management of work-related asthma: American College Of Chest Physicians consensus statement. Chest 2008;134(Suppl):1S41S. <http://dx.doi.org/10.1378/chest.08-0201>
  • Knoeller GE, Mazurek JM, Moorman JE. Work-related asthma among adults with current asthma in 33 states and DC: evidence from the Asthma Call-Back Survey, 20062007. Public Health Rep 2011;126:60311.
  • Anderson NJ, Fan ZJ, Reeb-Whitaker C, Bonauto DK, Rauser E. Distribution of asthma by occupation: Washington State Behavioral Risk Factor Surveillance System data, 20062009. J Asthma 2014;51:103542. <http://dx.doi.org/10.3109/02770903.2014.939282>
  • Xu F, Mawokomatanda T, Flegel D, et al. Surveillance for certain health behaviors among states and selected local areasBehavioral Risk Factor Surveillance System, United States, 2011. MMWR Surveill Summ 2014;63(No. SS-9).
  • Salo PM, Arbes SJ Jr, Jaramillo R, et al. Prevalence of allergic sensitization in the United States: results from the National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES) 20052006. J Allergy Clin Immunol 2014;134:3509. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jaci.2013.12.1071>
  • Balmes J, Becklake M, Blanc P, et al. American Thoracic Society statement: occupational contribution to the burden of airway disease. Am J Respir Crit Care Med 2003;167:78797. <http://dx.doi.org/10.1164/rccm.167.5.787>
  • OByrne PM, Pedersen S, Lamm CJ, Tan WC, Busse WW; START Investigators Group. Severe exacerbations and decline in lung function in asthma. Am J Respir Crit Care Med 2009;179:1924. <http://dx.doi.org/10.1164/rccm.200807-1126OC>
  • Henneberger PK, Redlich CA, Callahan DB, et al.; ATS Ad Hoc Committee on Work-Exacerbated Asthma. An official American Thoracic Society statement: work-exacerbated asthma. Am J Respir Crit Care Med 2011;184:36878. <http://dx.doi.org/10.1164/rccm.812011ST>
  • Pechter E, Davis LK, Tumpowsky C, et al. Work-related asthma among health care workers: surveillance data from California, Massachusetts, Michigan, and New Jersey, 19931997. Am J Ind Med 2005;47:26575. <http://dx.doi.org/10.1002/ajim.20138>
  • Heederik D, Henneberger PK, Redlich CA; ERS Task Force on the Management of Work-related Asthma. Primary prevention: exposure reduction, skin exposure and respiratory protection. Eur Respir Rev 2012;21:112–24. <http://dx.doi.org/10.1183/09059180.00005111>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ