一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)5大死因における予防可能な死亡 ― アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/18Vol. 65 / No. 45

MMWR65(45):1245-1255
Potentially Preventable Deaths Among the Five Leading Causes of Death — United States, 2010 and 2014

5大死因における予防可能な死亡 ― アメリカ、2010年および2014年

アメリカでは、心疾患、悪性腫瘍(がん)、慢性下気道疾患(CLRD)、脳血管疾患(脳卒中)および不慮の外傷(事故)5大死因を占め、これらの死因による死亡率は50州およびワシントンDCにおいてそれぞれ異なる。州の公衆衛生当局による5大死因の予防目標値や優先順位の設定および施策の策定に資するため、CDCは、National Vital Statistics System2014年のデータを解析し、2010年の結果と比較した。2014年、80歳未満の人の死亡において5大死因は全死因の63%を占めた。そのうち予防可能な死亡数は、心疾患(30%が予防可能)87,950例、がん(15)63,209例、不慮の事故(43)45,331例、CLRD (36)29,232例、脳卒中(28)15,175例と推定された。心疾患、がん、脳卒中の予防可能な死亡数は2010年から2014年にかけて有意に減少した一方、不慮の事故は有意に増加し、CLRDについて有意な変化は認められなかった。がんによる死亡のうち、予防可能な死亡数は2010年から2014年にかけて25%減少し、がんによる死亡率の低下はワシントンDCを除く全州で認められた。地域別の予防可能な死亡数は、南東部(4地域)において2010年、2014年ともに最も多かった。2014年における心疾患、がん、脳卒中の予防可能な死亡数は北西部(10地域)において最も少なく、CLRDおよび不慮の事故についてはニューヨーク州およびニュージャージー州(2地域)にて最も少なかった。2010年から2014年にかけて、年齢補正後死亡率(10万人あたりの死亡数)は、心疾患が179.1から167.06.8%低下、がんは172.8から161.26.7%低下、脳卒中は39.1から36.56.6%低下、CLRD42.2から40.54.0%低下した。一方、不慮の事故による死亡率は38.0から40.56.6%上昇した。全年齢における不慮の事故の内訳は、転落死が12%、中毒死が25%増加し、処方薬および違法薬物の過量摂取が中毒死の増加をもたらしたと考えられた。

References

  • Kochanek KD, Murphy SL, Xu J, Tejada-Vera B. Deaths: final data for 2014. Natl Vital Stat Rep 2016;65(4):1122.
  • Yoon PW, Bastian B, Anderson RN, Collins JL, Jaffe HW. Potentially preventable deaths from the five leading causes of deathUnited States, 20082010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:36974.
  • Heron M. Deaths: leading causes for 2014. Natl Vital Stat Rep 2016;65(5):196.
  • Rudd RA, Aleshire N, Zibbell JE, Gladden RM. Increases in drug and opioid overdose deathsUnited States, 20002014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;64:137882. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6450a3>
  • Epidemiology Program Office, Office of the Director, CDC. Achievements in public health, 19001999: changes in the public health system. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1999;48:11417.
  • Bauer UE, Briss PA, Goodman RA, Bowman BA. Prevention of chronic disease in the 21st century: elimination of the leading preventable causes of premature death and disability in the USA. Lancet 2014;384:4552. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(14)60648-6>
  • Ryerson AB, Eheman CR, Altekruse SF, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 19752012, featuring the increasing incidence of liver cancer. Cancer 2016;122:131237. <http://dx.doi.org/10.1002/cncr.29936>
  • Jamal A, Homa DM, OConnor E, et al. Current cigarette smoking among adultsUnited States, 20052014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:123340. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6444a2>
  • Haegerich TM, Paulozzi LJ, Manns BJ, Jones CM. What we know, and dont know, about the impact of state policy and systems-level interventions on prescription drug overdose. Drug Alcohol Depend 2014;145:3447. <http://dx.doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2014.10.001>
  • Schieb LJ, Greer SA, Ritchey MD, George MG, Casper ML. Vital signs: avoidable deaths from heart disease, stroke, and hypertensive disease—United States, 2001–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:721–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ