一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)世界的に新種の侵襲性多剤耐性真菌であるCandid・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/11Vol. 65 / No. 44

MMWR65(44):1234-1237
Investigation of the First Seven Reported Cases of Candida auris, a Globally Emerging Invasive, Multidrug-Resistant Fungus — United States, May 2013–August 2016

世界的に新種の侵襲性多剤耐性真菌であるCandida aurisの最初に報告された7例の調査 ― アメリカ、2013年5月~2016年8月

Candida aurisは侵襲性感染症を引き起こす新しい真菌であり、死亡率は高く、複数の抗真菌薬に対する多剤耐性を示す。C. auris2009年、日本にて患者の外耳道から分離され、その後、コロンビア、インド、イスラエル、ケニア、クウェート、パキスタン、南アフリカ、韓国、ベネゼエラ、イギリスなどの国々で感染例が報告されている。ここでは20135月~20168月の間にCDCに報告された7(2013年:12015年:12016年:5)に関する調査結果を示す。これらの症例はイリノイ州(2)、メリーランド州(1)、ニュージャージー州(1)、ニューヨーク州(3)から報告され、全例、重篤な基礎疾患があった(血液腫瘍:2例、骨髄移植:1例、短腸症候群:1例、対麻痺:1例、特発性急性呼吸不全:1例、末梢血管障害/頭蓋底骨髄炎:1例、脳腫瘍/絨毛腺腫切除:1)C. aurisは患者の血液(5)、尿(1)、外耳道(1)から分離され、入院からC. aurisの分離までの日数は18(0231)日であった。血液から分離された5例には中心静脈カテーテルが挿入されており、エキノキャンディン系抗生物質の投与により血流からC. aurisの消失を認めたが、1例のみ10日間陽性が持続した。血流感染の5例のうち4例はC. auris感染から数週間~数ヵ月のうちに死亡した。イリノイ州の2例は同じ病院に入院していたが、階および棟が異なっており、また、メリーランド州の症例はニュージャージー州に住んでおり、ニュージャージー州の症例と同じ病院に入院していたが、入院した科が異なっていた。6例からの分離菌の全ゲノム配列分析では、メリーランドとニュージャージーおよびニューヨーク州の症例の分離菌が類似しており[70の一塩基多型(SNPs)の相違]、メリーランドとニュージャージー州の症例は<10 SNPsの相違であった。これらの症例の分離菌は南アジアにて検出された菌と類似していた(150 SNPs未満)。さらにイリノイ州の症例の分離菌も非常に近く(10 SNPs未満)、イリノイ州の環境検体とは5 SNPs未満の相違であり、また、これらの菌は南アメリカで検出された菌と類似性を示した。

References

  • Satoh K, Makimura K, Hasumi Y, Nishiyama Y, Uchida K, Yamaguchi H. Candida auris sp. nov., a novel ascomycetous yeast isolated from the external ear canal of an inpatient in a Japanese hospital. Microbiol Immunol 2009;53:414. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1348-0421.2008.00083.x>
  • Lee WG, Shin JH, Uh Y, et al. First three reported cases of nosocomial fungemia caused by Candida auris. J Clin Microbiol 2011;49:313942. <http://dx.doi.org/10.1128/JCM.00319-11>
  • Chowdhary A, Sharma C, Duggal S, et al. New clonal strain of Candida auris, Delhi, India. Emerg Infect Dis 2013;19:16703. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1910.130393>
  • Magobo RE, Corcoran C, Seetharam S, Govender NP. Candida auris-associated candidemia, South Africa. Emerg Infect Dis 2014;20:12501. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2007.131765>
  • Calvo B, Melo AS, Perozo-Mena A, et al. First report of Candida auris in America: Clinical and microbiological aspects of 18 episodes of candidemia. J Infect 2016;73:36974. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jinf.2016.07.008>
  • Borman AM, Szekely A, Johnson EM. Comparative pathogenicity of United Kingdom isolates of the emerging pathogen Candida auris and other key pathogenic Candida species. mSphere 2016;1(4):e0018916. <http://www.dx.doi.org/10.1128/mSphere.00189-16>
  • Emara M, Ahmad S, Khan Z, et al. Candida auris candidemia in Kuwait, 2014. Emerg Infect Dis 2015;21:10912. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2106.150270>
  • CDC. Clinical alert to U.S. healthcare facilitiesJune 2016: global emergence of invasive infections caused by the multidrug-resistant yeast Candida auris. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/fungal/diseases/candidiasis/candida-auris-alert.html>
  • Lockhart SR, Etienne K, Vallabhaneni S, et al. Simultaneous emergence of multidrug resistant Candida auris on three continents confirmed by whole genome sequencing and epidemiological analyses. Clin Infect Dis. E-pub October 20, 2016.
  • Schelenz S, Hagen F, Rhodes JL, et al. First hospital outbreak of the globally emerging Candida auris in a European hospital. Antimicrob Resist Infect Control 2016;5:35. <http://dx.doi.org/10.1186/s13756-016-0132-5>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ