一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)地域的な麻疹排除に向けての進歩 ― 世界的状況、2・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/11Vol. 65 / No. 44

MMWR65(44):1228-1233
Progress Toward Regional Measles Elimination — Worldwide, 2000–2015

地域的な麻疹排除に向けての進歩 ― 世界的状況、2000~2015年

2000年に採択された国連のミレニアム開発目標では、2015年までに小児死亡率を3分の2に減少することが挙げられており、2010年、World Health Assembly2015年までの麻疹コントロールに向けて3つのマイルストーンを設定している[11歳児の麻疹含有ワクチン(MCV)の初回接種率(MCV1)を全国で90%以上、すべての地域で80%以上とする、2:麻疹の発症率を100万人あたり5例未満とする、3:麻疹による死亡率を2000年の推定値から95%減少する]20002015年、MCV1接種率は72%から85%に増加したが、2009年以降は増加していない。MCV1接種率が90%以上である国は2000年:84ヵ国(44)2012年:129ヵ国(66)2015年:119ヵ国(61)であり、このうちすべての地域で接種率が80%以上である国は2003年:1/43ヵ国(2)2012年:57/129ヵ国(44)2015年:47/119ヵ国(39)であった。2015年におけるMCV1未接種例は2,080万人と推定され、うち約1,100万人(53)はインド(320万人)、ナイジェリア(300万人)、パキスタン(200万人)、インドネシア(150万人)、エチオピア(70万人)、コンゴ共和国(60万人)6ヵ国が占めた。また、20002015年、定期予防接種にて2回目の接種(MCV2)を実施する国は97ヵ国(51)から160ヵ国(82)となり、世界的接種率は15%から61%に増加していた。年間症例数は2000年:853,479例から2015年:254,928例と70%減少し、発症率は100万人あたり146例から36例と75%減少した。発症率が100万人あたり5例未満となった国は2000年:38(64/169ヵ国)から2014年:58(98/168ヵ国)2015年:65(109/169ヵ国)へ増加した。また、2015年における麻疹ウイルスの遺伝子型は、8,076例のうち847(48ヵ国)B3型であり、D470(10ヵ国)D81,801(52ヵ国)D976(10ヵ国)G31例、H15,281(20ヵ国)であった。年間推定死亡数は2000年:641,600例から2015年:134,200例と79%減少したが、いずれも2015年のマイルストーンおよび排除目標には達しておらず、麻疹排除への取り組みの可視性を高め、ワクチン接種率を高めるとともに、サーベーランスの強化およびワクチン接種プログラムの財源を維持することが重要である。

References

  • United Nations General Assembly. United Nations millennium declaration. New York, NY: United Nations General Assembly; 2000. <http://www.un.org/millenniumgoals/>
  • World Health Organization. Global eradication of measles: report by the Secretariat. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha63/a63_18-en.pdf>
  • Perry RT, Murray JS, Gacic-Dobo M, et al. Progress toward regional measles eliminationworldwide, 20002014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:124651. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.6444a4>
  • Genetic diversity of wild-type measles viruses and the global measles nucleotide surveillance database (MeaNS). Wkly Epidemiol Rec 2015;90:37380.
  • Simons E, Ferrari M, Fricks J, et al. Assessment of the 2010 global measles mortality reduction goal: results from a model of surveillance data. Lancet 2012;379:21738. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(12)60522-4>
  • Chen S, Fricks J, Ferrari MJ. Tracking measles infection through non-linear state space models. J R Stat Soc Ser C Appl Stat 2012;61:11734. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1467-9876.2011.01001.x>
  • Pan American Health Organization. Region of the Americas is declared free of measles. Washington, DC: Pan American Health Organization; 2016. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_content&view=article&id=12528&Itemid=1926&lang=en>
  • Regional Office for the Western Pacific. Hong Kong SAR (China) achieves measles-free status. Manila, Philippines: World Health Organization, Regional Office for the Western Pacific; 2016. <http://www.wpro.who.int/mediacentre/releases/2016/20160921/en/>
  • Regional Office for Europe. Fourth Meeting of the European Regional Verification Commission for Measles and Rubella Elimination (RVC). Copenhagen, Denmark: World Health Organization, Regional Office for Europe; 2015. <http://www.euro.who.int/__data/assets/pdf_file/0011/304958/4th-RVC-meeting-report.pdf>
  • GBD 2015 Child Mortality Collaborators. Global, regional, national, and selected subnational levels of stillbirths, neonatal, infant, and under-5 mortality, 1980–2015: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2015. Lancet 2016;388:1725–74. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(16)31575-6>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ