一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)18歳以上の成人における炎症性腸疾患の発症率 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/28Vol. 65 / No. 42

MMWR65(42):1166-1169
Prevalence of Inflammatory Bowel Disease Among Adults Aged ≥18 Years — United States, 2015

18歳以上の成人における炎症性腸疾患の発症率 ― アメリカ、2015年

クローン病、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患(IBD)は消化器の慢性疾患を特徴とする。そのアメリカ成人患者数は1999年のNational Health Intensive Surveyでは180万人(有病率:0.9)2015年では310万人(1.3%、年齢補正後1.2)と推定されている。年齢別有病率は1824歳が0.5%、2544歳が1.0%、4564歳が1.5%、65歳以上が1.7%であった。人種別では非ヒスパニック系黒人(0.5)に比べ、ヒスパニック系(1.2)、非ヒスパニック系白人(1.4)にて高く、学歴別では高卒未満(1.7)に比べ大卒以上(1.1)にて低く、雇用状態別では無職の人(1.6)に比べ有職者(1.2)にて低かった。出生地別ではアメリカ生まれの人(1.4)はそうでない人(0.8)に比べ高く、また、貧困状態別では連邦貧困水準(FPL) 100%未満にて1.8%とFPL400%以上(1.1)に比べ高く、大都市統計地域(MSA)の中央都市外の住人はMSA中央または主要都市の住人に比べ有病率が高かった(1.4 vs 1.0)。性別、婚姻状態、医療保険加入および地域別の有病率には相違は認めなかった。

References

  • Hanauer SB. Inflammatory bowel disease: epidemiology, pathogenesis, and therapeutic opportunities. Inflamm Bowel Dis 2006;12(Suppl 1):S39. <http://dx.doi.org/10.1097/01.MIB.0000195385.19268.68>
  • Cohen RD. The quality of life in patients with Crohns disease. Aliment Pharmacol Ther 2002;16:16039. <http://dx.doi.org/10.1046/j.1365-2036.2002.01323.x>
  • Bewtra M, Su C, Lewis JD. Trends in hospitalization rates for inflammatory bowel disease in the United States. Clin Gastroenterol Hepatol 2007;5:597601. <http://dx.doi.org/10.1016/j.cgh.2007.01.015>
  • Longobardi T, Jacobs P, Bernstein CN. Work losses related to inflammatory bowel disease in the United States: results from the National Health Interview Survey. Am J Gastroenterol 2003;98:106472.
  • Kappelman MD, Rifas-Shiman SL, Kleinman K, et al. The prevalence and geographic distribution of Crohns disease and ulcerative colitis in the United States. Clin Gastroenterol Hepatol 2007;5:14249. <http://dx.doi.org/10.1016/j.cgh.2007.07.012>
  • Loftus CG, Loftus EV Jr, Harmsen WS, et al. Update on the incidence and prevalence of Crohns disease and ulcerative colitis in Olmsted County, Minnesota, 19402000. Inflamm Bowel Dis 2007;13:25461. <http://dx.doi.org/10.1002/ibd.20029>
  • Nguyen GC, Chong CA, Chong RY. National estimates of the burden of inflammatory bowel disease among racial and ethnic groups in the United States. J Crohns Colitis 2014;8:28895. <http://dx.doi.org/10.1016/j.crohns.2013.09.001>
  • Kappelman MD, Moore KR, Allen JK, Cook SF. Recent trends in the prevalence of Crohns disease and ulcerative colitis in a commercially insured US population. Dig Dis Sci 2013;58:51925. <http://dx.doi.org/10.1007/s10620-012-2371-5>
  • Herrinton LJ, Liu L, Lewis JD, Griffin PM, Allison J. Incidence and prevalence of inflammatory bowel disease in a Northern California managed care organization, 19962002. Am J Gastroenterol 2008;103:19982006. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1572-0241.2008.01960.x>
  • Kappelman MD, Rifas-Shiman SL, Porter CQ, et al. Direct health care costs of Crohn’s disease and ulcerative colitis in US children and adults. Gastroenterology 2008;135:1907–13. <http://dx.doi.org/10.1053/j.gastro.2008.09.012>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ