一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)バイタルサイン:アメリカの学齢児童における歯のシー・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/21Vol. 65 / No. 41

MMWR65(41):1141-1145
Vital Signs: Dental Sealant Use and Untreated Tooth Decay Among U.S. School-Aged Children

バイタルサイン:アメリカの学齢児童における歯のシーラント使用と未治療の虫歯

1999~2004年の国のデータでは、約5人に1人が19歳までに未治療の虫歯があることが示されている。未治療の虫歯を持つ割合は、貧困状態の小児では連邦貧困水準(FPL)200%上回る家庭の小児よりも2倍以上に上昇する(27 vs 13)。未治療の虫歯は疼痛および感染の原因となり、摂食、会話、学習の問題を引き起こす。永久歯の虫歯の90%は後方歯の咀嚼面で発生するが、この虫歯の大半は、歯のシーラント処理により予防できる可能性がある。シーラントの有効性に関する研究では、臨床または学校環境におけるシーラントは実施後2年で約81%、4年で50%の虫歯を予防し、効果は実施後9年まで持続した。シーラントを受けたことによる、臨床的に明らかな有害事象は認めなかった。一方、シーラントは、特に虫歯のリスクの高い低所得世帯の小児において、利用が少ない。そのため、学校をベースにしたシーラント・プログラム(SBSP)は、通常のデンタルケアを受けられない可能性のある児童に対し、非常に有効な介入をもたらす。虫歯の高リスクの児童を対象とした場合、SBSPの利益はそのコストを上回る。今回、CDC20112014年の611歳のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)のデータを使用して、現在のシーラント使用の割合および未治療の虫歯の有病率を推定した。推定値は、低所得世帯(FPL185%未満)と高所得世帯(FPL185%超)、および19992004年のNHANESデータと比較した。また、シーラント処理/未処理の児童の第一大臼歯の虫歯および詰め物(DFFM)の平均数を推定した。さらに、シーラント使用割合の増加に由来する虫歯の回避を推定した。その結果、611歳の児童の43%がシーラントを受けており、シーラント使用の割合は、低所得世帯の児童(38.7)で高所得世帯の児童(47.8)よりも約9.1ポイント低下した。シーラント使用の割合は、非ヒスパニック系白人、世帯主の学歴が高校よりも上の世帯の児童で、他のグループよりも増加した。19992004年から20112014年では、全体のシーラント使用の割合は31.1%~43.6%に増加し、低所得世帯および高所得世帯ではそれぞれ16.2ポイント、8.8ポイント増加した。未治療の虫歯の有病率は、低所得世帯の児童では7.5(19992004年に比べ4.9ポイント減少)、高所得世帯の児童では4.3%であった。高所得および低所得世帯の両方で、平均DFFM はシーラント処理をした児童(0.190.29)で、シーラント未処理の児童(0.520.82)と比べ、有意に減少した。SBSPを介したシーラントの提供により、約650万人の低所得世帯の児童が恩恵を受けることができ、向こう4年間で340万のDFFMを予防できると可能性がある。シーラント使用の割合は増加してきているが、大半の児童はシーラントを受けていない。シーラント使用の割合を増加させることは、未治療の虫歯、関連する問題、歯の治療費を大幅に減少させると考えられる。

References

  • Dye BA, Tan S, Smith V, et al. Trends in oral health status: United States, 19881994 and 19992004. Vital Health Stat 11 2007;(248):192.
  • US Department of Health and Human Services. Oral health in America: a report of the Surgeon General. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, National Institute of Dental and Craniofacial Research, National Institutes of Health, 2000. <http://www.nidcr.nih.gov/DataStatistics/SurgeonGeneral/Documents/hck1ocv.@www.surgeon.fullrpt.pdf>
  • Lewis C, Stout J. Toothache in US children. Arch Pediatr Adolesc Med 2010;164:105963. <http://dx.doi.org/10.1001/archpediatrics.2010.206>
  • Jackson SL, Vann WF Jr, Kotch JB, Pahel BT, Lee JY. Impact of poor oral health on childrens school attendance and performance. Am J Public Health 2011;101:19006. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2010.200915.>
  • Gooch BF, Griffin SO, Gray SK, et al. Preventing dental caries through school-based sealant programs: updated recommendations and reviews of evidence. J Am Dent Assoc 2009;140:135665. <http://dx.doi.org/10.14219/jada.archive.2009.0070>
  • Community Preventive Services Task Force. Guide to community preventive services. Preventing dental caries: school-based dental sealant delivery programs. US Department of Health and Human Services, Community Preventive Services Task Force; 2016. <http://www.thecommunityguide.org/oral/schoolsealants.html>
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Topics and objectives: oral health. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2013. <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/oral-health?topicid=32>
  • National Quality Forum. Oral health performance measurement: environmental scan, gap analysis and measure topics prioritization technical report. Washington, DC: National Quality Forum; 2012. <http://www.qualityforum.org/Publications/2012/07/Oral_Health_Performance_Measurement_Technical_Report.aspx>
  • Griffin SO, Naavaal S, Scherrer CR, Patel M, Chattopadhyay S. Evaluation of school-based dental sealant programs: an updated community guide systematic economic review. Am J Prev Med. In press 2016.
  • Griffin SO, Jones K, Crespin M. Calculating averted caries attributable to school-based sealant programs with a minimal data set. J Public Health Dent 2014;74:2029. <http://dx.doi.org/10.1111/jphd.12047>
  • Agency for Healthcare Research and Quality. Table 3: Dental servicesmean and median expenses per person with expense and distribution of expenses by source of payment: United States, 2013. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Agency for Healthcare Research and Quality; Medical Expenditure Panel Survey; 2013. <https://meps.ahrq.gov/data_stats/quick_tables_results.jsp?component=1&subcomponent=0&tableSeries=1&year=-1&SearchMethod=1&Action=Search>
  • The Pew Charitable Trusts. States stalled on dental sealant programs. Philadelphia, PA: The Pew Charitable Trusts; 2015. <http://www.pewtrusts.org/en/research-and-analysis/reports/2015/04/states-stalled-on-dental-sealant-programs>
  • Childrens Dental Health Project. Dental sealants proven to prevent tooth decay: a look at issues impacting the delivery of state and local school-based sealant programs. Washington, DC: Childrens Dental Health Project; 2014. <https://www.cdhp.org/resources/314-dental-sealants-proven-to-prevent-tooth-decay>
  • Mejia GC, Weintraub JA, Cheng NF, et al. Language and literacy relate to lack of childrens dental sealant use. Community Dent Oral Epidemiol 2011;39:31824. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1600-0528.2010.00599.x>
  • Institute of Medicine; National Research Council. Improving access to oral health care for vulnerable and underserved populations. Washington, DC: The National Academies Press; 2011. <http://www.nationalacademies.org/hmd/~/media/Files/Report%20Files/2011/Improving-Access-to-Oral-Health-Care-for-Vulnerable-and-Underserved-Populations/oralhealthaccess2011reportbrief.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ