一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)C型肝炎の撲滅に向けた全国的進展 ― ジョージア国・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/21Vol. 65 / No. 41

MMWR65(41):1132-1135
National Progress Toward Hepatitis C Elimination — Georgia, 2015–2016

C型肝炎の撲滅に向けた全国的進展 ― ジョージア国、2015~2016年

ジョージア国は、370万の人口を擁し、黒海、ロシア、トルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと国境を接する。C型肝炎(HCV)の感染率が高く(2015年に推定7.7)、これらは医療機関での暴露や不適切な感染コントロール、注射薬物使用に関連する。2015428日、同国はCDCらと共同し、HCV感染撲滅プログラムを開始した。首都トビリシの4カ所を初め2016427日までに全国に計17カ所の治療センターを開設し、95名の医師を含む感染症や胃腸病の専門スタッフがHCV治療にあたっている。患者は、HCV抗体検査やウイルス量測定、遺伝子型検査、血液検査や肝硬度測定による肝線維症の進行度測定、直接作用型(DAA)抗ウイルス薬であるソホスブビルをベースにした治療を無償で受けることができる。プログラムの第1段階は、進行性肝炎患者およびHCV関連死リスクの高い患者を対象にした。2015428日~2016427日、計27,392例のHCV抗体陽性患者がプログラムに登録され、27,155(99.1)HCV活性の確認や肝線維症の評価等の検査を開始した。検査を完了した9,615(36.3)のうち、8,448(30.8)HCV治療を開始した。治療を開始した患者の92.8%は進行性の肝炎であった。治療はソホスブビルをベースに、リバビリン併用療法(45.4)、またはリバビリンおよびペグインターフェロン併用療法(33.9)を主に行った。20164月までに治療を完了した2,398例のうち、1,980(82.6)は治療後12週のウイルス学的著効(HCV RNA非検出)を達成した。173例は死亡、80例は有害事象のため治療を完遂できなかった。20162月からは新たにレジパスビル/ソホスブビルの混合DAA療法が開始されている。今後、HCV感染予防、スクリーニングと治療への橋渡しの促進など、総合的な撲滅プログラムを推進し、2020年までに感染率の90%低下を目指している。

References

  • Mitruka K, Tsertsvadze T, Butsashvili M, et al. Launch of a nationwide hepatitis C elimination programGeorgia, April 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:7537. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6428a2>
  • National Statistics Office of Georgia. Main statistics: population. Tbilisi, Georgia: National Statistics Office of Georgia; 2016. <http://geostat.ge/index.php?action=page&p_id=152&lang=eng>
  • Vallet-Pichard A, Mallet V, Nalpas B, et al. FIB-4: an inexpensive and accurate marker of fibrosis in HCV infection. Comparison with liver biopsy and fibrotest. Hepatology 2007;46:326. <http://dx.doi.org/10.1002/hep.21669>
  • Talwalkar JA, Kurtz DM, Schoenleber SJ, West CP, Montori VM. Ultrasound-based transient elastography for the detection of hepatic fibrosis: systematic review and meta-analysis. Clin Gastroenterol Hepatol 2007;5:121420. <http://dx.doi.org/10.1016/j.cgh.2007.07.020>
  • Afdhal NH. Fibroscan (transient elastography) for the measurement of liver fibrosis. Gastroenterol Hepatol (N Y) 2012;8:6057.
  • Smith DB, Bukh J, Kuiken C, et al. Expanded classification of hepatitis C virus into 7 genotypes and 67 subtypes: updated criteria and genotype assignment web resource. Hepatology 2014;59:31827. <http://dx.doi.org/10.1002/hep.26744>
  • Ministry of Labour Health and Social Affairs of Georgia. Hepatitis Technical Advisory Group (TAG) recommendations for achieving the 2020 goals towards eliminating hepatitis C infection in the country of Georgia. Tbilisi, Georgia: Ministry of Labour Health and Social Affairs of Georgia; 2015. <http://www.moh.gov.ge/files//2016/Failebi/09.06.16-1.pdf>
  • World Health Organization. Draft global health sector strategies: viral hepatitis, 2016–2021. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/WHA69/A69_32-en.pdf?ua=1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ