一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)メジナ虫症の世界的根絶への進歩 ― 2015年1月・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/14Vol. 65 / No. 40

MMWR65(40):1112-1116
Progress Toward Global Eradication of Dracunculiasis — January 2015–June 2016

メジナ虫症の世界的根絶への進歩 ― 2015年1月~2016年6月

CDCは1980年にメジナ虫症の世界的撲滅キャンペーンを開始、1986年にはWorld Health Assemblyがメジナ虫症根絶を喚起し、Carter Centerの主導およびWHOUNICEFCDCなどの援助によるglobal Guinea Worm Eradication Programが始められた。1986年、症例数はアジアやアフリカの20カ国にて毎年約350万人と推定されていたが、根絶に向けたプログラムの進行により、2015年には99%以上減少し、4カ国にて22(チャド:9、マリ:5、南スーダン:5、エチオピア:3)となった。2014年には同じ4カ国にて126例報告され、20142015年にかけて83%の減少となったが、2016年の前半6カ月は前年同期に比べ25%増加している。メジナ虫症は汚染した水の摂取により感染し、約1年間の潜伏期間をおいて皮膚(主に足)にメジナ虫が出現、痛みや二次性細菌感染症により一過性または永続的な機能障害を来し、仕事や通学が困難となる。メジナ虫症を風土病とするこれら4カ国では積極的サーベイランスが行われており、症例は各村から月1回、サーベイランスへすべて報告される。12カ月以上連続して症例数が0となった場合も3年間はサーベイランスの対象となり、3年間連続して適切なサーベイランスの下で症例を認めない場合、メジナ虫症フリーが宣言され、20161月の時点で198の郡、地域および地区にてフリーとなっている。

References

  • World Health Assembly. Elimination of dracunculiasis: resolution of the 39th World Health Assembly. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1986. Resolution WHA 39.21. <http://www.who.int/neglected_diseases/mediacentre/WHA_39.21_Eng.pdf>
  • Watts SJ. Dracunculiasis in Africa in 1986: its geographic extent, incidence, and at-risk population. Am J Trop Med Hyg 1987;37:11925.
  • World Health Organization. Dracunculiasis eradication: global surveillance summary, 2015. Wkly Epidemiol Rec 2016;91:21936.
  • Hopkins DR, Ruiz-Tiben E, Eberhard ML, Roy SL. Progress toward global eradication of dracunculiasisJanuary 2014June 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:11615. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6441a1>
  • Hopkins DR, Ruiz-Tiben E, Weiss A, Withers PC Jr, Eberhard ML, Roy SL. Dracunculiasis eradication: and now, South Sudan. Am J Trop Med Hyg 2013;89:510. <http://dx.doi.org/10.4269/ajtmh.13-0090>
  • Ruiz-Tiben E, Hopkins DR. Dracunculiasis (Guinea worm disease) eradication. Adv Parasitol 2006;61:275309. <http://dx.doi.org/10.1016/S0065-308X(05)61007-X>
  • Eberhard ML, Ruiz-Tiben E, Hopkins DR, et al. The peculiar epidemiology of dracunculiasis in Chad. Am J Trop Med Hyg 2014;90:6170. <http://dx.doi.org/10.4269/ajtmh.13-0554>
  • Eberhard ML, Yabsley MJ, Zirimwabagabo H, et al. Possible role of fish and frogs as paratenic hosts of Dracunculus medinensis, Chad. Emerg Infect Dis 2016;22:142830. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2208.160043>
  • Eberhard ML, Cleveland CA, Zirimwabagabo H, Yabsley MJ, Ouakou PT, Ruiz-Tiben E. Guinea worm (Dracunculus medinensis) infection in a wild-caught frog, Chad. Emerg Infect Dis 2016;22. Epub September 2016. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2211.161332>
  • World Health Organization. Meeting of the International Task Force for Disease Eradication, April 2015. Wkly Epidemiol Rec 2015;90:384–92.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ