一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)合成カンナビノイドの使用による副作用の増加 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/14Vol. 65 / No. 40

MMWR65(40):1108-1111
Increase in Adverse Reactions Associated with Use of Synthetic Cannabinoids — Anchorage, Alaska, 2015–2016

合成カンナビノイドの使用による副作用の増加 ― アンカレッジ、アラスカ州、2015年~2016年

2015年7月、Alaska Division of Public Healths Section of Epidemiologyは合成カンナビノイド(SCs:脱法ドラッグ)の使用による副作用の増加を認識し、その臨床的転帰、アウトブレイクの特徴およびアンカレッジ周辺に出回るSCについて調査を開始した。2015715日~2016315日、SCによる副作用による救急搬送件数は1,351件であり、うちアンカレッジ市内の2病院の救急外来を2015715日~930日の間に受診した167例のデータを入手し分析した。74(44.3)SCの使用を自己申告し、93(55.7)SCの使用が疑われる症例であった。氏名と生年月日のデータは128例にて得られ、104(81.3)は男性、年齢は34(1262)歳であった。2/3以上の症例(115例、68.9)は嗜眠状態、約1/3の症例(55例、32.9)は不穏状態であり、11(6.6)は気管内挿管を必要とし、17(10.2)ICUに入院した。救急搬送1,351件のうち956(70.8)はホームレス生活者の多いアンカレッジのダウンタウン2k㎡エリア内にて発生し、氏名と生年月日データの得られた535例のうち、426(79.6)は男性、年齢は34(1269)歳であり、199(37.2)は複数回搬送されていた(平均4.6回、224)。調査開始前、201411日~714日のSCによる救急搬送は240件、1日平均0.4回であり、調査開始後は1日平均7.1回と17.8倍になっていた。SC化学物質として11種類が同定され、AB-CHMINAKAMAB-CHMINACA5F-AMBが多く認められた。SCs検査陽性であった17検体(68.0)には複数の化学物質が混入しており、電子タバコを利用して吸入できるようになっていた。また、死亡した10例の死後の血清検体のうち4件にてSC化学物質の代謝生成物が検出された。SCの使用は重篤な臨床転帰をもたらすため、アンカレッジ市内に出回るSCの同定と、司法および法的規制の必要性が示唆される。

References

  • Law R, Schier J, Martin C, Chang A, Wolkin A. Notes from the field: increase in reported adverse health effects related to synthetic cannabinoid useUnited States, JanuaryMay 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:6189.
  • CDC. Notes from the field: severe illness associated with reported use of synthetic marijuanaColorado, AugustSeptember 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:10167.
  • CDC. Notes from the field: Severe illness associated with synthetic cannabinoid useBrunswick, Georgia, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:939.
  • CDC. Acute kidney injury associated with synthetic cannabinoid usemultiple states, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:938.
  • Kasper AM, Ridpath AD, Arnold JK, et al. Severe illness associated with reported use of synthetic cannabinoidsMississippi. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;2105:11212. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6439a7>
  • Castellanos D, Gralnik LM. Synthetic cannabinoids 2015: an update for pediatricians in clinical practice. World J Clin Pediatr 2016;5:1624. <http://dx.doi.org/10.5409/wjcp.v5.i1.16>
  • Longworth M, Banister SD, Mack JBC, Glass M, Connor M, Kassiou M. The 2-alkyl-2H-indazole regioisomers of synthetic cannabinoids AB-CHMINACA, AB-FUBINACA, AB-PINACA, and 5F-AB-PINACA are possible manufacturing impurities with cannabimimetic activities. Forensic Toxicol 2016;34:286303. <http://dx.doi.org/10.1007/s11419-016-0316-y>
  • Adamowicz P, Gieroń J. Acute intoxication of four individuals following use of the synthetic cannabinoid MAB-CHMINACA. Clin Toxicol (Phila) 2016;54:6504. <http://dx.doi.org/10.1080/15563650.2016.1190016>
  • Banister SD, Moir M, Stuart J, et al. Pharmacology of indole and indazole synthetic cannabinoid designer drugs AB-FUBINACA, ADB-FUBINACA, AB-PINACA, ADB-PINACA, 5F-AB-PINACA, 5F-ADB-PINACA, ADBICA, and 5F-ADBICA. ACS Chem Neurosci 2015;6:1546–59. <http://dx.doi.org/10.1021/acschemneuro.5b00112>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ