一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ヒスパニック系/ラテン系人におけるHIV検査と転帰・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/14Vol. 65 / No. 40

MMWR65(40):1099-1103
HIV Testing and Outcomes Among Hispanics/Latinos — United States, Puerto Rico, and U.S. Virgin Islands, 2014

ヒスパニック系/ラテン系人におけるHIV検査と転帰 ― アメリカ、プエルトリコおよびU.S.バージン諸島、2014年

HIV検査サービスの状況について、CDCNational HIV Prevention Program Monitoring and Evaluation (NHM&E)2014年データをイベントレベルにて分析した。NHM&EシステムはCDCが財政支援する60の保健省と151の地域ベース組織を対象としており、2014年は計3,049,845件のテストイベントデータがUnited States、プエルトリコ、U.S.バージン諸島から収集された。ヒスパニック/ラテン系人は全体で22.6(687,777)を占め、年齢別では3039歳が25.3%、4049歳が25.8%、性別では男性が21.7%、女性が23.5%、トランスジェンダーは31.4%を占めていた。また、HIVと診断された症例は12,472例であり、うちヒスパニック系/ラテン系人は2,906(23.3)であり、3039歳では27.4%、4049歳では26.8%、トランスジェンダーでは23.6%であった。ヒスパニック系/ラテン系人が受けたHIV検査687,777件のうち、250,200(36.4)2029歳、また、女性は50.7(348,593)、地域別では南部が42.2(290,223)を占め、男性同性愛者(MSM)19.8%であった。HIV検査の陽性率は全体で0.4%であり、MSMでは2.0%、静注ドラッグ使用者では0.5%であった。また、HIVと診断された症例のうち71.0%の症例が医療的ケアを受け(61.1%は診断から90日以内)60.0%の症例がHIVパートナーサービス、64.0%の症例がリスク低下サービスを受けていた。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: White House, Office of National AIDS Policy; 2010. <https://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Washington, DC: White House, Office of National AIDS Policy; 2015. <https://www.aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas-update.pdf>
  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2014. HIV surveillance report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance>
  • CDC. The recommendations for partner services programs for HIV infection, syphilis, gonorrhea, and chlamydial infection. MMWR Recomm Rep 2008 (No. RR-9).
  • CDC, Health Resources and Services Administration, National Institutes of Health, et al. Recommendations for HIV prevention with adults and adolescents with HIV in the United States, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://stacks.cdc.gov/view/cdc/26062>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance dataUnited States and 6 dependent areas, 2014. HIV surveillance supplemental report 2016;21(4). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-21-4.pdf>
  • CDC. Geographic differences in HIV infection among Hispanics or Latinos46 states and Puerto Rico, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:80510.
  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-14).
  • U.S. Preventive Services Task Force. Human immunodeficiency virus (HIV) infection: screening. Recommendation summary. September 2014. <https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Topic/recommendation-summary/human-immunodeficiency-virus-hiv-infection-screening>
  • Smith DK, Van Handel M, Wolitski RJ, et al. Vital signs: estimated percentages and numbers of adults with indications for preexposure prophylaxis to prevent HIV acquisition—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1291–5. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6446a4>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ