一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)乳がん発症率および死亡率における年齢特異的な黒人と・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/14Vol. 65 / No. 40

MMWR65(40):1093-1098
Patterns and Trends in Age-Specific Black-White Differences in Breast Cancer Incidence and Mortality – United States, 1999–2014

乳がん発症率および死亡率における年齢特異的な黒人と白人の相違に関するパターンと傾向 ― アメリカ、1999年~2014年

United States Cancer Statisticsデータより、19992003年における乳がんの発症率および20002014年における乳がんの死亡率について、年齢特異的な黒人女性と白人女性の相違について分析が行われた。20092013年、アメリカでは毎年約221,000例が乳がんと診断され、発症率(10万人あたりの症例数)は黒人(121.5)と白人(123.6)で同等であった。年齢別では60歳未満の黒人女性での発症率が高く、60歳以上では白人女性での発症率が高くなっており、また、黒人女性では局所ステージで診断される症例が白人女性に比べ少なかった(54 vs 64)。白人女性の乳がん発症率は19992004年にて低下した後安定し、年平均0.8%の低下であったが、黒人女性では19992005年にて安定し、その後有意ではないが上昇し、年平均0.4%の上昇であった。6079歳の女性では19992013年にて白人女性の発症率は有意に低下し、黒人女性では有意に上昇していた。死亡例は20102014年にて毎年約41,000例であり、死亡率(10万人あたりの死亡数)は白人(20.6)に対し黒人女性(29.2)にて約41%高値であった。白人女性の死亡率の低下は年平均-1.9%、黒人女性では-1.5%であり、50歳未満での死亡率の低下は同等であったが、50歳以上では白人女性の低下率が有意に大きく、6069歳にて白人が-2.0/年、黒人が-1.0/年であった。このような人種による乳がん発症率/死亡率の是正には家族歴の把握、身体活動の増加、健康体重を維持する健康的な食事の推進、スクリーニング検査の増加および標的治療介入などが有効と考えられる。

References

  • DeSantis CE, Fedewa SA, Goding Sauer A, Kramer JL, Smith RA, Jemal A. Breast cancer statistics, 2015: convergence of incidence rates between black and white women. CA Cancer J Clin 2016;66:3142. <http://dx.doi.org/10.3322/caac.21320>
  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 19992013 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; National Cancer Institute; 2016. <https://nccd.cdc.gov/uscs/>
  • CDC. Vital signs: racial disparities in breast cancer severityUnited States, 20052009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:9226.
  • Keenan T, Moy B, Mroz EA, et al. Comparison of the genomic landscape between primary breast cancer in African American versus white women and the association of racial differences with tumor recurrence. J Clin Oncol 2015;33:36217. <http://dx.doi.org/10.1200/JCO.2015.62.2126>
  • Howlader N, Noone AM, Krapcho M, et al., eds. SEER cancer statistics review, 19752013. Bethesda, MD: National Cancer Institute; 2016. <http://seer.cancer.gov/csr/1975_2013>
  • Grabler P, Dupuy D, Rai J, Bernstein S, Ansell D. Regular screening mammography before the diagnosis of breast cancer reduces black:white breast cancer differences and modifies negative biological prognostic factors. Breast Cancer Res Treat 2012;135:54953. <http://dx.doi.org/10.1007/s10549-012-2193-3>
  • Bandera EV, Maskarinec G, Romieu I, John EM. Racial and ethnic disparities in the impact of obesity on breast cancer risk and survival: a global perspective. Adv Nutr 2015;6:80319. <http://dx.doi.org/10.3945/an.115.009647>
  • Toriola AT, Colditz GA. Trends in breast cancer incidence and mortality in the United States: implications for prevention. Breast Cancer Res Treat 2013;138:66573. <http://dx.doi.org/10.1007/s10549-013-2500-7>
  • Rust G, Zhang S, Malhotra K, et al. Paths to health equity: local area variation in progress toward eliminating breast cancer mortality disparities, 19902009. Cancer 2015;121:276574. <http://dx.doi.org/10.1002/cncr.29405>
  • Arias E, Heron M, Hakes JK. The validity of race and Hispanic-origin reporting on death certificates in the United States: an update. Vital and Health Statistics, series 2, no. 172. Atlanta, GA: CDC, National Center for Health Statistics; 2016. <http://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_02/sr02_172.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ