一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルス疾患を生後に発症した18歳未満の小児の・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/07Vol. 65 / No. 39

MMWR65(39):1082-1085
Characteristics of Children Aged <18 Years with Zika Virus Disease Acquired Postnatally — U.S. States, January 2015–July 2016

ジカウイルス疾患を生後に発症した18歳未満の小児の特性 ― アメリカ各州、2015年1月~2016年7月

ジカウイルスは蚊媒介性のフラビウイルスで、一般的には無症候性の感染または軽度の疾患の原因となるが、妊娠期間中の感染は小頭症およびその他の重症な脳異常の原因となる。また、成人ではジカウイルス感染後にギラン・バレー症候群およびその他の神経学的合併症が発現する場合がある。一方、小児において生後発症したジカウイルス疾患を述べた報告は少ない。このため、20151月~20167月の間に、アメリカの州からCDCへ報告された18歳未満の小児について、ジカウイルス疾患が確認されたか可能性のある症例を分析した。調査期間中にジカウイルス疾患が確認されたか可能性のある症例は158例で、30州から報告され、フロリダ州(36例、23%)、 ニューヨーク州(17例、11%)、カリフォルニア州(15例、9%)で最も多かった。年齢の中央値は14(範囲:生後1カ月~17)88(56%)は女性、5(3%)は妊娠していた。2例は入院が必要であったが、ギラン・バレー症候群の形成および死亡は認めなかった。報告されたすべての症例で蚊媒介性の感染が報告されている国または領土へ旅行中に感染し、頻度が高かったのはドミニカ共和国(39例、25%)、プエルトリコ(26例、16%)、ホンジュラス(17例、11%)、ニカラグア(17例、11%)、ジャマイカ(14例、9%)であった。全体の129(82%)で発疹があり、87(55%)で発熱、45(29%)で結膜炎、44(28%)で関節痛を認めた。医療提供者は疫学的危険因子および臨床的に矛盾のない疾患の小児ではジカウイルス疾患の診断を考慮すべきであり、性的に活発な青年期の若者に先天性ジカウイルス感染に対するリスクおよび望まない妊娠の防止について、助言すべきである。小児のジカウイルス疾患は一般的に軽度であるが、医療提供者は重症の合併症の可能性に注意を払うとともに、すべてのジカウイルス疾患症例を州また地域の保健部門に報告する必要がある。

References

  • Petersen LR, Jamieson DJ, Powers AM, Honein MA. Zika Virus. N Engl J Med 2016;374:155263. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMra1602113>
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:253643. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>
  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defectsreviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:19817. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Russell K, Oliver SE, Lewis L, et al. Update: interim guidance for the evaluation and management of infants with possible congenital Zika virus infectionUnited States, August 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:8708. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6533e2>
  • Cao-Lormeau VM, Blake A, Mons S, et al. Guillain-Barré syndrome outbreak associated with Zika virus infection in French Polynesia: a case-control study. Lancet 2016;387:15319. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(16)00562-6>
  • Sharp TM, Muñoz-Jordán J, Perez-Padilla J, et al. Zika virus infection associated with severe thrombocytopenia. Clin Infect Dis 2016. Epub July 14, 2016. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciw476>
  • Karwowski MP, Nelson JM, Staples JE, et al. Zika virus disease: a CDC update for pediatric health care providers. Pediatrics 2016. Epub March 23, 2016. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2016-0621>
  • Pacheco O, Beltrán M, Nelson CA, et al. Zika virus disease in Colombiapreliminary report. N Engl J Med 2016. Epub June 15, 2016. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1604037>
  • Petersen EE, Meaney-Delman D, Neblett-Fanfair R, et al. Update: interim guidance for preconception counseling and prevention of sexual transmission of Zika virus for persons with possible Zika virus exposureUnited States, September 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016. Epub September 30, 2016.
  • Oduyebo T, Igbinosa I, Petersen EE, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for pregnant women with possible Zika virus exposure—United States, July 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:739–44. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6529e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ