一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)携帯電話を使用した予防接種キャンペーン実績のリアル・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/07Vol. 65 / No. 39

MMWR65(39):1072-1076
Real-Time Monitoring of Vaccination Campaign Performance Using Mobile Phones — Nepal, 2016

携帯電話を使用した予防接種キャンペーン実績のリアルタイム追跡 ― ネパール、2016年

2012年に、Global Vaccine Action Plan2020年までに6つのWHO地域の5つにおいて麻疹および風疹の根絶を達成する目標を確立した。麻疹根絶戦略は通常の接種率が低い、または高リスクの亜集団が存在する状況において、通常の麻疹含有ワクチン2回接種率95%以上を達成と追加予防接種活動(SIA)の実践を目標としている。SIA品質を確保し、全国的なSIA接種率95%以上を達成するために、迅速で簡易なモニタリング(RCM)SIA期間中または直後に使用されている。RCMの目的は、ワクチン接種を受けていない小児の発見および高リスクの人がいる地域におけるワクチンの未接種の理由の特定で、是正措置(例えば、ワクチン接種が十分でない地域へのチームの再配置、ワクチン接種のタイミングの修正、接種活動の総仕上げの実施)を迅速に実践できるようにすることである。今回、2016年のネパールにおいて、SIAの第2フェーズ間に携帯電話を使用したRCM(RCM-MP)のパイロット試験を報告する。紙ベースのRCMを使用した20162月のキャンペーンの第2フェーズには33行政区すべてが含まれたが、ネパール保健省およびWHOは予防接種サービスの供給および地理的条件の異なる10行政区をRCM-MPのパイロット試験として選択した。したがって、この10行政区では、RCMを書面または携帯電話を使用して実施された村開発委員会(Village Development CommitteeVDC)が混在した。RCM-MPでは、データ収集書式は電子的データ収集ツールに組み込まれ、Android phoneに搭載された。各行政区において、携帯電話を使用した10名のモニターがそれぞれ2つのVDCを担当し、合計で、100名のモニターが196VDC377回の訪問において、11,093名の小児に関するRCM-MPデータを収集した。追跡した小児のうち、10,583(95)は予防接種を受け、377の訪問した地域のうち159地域(42)は、是正措置が必要であった。311のワクチン接種が不完全な家庭では、未接種の主な理由は、SIA期間の子供の不在また接種拒否で、接種拒否の主な理由は子供の病気であった。SIA完了後6カ月では、紙ベースのRCMを使用した行政区からの中心レベルでのRCM報告はなかった。一方、RCM-MPを実施したVDC98(200VDCのうち196VDC)では期待される報告の94(400回の訪問のうち377)が受け取られ、このうち87(377回の訪問のうち328)はデータ採取日と同日に報告された。RCM-MPの課題には、携帯電話ネットワークへの接続、電話機の画面の小ささ、GPSとの連携の獲得は挙げられる。それにもかかわらず、RCM-MPの使用は迅速なデータ送信、分析、意思決定につながり、保健システムにおける説明責任の向上をもたらすと考えられる。

References

  • Perry RT, Murray JS, Gacic-Dobo M, et al. Progress toward regional measles eliminationworldwide, 20002014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:124651. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.6444a4>
  • World Health Organization. Measles vaccines: WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:34960.
  • Luman ET, Cairns KL, Perry R, Dietz V, Gittelman D. Use and abuse of rapid monitoring to assess coverage during mass vaccination campaigns. Bull World Health Organ 2007;85:651. <http://dx.doi.org/10.2471/BLT.07.045328>
  • Teixeira AM, Samad SA, Souza MA, Segatto TC, Morice A, Flannery B. Brazilian experience with rapid monitoring of vaccination coverage during a national rubella elimination campaign. Rev Panam Salud Publica 2011;30:714.
  • Khanal S, Sedai TR, Choudary GR, et al. Progress toward measles eliminationNepal, 20072014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:20610. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6508a3>
  • World Health Organization. Planning and implementing high quality supplementary immunization activities for measles and rubella and other injectable vaccines: a comprehensive field guide. <http://www.who.int/immunization/diseases/measles/SIA-Field-Guide_DRAFT.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ