一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)1種類以上の機能障害を有する成人 ― アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/30Vol. 65 / No. 38

MMWR65(38):1021-1025
Adults with One or More Functional Disabilities — United States, 2011–2014

1種類以上の機能障害を有する成人 ― アメリカ、2011~2014年

2011~2014年のNational Health Interview Survey (NHIS)データより、1864歳の労働年齢成人における機能障害について分析が行われた。1種類以上の機能障害は全体で2,260万人(11.9)に認められ、その内訳は運動障害がもっとも多く(51.0)、認知障害(38.3)、自立生活障害(30.1)、聴力障害(24.8)、視力障害(20.8)、自己管理障害(14.6)と続いた。障害の数は1種類:1,280万人(運動障害:33.5%、聴覚障害:24.4%、認知障害:23.1)2種類:480万人、3種類:270万人、4種類以上:220万人であり、2種類以上の障害のある人では運動障害、自立生活障害、認知障害の順に多かった。障害のない人に比べ、障害のある人は年齢別では4564歳が多く、障害のない人は1844歳:60.7%、4564歳:39.3%に対し、障害のある人は1844歳:34.3%、4564歳:65.7%であった。人種/民族別では非ヒスパニック系黒人が多く、障害のない人の12.1%、障害のある人の16.0%が黒人であり、障害の数に伴い黒人の占める割合は増加した(1種類:14.0%、2種類:18.0%、3種類:19.0%、4種類以上:19.7)。また、障害のある人は高卒以下(障害あり:26.9%、なし:13.1)、収入対貧困比1.00未満(同:29.2%、13.3)、求職中(同:16.2%、7.5)が多く、求職中の人の占める割合は障害の数に伴い増加した(1種類:13.8%、2種類:21.4%、3種類:29.0%、4種類以上:26.4)。これらの機能障害のある労働年齢成人の人口統計学的、社会経済的データは、障害のある人の社会参加の増加に伴う公衆衛生プログラムや政策の参考になると思われる。

References

  • US Census Bureau. 2014 American Community Survey 1-year estimates. Washington, DC: US Department of Labor, US Census Bureau; 2016. <http://factfinder.census.gov/faces/nav/jsf/pages/index.xhtml>
  • Altman B, Bernstein A. Disability and health in the United States, 20012005. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2008. <https://www.cdc.gov/nchs/data/misc/disability2001-2005.pdf>
  • Krahn GL, Walker DK, Correa-De-Araujo R. Persons with disabilities as an unrecognized health disparity population. Am J Public Health 2015;105(Suppl 2):S198206. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2014.302182>
  • Loeb M, Madans J, Weeks J, Miller K, Dahlhamer J, Golden C. Disability and participation: assessing employment and education outcomes in the National Health Interview Survey (2010). In: Barnartt SN, Altman BM, eds. Research in social science and disability, vol. 7: disability and intersecting statuses. Bingley, UK: Emerald Group Publishing Limited, 2013:17188.
  • Pharr JR, Bungum T. Health disparities experienced by people with disabilities in the United States: a Behavioral Risk Factor Surveillance System study. Glob J Health Sci 2012;4:99108. <http://dx.doi.org/10.5539/gjhs.v4n6p99>
  • Braveman PA, Cubbin C, Egerter S, Williams DR, Pamuk E. Socioeconomic disparities in health in the United States: what the patterns tell us. Am J Public Health 2010;100(Suppl 1):S18696. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2009.166082>
  • Beckles GL, Truman BI. Education and incomeUnited States, 2009 and 2011. In: CDC. CDC health disparities and inequalities reportUnited States, 2013. MMWR Suppl 2013;62(No. Suppl 3):919.
  • Athar HM, Chang M-H, Hahn RA, Walker E, Yoon P. UnemploymentUnited States, 2006 and 2010. In: CDC. CDC health disparities and inequalities reportUnited States, 2013. MMWR Suppl 2013;62(No. Suppl 3):2732.
  • National Prevention Council. National Prevention Strategy. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2011. <http://www.surgeongeneral.gov/priorities/prevention/strategy/report.pdf>
  • Commission on Social Determinants of Health. Closing the gap in a generation: health equity through action on the social determinants of health. Final report of the Commission on Social Determinants of Health. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/43943/1/9789241563703_eng.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ