一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)最新情報:インフルエンザ活性 ― アメリカおよび全・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/23Vol. 65 / No. 37

MMWR65(37):1008-1014
Update: Influenza Activity — United States and Worldwide, May 22–September 10, 2016

最新情報:インフルエンザ活性 ― アメリカおよび全世界、2016年5月22日~9月10日

2016年522日~910日におけるインフルエンザ活性の最新の状況について報告する。同期間、アメリカ国内のWHO共同研究室にて呼吸器検体5,365検体が検査され、817検体が季節性インフルエンザ陽性[A型:458検体(56.1)B型:359検体(43.9)]であった。A型のうち448検体の亜型は、A(H3N2) 377検体(84.2)A(H1N1)pdm0971検体(15.8)であった。B型のうち249検体の系統は、B/Yamagata172検体(69.1)B/Victoria77検体(30.9)であった。同期間、National Respiratory and Enteric Virus Surveillance Systemの参画検査室では110,230検体を検査し、2,126検体(1.9)が陽性[A型:763検体(35.9)B型:1,363検体(64.1)]であった。インフルエンザ様疾患(ILI)サーベイランスネットワークによれば、ILIによる医療機関外来受診率は全国基準値(2.1)を下回り0.7%~1.2%と例年通り低レベルで推移した。肺炎およびインフルエンザ関連死亡率は流行閾値を下回り(5.0%~6.3%および4.9%~6.4)、小児の死亡例は5(A型:2例、B型:3)であった。新奇インフルエンザA型のヒトへの感染は20例が報告され、全例が発症前にブタとの接触歴があった。2例のH1N2vはミネソタ州(4)およびウィスコンシン州(6)から報告された。18例のH3N2v感染は8月にミシガン州(12)およびオハイオ州(6)から報告され、アメリカ国内では2016年に入り初めての報告であった。同期間、南半球温帯地域では典型的な季節性パターンを示すインフルエンザ活性が認められた。オーストラリアでは6月半ば~8月にピークとなり、A(H3N2)が優勢であった。ニュージーランドでは活性は低かった。アフリカ南部では6月半ばまでB型が、次いでA(H3N2)が優勢となった。南アメリカの温帯地域では5月から活性化し、チリでは期間中活性が継続、アルゼンチン、パラグアイおよびウルグアイでは6月のピークの後、低下した。アルゼンチン、チリ、パラグアイではA(H1N1)pdm09B型よりも多く、ウルグアイではA(H1N1)pdm09のみが報告された。ヨーロッパ、北アメリカおよびアジアの温帯地域では活性は低く、A(H1N1)pdm09A(H3N2)およびB型が報告された。熱帯では、活性レベルや優勢型は国ごとに相違があった。同期間、WHOが報告した鳥インフルエンザのヒト感染の検査室確定例は34例であり、エジプトにてA(5N1)4例、中国にてA(H7N9)28例、A(H5N6)およびA(H9N2)が各1例、計30例が報告された。CDCがアメリカおよび全世界で検出された504検体について抗原性および遺伝子型の解析を行った結果、A(H1N1)pdm09134検体はA/California/7/2009と、B/Victoria系統の135検体はB/Brisbane/60/2008と、B/Yamagata系統の101検体はB/Phuket/3073/2013と、全て2016-17年北半球インフルエンザワクチン成分と抗原的に類似した。薬剤感受性検査では、A(H1N1)pdm09141検体中2検体(1.4)がオセルタミビルおよびパラミビルに耐性を示した。ザナミビルは137検体全てが感受性であった。A(H3N2)117検体およびB203検体は全てオセルタミビル、パラミビル、ザナミビルに感受性であった。両型ともにアダマンタンに対する高レベルの耐性が持続していた。

References

  • World Health Organization. Influenza: WHO Collaborating Centers and Essential Regulatory Laboratories. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/influenza/gisrs_laboratory/collaborating_centres/en>
  • World Health Organization. FluNet. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/influenza/gisrs_laboratory/flunet/en>
  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Broder KR, et al. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)United States, 201617 influenza season. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-5). <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.rr6505a1>
  • Reed C, Kim IK, Singleton JA, et al. Estimated influenza illnesses and hospitalizations averted by vaccinationUnited States, 201314 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:11514.
  • Kostova D, Reed C, Finelli L, et al. Influenza illness and hospitalizations averted by influenza vaccination in the United States, 20052011. PLoS One 2013;8:e66312. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0066312>
  • Fry AM, Kim IK, Reed C, et al. Modeling the effect of different vaccine effectiveness estimates on the number of vaccine-prevented influenza-associated hospitalizations in older adults. Clin Infect Dis 2014;59:4069. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciu328>
  • Neuzil KM, Jackson LA, Nelson J, et al. Immunogenicity and reactogenicity of 1 versus 2 doses of trivalent inactivated influenza vaccine in vaccine-naive 58-year-old children. J Infect Dis 2006;194:10329. <http://dx.doi.org/10.1086/507309>
  • Fiore AE, Fry A, Shay D, Gubareva L, Bresee JS, Uyeki TM. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza—recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-1).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ