一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)男性間性交渉者におけるHIV診断前のHIV検査の経・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/23Vol. 65 / No. 37

MMWR65(37):999-1003
HIV Testing Experience Before HIV Diagnosis Among Men Who Have Sex with Men — 21 Jurisdictions, United States, 2007–2013

男性間性交渉者におけるHIV診断前のHIV検査の経験 ― 21管轄区、アメリカ、2007~2013年

アメリカでは、ゲイ、両性愛者、その他の男性間性交渉者(MSM)は、相変わらず最もヒト免疫不全ウイルス(HIV)の影響を受けやすい集団である。2014年では、HIV感染の診断の81%が成人男性または思春期男性において発生し、感染の83%で男性男性間の性的接触が原因であった。2006年から、CDCHIV感染の早期検出の促進およびHIV伝染の予防のために、性的に活発なMSMに少なくても年1回のHIV試験を推奨している。過去10年間のいくつかの新たな取り組みおよび戦略は、早期診断および治療の増加と伝染の減少のために、MSM間のHIV試験の拡大を目標としてきた。HIV感染が診断されたMSM間のHIV試験パターンを理解するために、CDCNational HIV Surveillance Systemの一部として管轄区が実施したHIV発生調査の20072013年データを分析した。21の管轄区において、男性男性間の性的接触が原因のHIV感染と診断された13歳以上のMSMの人数は、2007年では16,788人、2013年では15,951人で、このうち、試験履歴があった割合は2007年では51%、2013年では69%であった。試験履歴があるMSM間全体で、過去のHIV試験が陰性であった割合は、2007年の70%から2013年の74%に増加した。HIV診断前のHIV試験陰性のデータがあるMSM(すべてのMSMのうち、2007年では30%、2013年では47)において、診断前12カ月以内の試験が陰性であった割合は、2007年の48%から、2013年では56%に増加した。人種/民族別では、黒人で48%から57%、ヒスパニック/ラテンアメリカ系で51%から57%、白人で46%から54%へ増加した。年齢別では、診断前12カ月以内に試験が陰性であった割合は、55歳以上を除くすべての年齢グループで増加した。これらの結果から、MSM間のHIV試験が増加しているエビデンスが示されたが、HIV感染の早期検出および治療への迅速な連携を提供するために、特にハイリスクのサブグループに対し、年1回のHIV試験の奨励が依然として必要である。

References

  • CDC. HIV surveillance report, 2014; vol. 26. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/>
  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-14).
  • Workowski KA, Berman S. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR Recomm Rep 2010;59(No. RR-12).
  • CDC. Estimated HIV incidence in the United States, 20072010. HIV surveillance supplemental report 2012;17(No. 4). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/index.html>
  • Cooley LA, Oster AM, Rose CE, Wejnert C, Le BC, Paz-Bailey G; NHBS Study Group. Increases in HIV testing among men who have sex with menNational HIV Behavioral Surveillance System, 20 U.S. Metropolitan Statistical Areas, 2008 and 2011. PLoS One 2014;9:e104162. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0104162>
  • Woodring JV, Kruszon-Moran D, Oster AM, McQuillan GM. Did CDCs 2006 revised HIV testing recommendations make a difference? Evaluation of HIV testing in the US household population, 20032010. J Acquir Immune Defic Syndr 2014;67:33140. <http://dx.doi.org/10.1097/QAI.0000000000000303>
  • 7. Kwan CK, Rose CE, Brooks JT, Marks G, Sionean C. HIV testing among men at risk for acquiring HIV infection before and after the 2006 CDC recommendations. Public Health Rep 2016;131:3119. <http://dx.doi.org/10.1177/003335491613100215>
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. <https://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>
  • CDC. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in the United States—2014: a clinical practice guideline. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/guidelines/PrEPguidelines2014.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ