一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルス疾患症例 ― 50州およびワシントンD・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/16Vol. 65 / No. 36

MMWR65(36):983-986
Zika Virus Disease Cases — 50 States and the District of Columbia, January 1–July 31, 2016

ジカウイルス疾患症例 ― 50州およびワシントンDC、2016年1月1日~7月31日

2016年11日~731日、アメリカ50州およびDCからArboNETに報告されたジカウイルス疾患の確診例および可能性例について報告する。201693日時点で、この期間の確診例および可能性例は48州およびDCより計2,382例報告され、約半数の症例が4[ニューヨーク州:558(23%)、フロリダ州483(20%)、カリフォルニア州:147(6%)、テキサス州:117(5%)]の症例であった。男女別では女性が1,495(63%)を占め、年齢の中央値は39(1カ月齢~86)であり、2059歳が80%を占めた。201611日以降、週平均49(22207)が報告され、5月に報告数が増加し、7月まで増加が続いた。2,354(99%)が旅行に関連し、2,331(98%)が流行地域へ旅行しており、23(1%)は流行地域への旅行者との性的接触によるものであった。旅行先はカリブ海諸国(1,545例、65%)、中央アメリカ(434例、18%)、南アメリカ(224例、9%)、北アメリカ(111例、5%)、東南アジア/太平洋諸国(11例、1%未満)であった。地域獲得型の土着例は28例、うち26例は地域での蚊を媒介する感染例であり、全てフロリダ州(年齢1954歳、男188)の症例であった。また、1例は研究室職員の針刺し曝露、1例は旅行によるジカウイルス疾患例の家族であった。入院例は16州にて65[3%、年齢:44(1カ月~86)歳、男2144]、入院期間は3(17)日間、入院理由はウイルス性疾患(n=11)、神経症状(n=6、ギランバレー症候群:5、知覚異常:1)、詳しい臨床評価の必要(n=6)、呼吸器感染の疑い(n=2)、基礎疾患の増悪(n=1)、敗血症性ショック(n=1)であり、敗血症性ショックの症例は多臓器不全を来し死亡、他の症例は退院している。

References

  • Frieden TR, Schuchat A, Petersen LR. Zika virus 6 months later. JAMA 2016. Epub August 8, 2016. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.2016.11941>
  • Oduyebo T, Igbinosa I, Petersen EE, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for pregnant women with possible Zika virus exposureUnited States, July 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:73944. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6529e1>
  • Russell K, Oliver SE, Lewis L, et al. Update: interim guidance for the evaluation and management of infants with possible congenital Zika virus infectionUnited States, August 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:8708. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6533e2>
  • Brooks JT, Friedman A, Kachur RE, LaFlam M, Peters PJ, Jamieson DJ. Update: interim guidance for prevention of sexual transmission of Zika virusUnited States, July 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:7457. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6529e2>
  • Food and Drug Administration. Revised recommendations for reducing the risk of Zika virus transmission by blood and blood components: guidance for industry. Rockville, MD: Food and Drug Administration; 2016. <http://www.fda.gov/downloads/BiologicsBloodVaccines/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/Guidances/Blood/UCM518213.pdf>
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:253643. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>
  • Armstrong P, Hennessey M, Adams M, et al. Travel-associated Zika virus disease cases among U.S. residentsUnited States, January 2015February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:2869. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6511e1>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Zika virus disease and congenital Zika virus infection interim case definition and addition to the Nationally Notifiable Disease List. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; February 2016. <https://www.cste2.org/docs/Zika_Virus_Disease_and_Congenital_Zika_Virus_Infection_Interim.pdf>
  • Brent C, Dunn A, Savage HM, et al. Preliminary findings from an investigation of Zika virus infection in a patient with no known risk factorsUtah, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016. In press.
  • Hennessey MJ, Fischer M, Panella AJ, et al. Zika virus disease in travelers returning to the United States, 2010–2014. Am J Trop Med Hyg 2016;95:212–5. <http://dx.doi.org/10.4269/ajtmh.16-0049>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ