一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)mcr-1耐性遺伝子を含む大腸菌の研究 ― コネチ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/16Vol. 65 / No. 36

MMWR65(36):979-980
Investigation of Escherichia coli Harboring the mcr-1 Resistance Gene — Connecticut, 2016

mcr-1耐性遺伝子を含む大腸菌の研究 ― コネチカット州、2016年

コリスチン耐性mcr-1遺伝子は2015年に中国にて食品、動物および患者から初めて単離され、細菌間を移動するプラスミド内に存在し、他の細菌にコリスチン耐性が拡大する。発見後、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、南米および北米にてmcr-1遺伝子が報告され、アメリカでは3名の患者とブタの検体から検出されている。20167月、National Center for Biotechnology InformationPathogen Detection Systemにて、国内4例目となるコネチカット州の患者から単離された大腸菌にてmcr-1遺伝子が確認された。2016616日、下痢を来した小児の便検体から非志賀毒素産生O157大腸菌が分離された。この患者はカリブ海に約2週間の旅行に行き、帰国する2日前(612)に発熱と血性の下痢を来し、発症から小児科を受診する616日までの間、パロモマイシンが投与された。採取された便検体にてmcr-1をもつO157大腸菌が検出され(6161823)、感受性検査ではコリスチンに対するMIC2μg/mL、ポリミキシンBに対するMIC4μg/mLであった。624日および71日の検体はO157大腸菌陰性であった。患者の親および治療した医師によると、患者は健康であり、手術や入院歴はなく、普段の食事は果物、乳製品、肉(豚、鶏、牛肉)であり、旅行中は鶏肉とヤギ肉を食べていた。旅行で泊まった家には猫と犬がいたが、アメリカでは動物との接触はなかった。71920日に患者と接触のある家族6名の直腸周囲検体を採取したが、mcr-1遺伝子は検出されず、患者の自宅の環境検体(n=16)mcr-1陰性であった。これらの結果から、患者は旅行先で感染し、周囲には拡大していないと考えられた。

References

  • Liu YY, Wang Y, Walsh TR, et al. Emergence of plasmid-mediated colistin resistance mechanism mcr-1 in animals and human beings in China: a microbiological and molecular biological study. Lancet Infect Dis 2016;16:1618. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(15)00424-7>
  • Castanheira M, Griffin MA, Deshpande LM, Mendes RE, Jones RN, Flamm RK. Detection of mcr-1 among Escherichia coli clinical isolates collected worldwide as part of the SENTRY Antimicrobial Surveillance Program during 2014 and 2015. Antimicrob Agents Chemother 2016;60:56234. <http://dx.doi.org/10.1128/AAC.01267-16>
  • Skov RL, Monnet DL. Plasmid-mediated colistin resistance (mcr-1 gene): three months later, the story unfolds. Euro Surveill 2016;21:30155. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.9.30155>
  • McGann P, Snesrud E, Maybank R, et al. Escherichia coli Harboring mcr-1 and blaCTX-M on a novel IncF plasmid: first report of mcr-1 in the United States. Antimicrob Agents Chemother 2016;60:44201. <http://dx.doi.org/10.1128/AAC.01103-16>
  • CDC Health Alert Network. Alert to U.S. healthcare facilities: first mcr-1 gene in E. coli bacteria found in a human in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://emergency.cdc.gov/han/han00390.asp>
  • Mediavilla JR, Patrawalla A, Chen L, et al. Colistin- and carbapenem-resistant Escherichia coli harboring mcr-1 and blaNDM-5, causing a complicated urinary tract infection in a patient from the United States. MBio 2016;7:e0119116. <http://dx.doi.org/10.1128/mBio.01191-16>
  • National Center for Biotechnology Information. Pathogen detection. Bethesda, MD: National Library of Medicine, National Center for Biotechnology Information; 2016. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pathogens>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ