一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)アメリカ人患者から単離された初のmcr-1遺伝子の・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/16Vol. 65 / No. 36

MMWR65(36):977-978
Investigation of First Identified mcr-1 Gene in an Isolate from a U.S. Patient — Pennsylvania, 2016

アメリカ人患者から単離された初のmcr-1遺伝子の研究 ― ペンシルベニア州、2016年

2015年、抗生物質コリスチン耐性mcr-1遺伝子をエンコードするプラスミドの出現が報告され、アメリカでは20165月、尿路感染症の検査受けたペンシルベニア州の女性から初めてmcr-1陽性大腸菌が単離され、尿の培養に続く検査で、拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生大腸菌のコリスチン感受性の低下が認められた。この患者は約1年間海外旅行をしておらず、家畜への曝露はなく、食事も食料品店で購入した食材を調理したものであったが、2016年に4ヵ所の医療施設に入退院を繰り返していた。CDCPennsylvania Department of Healthは患者の家族および7日間以上接触のあった2施設の医療従事者の追跡調査と直腸周囲検体の細菌スクリーニング検査を実施した。スクリーニング検査を行った105名にmcr-1遺伝子は検出されず、患者が入院していた4施設にて単離されたESBL産生菌にコリスチン耐性を示す生物体は認めなかったことから、患者と接触のあった健常人への感染のリスクは低いと考えられた。直腸周囲検体のモニタリングでは、531日、626日採取の検体はともにmcr-1陽性であったが、81日採取の検体はmcr-1陰性となった。この期間、抗生物質の投与は行われておらず、現在も消化管のグラム陰性菌の除菌は行っていない。この患者はmcr-1陽性であるヒトや場所と疫学的な関連がなく、mcr-1陽性となった経緯は不明であるが、2015年、ニューヨークで採取された患者の検体にて大腸菌にmcr-1が確認され、ブタおよびウシから単離された大腸菌にはmcr-2が発見されている。この新しい耐性菌の感染の拡大防止は緊急を要するものであり、コリスチン耐性菌を認める場合は地域の保健局へ迅速に報告すべきである。

References

  • Liu YY, Wang Y, Walsh TR, et al. Emergence of plasmid-mediated colistin resistance mechanism mcr-1 in animals and human beings in China: a microbiological and molecular biological study. Lancet Infect Dis 2016;16:1618. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(15)00424-7>
  • McGann P, Snesrud E, Maybank R, et al. Escherichia coli harboring mcr-1 and blaCTX-M on a novel IncF plasmid: first report of mcr-1 in the United States. Antimicrob Agents Chemother 2016;60:44201. <http://dx.doi.org/10.1128/AAC.01103-16>
  • Castanheira M, Griffin MA, Deshpande LM, Mendes RE, Jones RN, Flamm RK. Detection of mcr-1 among Escherichia coli clinical isolates collected worldwide as part of the SENTRY Antimicrobial Surveillance Program during 2014 and 2015. Antimicrob Agents Chemother 2016;60:56234. <http://dx.doi.org/10.1128/AAC.01267-16>
  • Xavier BB, Lammens C, Ruhal R, et al. Identification of a novel plasmid-mediated colistin-resistance gene, mcr-2, in Escherichia coli, Belgium, June 2016. Euro Surveill 2016;21. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.27.30280>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ