一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)50歳以上の成人における身体不活動 ― アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/16Vol. 65 / No. 36

MMWR65(36):954-958
Physical Inactivity Among Adults Aged 50 Years and Older — United States, 2014

50歳以上の成人における身体不活動 ― アメリカ、2014年

2014年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータより、50歳以上の成人における身体不活動について分析が行われた。分析対象は50州およびワシントンDCに居住する50歳以上の成人276,919名であり、過去1ヵ月以内に仕事以外での身体活動がない身体不活動であった人は27.5(アメリカ全体では約3,100万人に相当)であった。不活動率は年齢とともに増加し、5064歳は25.4%、6574歳は26.9%、75歳以上は35.3%であり、男女別では男性が25.5%、女性が29.4%であった。人種/民族別ではヒスパニック系は32.7%、非ヒスパニック系黒人は33.1%、非ヒスパニック系白人は26.2%、その他は27.1%であり、教育レベル別では高校卒業以下が44.1%、大学卒業が14.2%、BMI別では25.0kg/m2未満が23.1%、30kg/m2以上では35.8%であった。地域別では南部にてもっとも高く(30.1)、中西部(28.4)、北東部(26.6)、西部(23.1)と続き、州別では17.9(コロラド州)38.8(アーカンソー州)であった。また、7種類の慢性疾患[脳卒中、冠動脈疾患、関節炎、癌(皮膚癌を除く)、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患、うつ障害]の既往のある人は、いずれの疾患においても既往のない人に比べ不活動率が高く[1.1()1.5(慢性閉塞性肺疾患)]、全体では31.9 vs 19.2%であった。以上、アメリカでは50歳以上の成人の約1/4が身体不活動であり、すべての年齢層に対する安全で簡単な身体活動を地域で提供していく必要性が示唆された。

References

  • Ward BW, Schiller JS, Goodman RA. Multiple chronic conditions among US adults: a 2012 update. Prev Chronic Dis 2014;11:130389. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd11.130389>
  • US Department of Health and Human Services. 2008 physical activity guidelines for Americans. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. <https://health.gov/paguidelines/pdf/paguide.pdf>
  • US Department of Health and Human Services. Physical activity guidelines advisory committee report, 2008. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. <https://health.gov/paguidelines/report/pdf/CommitteeReport.pdf>
  • National Heart Lung and Blood Institute. Clinical guidelines on the identifıcation, evaluation, and treatment of overweight and obesity in adults: the evidence report. Bethesda MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Heart, Lung, and Blood Institute; 1998.
  • Spruit MA, Singh SJ, Garvey C, et al.; ATS/ERS Task Force on Pulmonary Rehabilitation. An official American Thoracic Society/European Respiratory Society statement: key concepts and advances in pulmonary rehabilitation. Am J Respir Crit Care Med 2013;188:e1364. <http://dx.doi.org/10.1164/rccm.201309-1634ST>
  • Brawner CA, Churilla JR, Keteyian SJ. Prevalence of physical activity is lower among individuals with chronic disease. Med Sci Sports Exerc 2016;48:10627.
  • Rimmer JH, Riley B, Wang E, Rauworth A, Jurkowski J. Physical activity participation among persons with disabilities: barriers and facilitators. Am J Prev Med 2004;26:41925. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2004.02.002>
  • American College of Sports Medicine. Exercise is medicine. Healthcare providers action guide. Indianapolis, IN: American College of Sports Medicine; 2014.
  • Lin JS, OConnor EA, Evans CV, Senger CA, Rowland MG, Groom HC. Behavioral counseling to promote a healthy lifestyle for cardiovascular disease prevention in persons with cardiovascular risk factors: an evidence update for the U.S. Preventive Services Task Force. Evidence Synthesis No. 113. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2014.
  • Sallis JF, Saelens BE. Assessment of physical activity by self-report: status, limitations, and future directions. Res Q Exerc Sport 2000;71(Suppl):1–14. <http://dx.doi.org/10.1080/02701367.2000.11082780>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ