一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)学区による危機管理、緊急時対応および復旧計画 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/16Vol. 65 / No. 36

MMWR65(36):949-953
School District Crisis Preparedness, Response, and Recovery Plans — United States, 2012

学区による危機管理、緊急時対応および復旧計画 ― アメリカ、2012年

2012年のSchool Health Policies and Practice Studyデータより、自然災害、新興感染症およびテロに対する学区ごとの備え、対応および復旧に関する方針について地域別に分析が行われた。その結果、家族が再会するための手順は67.8(中西部:602%、北東部:72.0%、南部:71.6%、西部:73.6)の学区、また、都市部では78.0%、非都市部では61.5%の学区が各学校にその計画を要求していた。パンデミックインフルエンザや他の感染症への対応は69.0(中西部:57.9%、北東部:75.2%、南部:79.4%、西部:68.5%、都市部:72.9%、非都市部:66.5)、緊急時における生徒や職員への特別な物資の提供は79.9(72.2%、87.6%、87.8%、73.0%、85.8%、76.3)、危機を乗り越えた後の生徒、教員および職員への精神的な健康サービスの提供は69.3(60.1%、80.4%、72.7%、71.6%、77.1%、64.4)の学区が要求しており、また、地域との連携に関しては、90%以上の学区が各学校の職員を学区内から採用し、地域の消防署および警察署との連携を行っていたが(それぞれ95.4%、91.9%、94.8)、地域の公共交通機関との連携を行う学区は16.6(中西部:12.0%~南部:20.8)と少なかった。新しいHealthy People 2020の目標(PREP-5)は学校に対するこれら危機管理、緊急時対応および復旧に関する計画の強化を各学区に要求しており、今後、これらの整備の強化が期待される。

References

  • Bartenfeld MT, Peacock G, Griese SE. Public health emergency planning for children in chemical, biological, radiological, and nuclear (CBRN) disasters. Biosecur Bioterror 2014;12:2017. <http://dx.doi.org/10.1089/bsp.2014.0036>
  • National Commission on Children and Disasters. 2010 report to the president and Congress. AHRQ Publication No. 10-M037. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2010.
  • Council on School Health. Disaster planning for schools. Pediatrics 2008;122:895901. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2008-2170>
  • US Department of Education, Office of Safe and Drug-free Schools. Practical information on crisis planning: a guide for schools and communities, 2007. Washington, DC: US Department of Education; 2007. <http://www2.ed.gov/admins/lead/safety/emergencyplan/crisisplanning.pdf>
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2016. <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/preparedness/objectives>
  • CDC. Results from the School Health Policies and Practices Study 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <http://www.cdc.gov/healthyyouth/shpps/2012/pdf/shpps-results_2012.pdf>
  • US Administration for Children & Families, Office of Human Services Emergency Preparedness and Response. Children and Youth Task Force in Disasters: guidelines for development. 2013. <http://www.acf.hhs.gov/sites/default/files/ohsepr/childrens_task_force_development_web_0.pdf>
  • Hinton CF, Griese SE, Anderson MR, et al. CDC grand rounds: addressing preparedness challenges for children in public health emergencies. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:9724. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6435a3>S
  • ave the Children. 2014 national report card on protecting children in disasters. Fairfield, CT: Save the Children; 2014. <http://www.savethechildren.org/atf/cf/%7B9def2ebe-10ae-432c-9bd0-df91d2eba74a%7D/SC-2014_disasterreport.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ