一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)小頭症乳児における難聴と先天性ジカウイルス感染のエ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/02Vol. 65 / No. 34

MMWR65(34):917-919
Hearing Loss in Infants with Microcephaly and Evidence of Congenital Zika Virus Infection — Brazil, November 2015–May 2016

小頭症乳児における難聴と先天性ジカウイルス感染のエビデンス ― ブラジル、2015年11月~2016年5月

2015年11月~20165月、ブラジルAgamenon Magalhaes病院にて小頭症とジカウイルス感染のエビデンスを示す乳児(010カ月齢)70名をレトロスペクティブに評価したところ、聴力検査において5(7%)に感音性難聴(聴力閾値が25dBを超える)を認めた。うち聴覚毒性抗生物質による治療後であった1例を除外した場合、感音性難聴の発症率は5.8%(4/69)となり、他の先天性ウイルス感染症とほぼ同等であった。初回聴覚検査は生後平均114±59.1(16315日、中央値:97)に実施され、聴覚脳幹反応(ABR)による聴覚障害は7(10%)に認められ、うち2例が伝音性難聴、5例が感音性難聴であった。妊娠中の発疹の有無に関する情報が得られた母親63(伝音性/感音性難聴なし:58、感音性難聴:5)では、54[それぞれ49(84%)5(100%)]が妊娠第1三半期に発疹があったと報告し、感音性難聴の乳児の母親は4名が妊娠3カ月までに、1名が妊娠4カ月に発疹を認めていた。また、65名の乳児(伝音性/感音性難聴なし:60、感音性難聴:5)の小頭症の重症度は、44[68%、それぞれ39(65%)5(100%)]が重症であったが、感音性難聴と重症小頭症との有意な相関は認めなかった。以上、先天性ジカウイルス感染症は難聴のリスク因子であることが示唆され、ジカウイルス感染症のエビデンスを認める乳児に対し、難聴のスクリーニング検査を定期的に行う必要性が示唆された。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defectsreviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:19817.
  • Schuler-Faccini L, Ribeiro EM, Feitosa IML, et al. Possible association between Zika virus infection and microcephaly. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:5962. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6503e2>
  • Aragão MFV, Van der Linden V, Brainer-Lima AM, et al. Clinical features and neuroimaging (CT and MRI) findings in presumed Zika virus related congenital infection and microcephaly: retrospective case series study. BMJ 2016;353:i1901. <http://www.bmj.com/content/353/bmj.i1901>
  • Microcephaly Epidemic Group. Microcephaly in infants, Pernambuco State, Brazil, 2015. Emerg Infect Dis 2016;22:10903. <http://wwwnc.cdc.gov/eid/article/22/6/16-0062_article>
  • Ventura CV, Maia M, Bravo Filho V, Gois AL, Belfort R Jr. Zika virus in Brazil and macular atrophy in a child with microcephaly. Lancet 2016;387:228. <http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(16)00006-4/abstract>
  • Goderis J, De Leenheer E, Smets K, Hoecke HV, Keymeulen A, Dhoogeet I. Hearing loss and congenital CMV infection: a systematic review. Pediatrics 2014;134:97282. <http://pediatrics.aappublications.org/content/134/5/972>
  • Cohen BE, Durstenfeld A, Roehm PC. Viral causes of hearing loss: a review for hearing health professionals. Trends Hear 2014;18. pii: 2331216514541361
  • Brazilian Ministry of Health. Protocol for monitoring and response to microcephaly occurrence relating to ZikaV infection [Portuguese]. <http://www.combateaedes.saude.gov.br/images/sala-de-situacao/Microcefalia-Protocolo-de-vigilancia-e-resposta-10mar2016-18h.pdf>
  • Cordeiro MT, Pena LJ, Brito CA, Gil LH, Marques ET. Positive IgM for Zika virus in the cerebrospinal fluid of 30 neonates with microcephaly in Brazil. Lancet 2016;387:18112.
  • American Academy of Pediatrics, Joint Committee on Infant Hearing. Year 2007 position statement: principles and guidelines for early hearing detection and intervention programs. Pediatrics 2007;120:898–921.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ