一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルス感染進行時のギランバレー症候群 ― プ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/02Vol. 65 / No. 34

MMWR65(34):910-914
Guillain-Barré Syndrome During Ongoing Zika Virus Transmission — Puerto Rico, January 1–July 31, 2016

ジカウイルス感染進行時のギランバレー症候群 ― プエルトリコ、2016年1月1日~7月31日

プエルトリコでは現在、ジカ熱、デング熱およびチクングニア熱の3種類の節足動物媒介性ウイルス(アルボウイルス)が認められており、ジカウイルス感染症は201512月に初めて報告されている。ジカウイルスの伝播を認める地域ではギランバレー症候群(GBS)の発症が増えていることから、20162月、Puerto Rico Department of Health (PRDH)CDCの援助を受け、GBS Passive Surveillance Systemを開始し、201611日~731日にて神経症状を伴うGBS推定56例を確認した。うち、20(37%)にはジカウイルス感染のエビデンスは認めず、2(4%)は検査の結果待ち、34(61%)にジカウイルスまたはフラビウイルス感染のエビデンスを認めた。34例うち10(18%)にてジカウイルス感染が確認され、16(29%)ではジカウイルス感染が疑われ、8(14%)にフラビウイルス感染が疑われた。さらに1例にはジカおよびデング熱ウイルスの両方を、3例にチクングニア熱ウイルスをIgM ELISA法にて認めた。34例はPRDHの保健地域8地域のうち7地域に住んでおり、年齢は55(2188)歳、男性14例、女性20例であった。前駆急性症状から神経症状の発現までの期間は5(017)日間、入院期間は12(647)日間、前駆症状の種類は発疹(18例、53%)、発熱(12例、35%)、下痢(7例、21%)が多かった。全例に対し免疫グロブリンG静注(IVIg)が行われ、34例中21(62%)ICUに入院し、12例は人工呼吸器を装着した。818日の時点で5(15%)は入院を継続、15(44%)は退院し自宅、13例はリハビリまたは高度介護施設へ転院、1例は敗血性ショックのため死亡している。

References

  • Yuki N, Hartung H-P. Guillain-Barré syndrome. N Engl J Med 2012;366:2294304. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMra1114525>
  • Petersen LR, Jamieson DJ, Honein MA. Zika virus. N Engl J Med 2016;375:2945.
  • Thomas DL, Sharp TM, Torres J, et al. Local transmission of Zika virusPuerto Rico, November 23, 2015January 28, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1548. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6506e2>
  • Dirlikov E, Ryff KR, Torres-Aponte J, et al. Update: ongoing Zika virus transmissionPuerto Rico, November 1, 2015April 14, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:4515. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6517e2>
  • Adams L, Bello-Pagan M, Lozier M, et al. Update: ongoing Zika virus transmissionPuerto Rico, November 1, 2015July 7, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:7749. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6530e1>
  • Sejvar JJ, Kohl KS, Gidudu J, et al.; Brighton Collaboration GBS Working Group. Guillain-Barré syndrome and Fisher syndrome: case definitions and guidelines for collection, analysis, and presentation of immunization safety data. Vaccine 2011;29:599612. <http://dx.doi.org/10.1016/j.vaccine.2010.06.003>
  • Cao-Lormeau VM, Blake A, Mons S, et al. Guillain-Barré syndrome outbreak associated with Zika virus infection in French Polynesia: a case-control study. Lancet 2016;387:15319. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(16)00562-6>
  • Siu R, Bukhari W, Todd A, Gunn W, Huang QS, Timmings P. Acute Zika infection with concurrent onset of Guillain-Barré syndrome. Neurology 2016. Epub July 27, 2016. <http://dx.doi.org/10.1212/WNL.0000000000003038>
  • Sejvar JJ, Baughman AL, Wise M, Morgan OW. Population incidence of Guillain-Barré syndrome: a systematic review and meta-analysis. Neuroepidemiology 2011;36:12333. <http://dx.doi.org/10.1159/000324710>
  • Araujo AQ, Silva MT, Araujo AP. Zika virus-associated neurological disorders: a review. Brain 2016;139:2122–30. <http://dx.doi.org/10.1093/brain/aww158>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ