一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)医療施設におけるカルバペネム耐性腸内細菌科細菌の伝・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/02Vol. 65 / No. 34

MMWR65(34):906-909
Carbapenem-Resistant Enterobacteriaceae Transmission in Health Care Facilities — Wisconsin, February–May 2015

医療施設におけるカルバペネム耐性腸内細菌科細菌の伝染 ― ウイスコンシン州、2015年2~5月

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)は多剤耐性グラム陰性桿菌であり、致死率の高い感染症を引き起こす。ウイスコンシン州では201525月、National Healthcare Safety Networkの症例基準を満たす46例から49CREが分離され、68日、Wisconsin State Laboratory of HygieneからWisconsin Division of Public Healthに州南東部の2つの病院の入院患者4例にて、類似性の高いPFGEパターンを示すパルバペネマーゼ産生CRE(n=5)が検出されたと報告された。49の分離菌のうち、この5つを除く44分離菌[うちKlebsiella Pneumoniae Carbapenemase(KPC)型は20]PFGEパターンはそれぞれに特異的であり、類似したパターンを示す5分離菌は病院1の患者AB、病院2の患者CDにて検出された。この4例の年齢中央値は65(5275)歳、全例が非ヒスパニック系白人であり、入院期間中央値は83(65103)日間であった。患者ABの入院期間はそれぞれ20141211日~2015122日、2015320日~426日と患者Aの退院から患者Bの入院まで57日間の間隔があり、また、患者CDの入院期間は201532日~58日、2015226日~46日であったが、患者Cは呼吸器ICU、患者Dは整形外科に入院しており、患者Cが退院した25日後の62日~616日に患者Dが呼吸器ICUに再入院していた。いずれの患者も病院12を移動しておらず、KPC-CRE感染症であった患者E715日~812日の間に病院2から病院1に搬送されていたが、分離された菌は患者ADの分離菌と一致していなかったため、これら4例でのCRE感染経路については明らかとなっていない。

References

  • CDC. Vital signs: carbapenem-resistant Enterobacteriaceae. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:16570.
  • CDC. Multidrug-resistant organism & Clostridium difficile infection (MDRO/CDI) module. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/nhsn/pdfs/pscmanual/12pscmdro_cdadcurrent.pdf>
  • Marsh JW, Krauland MG, Nelson JS, et al. Genomic epidemiology of an endoscope-associated outbreak of Klebsiella pneumoniae carbapenemase (KPC)-producing K. pneumoniae. PLoS One 2015;10:e0144310. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0144310>
  • Katz LS, Petkau A, Beaulaurier J, et al. Evolutionary dynamics of Vibrio cholerae O1 following a single-source introduction to Haiti. MBio 2013;4:e0039813. <http://dx.doi.org/10.1128/mBio.00398-13>
  • Epstein L, Hunter JC, Arwady MA, et al. New Delhi metallo-ß-lactamase-producing carbapenem-resistant Escherichia coli associated with exposure to duodenoscopes. JAMA 2014;312:144755. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.2014.12720>
  • Tablan OC, Anderson LJ, Besser R, Bridges C, Hajjeh R; CDC; Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. Guidelines for preventing health-careassociated pneumonia, 2003: recommendations of CDC and the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. MMWR Recomm Rep 2004;53(No. RR-3).
  • Navon-Venezia S, Leavitt A, Schwaber MJ, et al.; Israeli KPC Kpn Study Group. First report on a hyperepidemic clone of KPC-3-producing Klebsiella pneumoniae in Israel genetically related to a strain causing outbreaks in the United States. Antimicrob Agents Chemother 2009;53:81820. <http://dx.doi.org/10.1128/AAC.00987-08>
  • Bush K. Bench-to-bedside review: the role of beta-lactamases in antibiotic-resistant Gram-negative infections. Crit Care 2010;14:224. <http://dx.doi.org/10.1186/cc8892>
  • Ben-David D, Maor Y, Keller N, et al. Potential role of active surveillance in the control of a hospital-wide outbreak of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae infection. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:620–6. <http://dx.doi.org/10.1086/652528>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ