一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)水痘ワクチンの2回予防接種プログラムにおける水痘の・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/02Vol. 65 / No. 34

MMWR65(34):902-905
Epidemiology of Varicella During the 2-Dose Varicella Vaccination Program — United States, 2005–2014

水痘ワクチンの2回予防接種プログラムにおける水痘の疫学 ― アメリカ、2005年~2014年

水痘ワクチン導入前、アメリカでの水痘患者は約400万人と推定され、毎年11,00013,500例が入院し、100150例が死亡していた。水痘ワクチンは1966年より1回接種が小児の定期接種プログラムとして実施され、発症率は約90%低下したが、アウトブレイクが継続して発生することから2006年より2回接種(1215カ月齢、46)が実施されている。今回、National Notifiable Diseases Surveillance Systemデータより、2回接種プログラム実施後の水痘の発症率について分析が行われた。20052006(2回接種実施前)20132014(2回接種実施後)における水痘の発症率はそれぞれ人口10万人あたり25.43.984.6%低下し(p<0.001)、年齢別では59:89.3%、101484.8%にて大きく低下していた。また、ワクチン接種プログラム導入前、毎年水痘患者を報告していた4(イリノイ、ミシガン、テキサスおよびウエストバージニア)では、19931995年から20132014年にて97.4(92.997.9)の低下であった。20132014年の水痘患者におけるワクチン接種状況については12,784例にて明らかであり、7,000(54.8)が少なくとも1回接種を受けていた。回数に関しては2,266例にて判明、921(39.0)1回、1,331(56.4)2回、14(0.6)3回接種を受けていた。入院状況に関しては3,715例にて明らかであり、81(2.2)が入院し、うちワクチン接種に関しては8例が1回、5例が2回接種を受けていた。また、皮膚病変を認める8,358例のうち、軽症例は4,269(51.1)であり、ワクチン接種例は非接種例に比べ軽症例が有意に多く認められた(76.8 vs 23.2)。以上、水痘ワクチンの2回接種プログラムにより、接種対象となった515歳にて発症率の大きな低下が認められた。

References

  • Guris D, Jumaan AO, Mascola L, et al. Changing varicella epidemiology in active surveillance sitesUnited States, 19952005. J Infect Dis 2008;197(Suppl 2):S715. <http://dx.doi.org/10.1086/522156>
  • Marin M, Güris D, Chaves SS, Schmid S, Seward JF; Advisory Committee on Immunization Practices. Prevention of varicella: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2007;56(No. RR-4).
  • Bialek SR, Perella D, Zhang J, et al. Impact of a routine two-dose varicella vaccination program on varicella epidemiology. Pediatrics 2013;132:e113440. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2013-0863>
  • Daly ER, Anderson L, Dreisig J, Dionne-Odom J. Decrease in varicella incidence after implementation of the 2-dose recommendation for varicella vaccine in New Hampshire. Pediatr Infect Dis J 2013;32:9813. <http://dx.doi.org/10.1097/INF.0b013e318293308e>
  • Sosa LE, Hadler JL. Epidemiology of varicella in Connecticut, 20012005. J Infect Dis 2008;197(Suppl 2):S903. <http://dx.doi.org/10.1086/522128>
  • Mullins J, Kudish K, Sosa L, Hadler J. Continuing decline in varicella incidence after the 2-Dose Vaccination RecommendationConnecticut, 20092014. Open Forum Infect Dis 2015;2:ofv150. <http://dx.doi.org/10.1093/ofid/ofv150>
  • CDC. Evolution of varicella surveillanceselected states, 20002010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:60912.
  • Leung J, Lopez AS, Blostein J, et al. Impact of the US two-dose varicella vaccination program on the epidemiology of varicella outbreaks: data from nine states, 20052012. Pediatr Infect Dis J 2015;34:11059. <http://dx.doi.org/10.1097/INF.0000000000000821>
  • Leung J, Harpaz R. Impact of the maturing varicella vaccination program on varicella and related outcomes in the United States: 19942012. J Pediatric Infect Dis Soc 2015;piv044 Epub August 12, 2016. <http://dx.doi.org/10.1093/jpids/piv044>
  • Leung J, Bialek SR, Marin M. Trends in varicella mortality in the United States: Data from vital statistics and the national surveillance system. Hum Vaccin Immunother 2015;11:662–8. <http://dx.doi.org/10.1080/21645515.2015.1008880>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ