一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)淋疾症例の増加 ― ユタ州、2009~2014年

MMWR抄訳

rss

2016/09/02Vol. 65 / No. 34

MMWR65(34):889-893
Increased Gonorrhea Cases — Utah, 2009–2014

淋疾症例の増加 ― ユタ州、2009~2014年

淋疾はNeisseria gonorrhoeaeによる感染症であり、アメリカでは2番目に多い法定伝染病である。未治療の場合、骨盤内炎症性疾患、子宮外妊娠、不妊症などの重篤な長期的有害作用を誘発し、また、HIV感染を促進する。Utah Department of Health20092014年のUtah National Electronic Disease Surveillance Systemデータからユタ州における淋疾の傾向について分析した。20092011年、ユタ州における淋疾の発症率は人口10万人あたり12.3から9.7に減少し、その後、2012:16.5、201332.8、201448.9と増加している。20112014年における発症率は女性に比べ男性にて高く(男性14.9~59.2、女性4.7~38.5)、増加率は女性の方が高かった(男性297%、女性715%)20092014年における年齢別発症率は2024歳、2529歳にて高いが、この2つの年齢層を合わせた場合(2029)、全体に占める割合は200957.7%(197/341)から201449.4%(713/1,442)に減少していた。また、人種別では非ヒスパニック系黒人における発症率がもっとも高いが、症例数はユタ州の人口の80%を占める非ヒスパニック系白人がもっとも多かった。地域の保健局による症例調査は、毎年、7586%の症例を対象に実施され、約96%の症例が淋疾の治療を受けていた。また、男性同性愛者(MSM)は症例全体の66.8(2009)から41.7(2014)に減少し、2014年、非ヒスパニック系白人男性では約51%、ヒスパニック系は26%、非ヒスパニック系黒人では19%がMSMであり、人種/民族間の相違を認めた。以上、ユタ州では淋疾患者が増加しているがMSMは減少していることから、その原因として新しい性的ネットワークの存在が示唆された。

References

  • CDC. 2014 Sexually transmitted diseases surveillance: gonorrhea. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Service, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/std/stats14/gonorrhea.htm>
  • Fleming DT, Wasserheit JN. From epidemiological synergy to public health policy and practice: the contribution of other sexually transmitted diseases to sexual transmission of HIV infection. Sex Transm Infect 1999;75:317. <http://dx.doi.org/10.1136/sti.75.1.3>
  • Walker CK, Sweet RL. Gonorrhea infection in women: prevalence, effects, screening, and management. Int J Womens Health 2011;3:197206.
  • Lechtenberg RJ, Samuel MC, Bernstein KT, Lahiff M, Olson N, Bauer HM. Variation in adherence to the treatment guidelines for Neisseria gonorrhoeae by clinical practice setting, California, 2009 to 2011. Sex Transm Dis 2014;41:33844. <http://dx.doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000113>
  • CDC. Guidance on the use of expedited partner therapy in the treatment of gonorrhea. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/std/ept/gc-guidance.htm>
  • CDC. Legal status of expedited partner therapy (EPT). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/std/ept/legal/>
  • Ahmad FA, Jeffe DB, Plax K, et al. Computerized self-interviews improve Chlamydia and gonorrhea testing among youth in the emergency department. Ann Emerg Med 2014;64:37684. <http://dx.doi.org/10.1016/j.annemergmed.2014.01.031>
  • Gaydos CA, Barnes M, Jett-Goheen M, et al. Characteristics and predictors of women who obtain rescreening for sexually transmitted infections using the www.iwantthekit.org screening programme. Int J STD AIDS 2013;24:736–44.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ