一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)分割投与の不活化ポリオウイルスワクチン予防接種キャ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/08/26Vol. 65 / No. 33

MMWR65(33): 859-863
Fractional-Dose Inactivated Poliovirus Vaccine Immunization Campaign — Telangana State, India, June 2016

分割投与の不活化ポリオウイルスワクチン予防接種キャンペーン ― テランガーナ州、インド、2016年6月

野生型ポリオウイルス2型は、20159月に根絶が宣言された。20164月に、インドではセービンポリオウイルス2型ワクチン撤退の世界的に同期している取り組みの一部として、三価の経口ポリオワクチン(OPV1型、2型、3型ポリオウイルス含有)から二価OPV(1型および2型ウイルス含有)へ切り換えた。同時にインドではポリオウイルス2型の伝播における麻痺症例数を軽減する免疫ベースを維持するために、不活化ポリオウイルスワクチン(IPV)を定期予防接種に導入した。一方、2型セービンワクチンの中止後の201667日に、対応するOPVから10個のヌクレオチド変化を伴うワクチン由来ポリオウイルス2(VDPV2)が、テランガーナ州のハイデラバードおよびランガ・レッディ地区の一部の下水が流れ込むアンバーペットの下水処理施設から2016516日に採取した検体から検出された。ハイデラバードおよびランガ・レッディ地区において、先行する6カ月間に、ポリオウイルスによる急性弛緩性麻痺(AFP)の症例は認めなかった。VDPV2分離株の同定に対応して、インドは分割投与(0.1mL)IPV(fIPV)皮内接種による集団予防接種キャンペーンを実施した。世界的なIPV供給不足のため、通常の筋肉内投与の1/5量を皮内投与するfIPVVDPV2のための反応戦略として推奨されており、臨床試験ではfIPVが高い免疫抗原性を示すことが証明されている。6日間のキャンペーン期間に、生後6週間から3歳の小児311,064名がワクチン接種を受け、推定接種率は94%であった。適切な準備により、緊急のfIPV対応は迅速および順調に実施できた。今回のキャンペーンから得た教訓は、fIPVを使用した今後のアウトブレイクの対応を成功させるのに応用できる。

References

  • Adams A, Salisbury DM. Eradicating polio. Science 2015;350:609. <http://dx.doi.org/10.1126/science.aad7294>
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan 20132018. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2013. <http://www.polioeradication.org/resourcelibrary/ strategyandwork.aspx>
  • World Health Organization. Polio vaccines: WHO position paperMarch 2016. Wkly Epidemiol Rec 2016;12:14568.
  • Global Polio Eradication Initiative. Responding to a poliovirus event and outbreak. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2016. <www.polioeradication.org/Portals/0/Document/Resources/PolioEradicators/1a.PolioOutbreakGuideline201604part2.pdf>
  • World Health Organization; SAGE Polio Working Group. Notes from SAGE Polio Working Group Meeting, March 3, 2016. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016.
  • Estívariz CF, Jafari H, Sutter RW, et al. Immunogenicity of supplemental doses of poliovirus vaccine for children aged 69 months in Moradabad, India: a community-based, randomised controlled trial. Lancet Infect Dis 2012;12:12835. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(11)70190-6>
  • Resik S, Tejeda A, Mach O, et al. Immune responses after fractional doses of inactivated poliovirus vaccine using newly developed intradermal jet injectors: a randomized controlled trial in Cuba. Vaccine 2015;33:30713. <http://dx.doi.org/10.1016/j.vaccine.2014.11.025>
  • World Health Organization; United Nations Children’s Emergency Fund. Application of WHO multi-dose vial policy for inactivated polio vaccine. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <http://www.who.int/immunization/diseases/poliomyelitis/inactivated_polio_vaccine/MDVP_Nov2014.pdf>
  • Global Polio Eradication Initiative. Introduction of inactivated poliovirus vaccine in routine immunizations. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2014.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ