一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)フェンタニル関連の中毒による死亡の増加 ― フロリ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/08/26Vol. 65 / No. 33

MMWR65(33):844-849
Increases in Fentanyl-Related Overdose Deaths — Florida and Ohio, 2013–2015

フェンタニル関連の中毒による死亡の増加 ― フロリダ州およびオハイオ州、2013~2015年

2015年、アメリカ麻薬取締局(DEA)およびCDCはそれぞれ違法に製造されたフェンタニルを健康と安全の脅威とする全国警報を発出した。DEANational Forensic Laboratory Information System (NFLIS)は、連邦、州、地方レベルで法医学施設における薬物検出情報を収集している。NFLISによれば、2014年、フロリダ州およびオハイオ州を含む10州におけるフェンタニル摘発件数は全体の80%を占めた。フロリダ大学およびオハイオ州公衆衛生局はCDCと共同し、20132015年におけるフェンタニル関連中毒死の増加について検証した。20132014年、フロリダ州におけるフェンタニル摘発件数は33件から196件へ494%増加、オハイオ州にて109件から1,246件へ1.043%増加した。同時期のフェンタニル中毒死者数はフロリダ州において185例から397例へ115%増加、オハイオ州にて84例から526例へ526%増加した。一方、同時期のフェンタニル処方率はフロリダ州にて5%の増加に留まり、オハイオ州にては7%減少していた。201012年から201314年にかけて、フロリダ州のフェンタニル中毒死における他の違法薬物検出率はコカインが17%から33%、ヘロインが0%から19%へ上昇し、その傾向は2015年上半期まで継続した。2014年、オハイオ州における高蔓延14郡にて、フェンタニル中毒死の56%がヘロインまたはコカイン陽性であった。82%は救急外来にて対応、41%は現場で麻薬拮抗剤ナロキソンの投与を受けていた。その他の特徴として、最近診断された精神疾患(25)30日以内に刑務所、病院または治療施設からの出所(10.3)が認められた。フロリダ州およびオハイオ州におけるフェンタニル中毒死の急激な増加から、ナロキソンの使用拡大の必要性が示唆された。特にコミュニティ住民がナロキソンを使用しやすくすることで急速死を防ぐことが可能となる。また、NFLISなどの薬物検出システムは、違法薬物の供給の変化により中毒死が増加した場合の早期警報システムとして利用可能であることが示唆された。

References

  • Drug Enforcement Administration. DEA issues nationwide alert on fentanyl as threat to health and public safety. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2015. <https://www.dea.gov/divisions/hq/2015/hq031815.shtml>
  • CDC. CDC health advisory: increases in fentanyl drug confiscations and fentanyl-related overdose fatalities. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://emergency.cdc.gov/han/han00384.asp>
  • Gladden RM, Martinez P, Seth P. Fentanyl law enforcement submissions and increases in synthetic opioidinvolved overdose deaths27 states, 20132014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:83743.
  • Drug Enforcement Administration. DEA intelligence report: national heroin threat assessment summaryupdated. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2016. <https://www.dea.gov/divisions/hq/2016/hq062716_attach.pdf>
  • Harruff RC, Couper FJ, Banta-Green CJ. Tracking the opioid drug overdose epidemic in King County, Washington using an improved methodology for certifying heroin-related deaths. Academy Forensic Pathology 2015;5:499506.
  • Paulozzi LJ, Jones CM, Mack KA, Rudd RA. Vital signs: overdoses of prescription opioid pain relieversUnited States, 19992008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:148792.
  • Jones CM, Logan J, Gladden RM, Bohm MK. Vital signs: demographic and substance use trends among heroin usersUnited States, 20022013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:71925.
  • Peng PW, Sandler AN. A review of the use of fentanyl analgesia in the management of acute pain in adults. Anesthesiology 1999;90:57699. <http://dx.doi.org/10.1097/00000542-199902000-00034>
  • Merrall EL, Kariminia A, Binswanger IA, et al. Meta-analysis of drug-related deaths soon after release from prison. Addiction 2010;105:154554. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1360-0443.2010.02990.x>
  • Hawk KF, Vaca FE, D’Onofrio G. Reducing fatal opioid overdose: prevention, treatment and harm reduction strategies. Yale J Biol Med 2015;88:235–45.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ