一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)法執行機関によるフェンタニル摘発件数および合成オピ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/08/26Vol. 65 / No. 33

MMWR65(33):837-843
Fentanyl Law Enforcement Submissions and Increases in Synthetic Opioid–Involved Overdose Deaths — 27 States, 2013–2014

法執行機関によるフェンタニル摘発件数および合成オピオイド関連中毒死の増加 ― 27州、2013~2014年

2015年3月および10月、アメリカ麻薬取締局およびCDCはそれぞれ違法に製造されたフェンタニル(IMF)を健康と安全の脅威とする全国警報を発出した。フェンタニルはモルヒネの50100倍の効果を有する合成オピオイドであり、通常、ヘロインに混入またはヘロインとして違法薬物市場で流通している。2013年以降、非合法組織によるフェンタニルの製造と流通は世界的に増大している。アメリカにおけるフェンタニル摘発件数は2013年の1,015件から2014年には5,343件へ426%増加し、メタドンを除く合成オピオイドによる死亡件数は2013年の3,105件から2014年には5,544件へ79%増加した。27州におけるフェンタニルの処方件数はほぼ一定であり、フェンタニル摘発件数と合成オピオイド中毒死の増加率は強く相関した。北東部地域(マサチューセッツ州、メイン州、ニューハンプシャー州)、中西部地域(オハイオ州)、南部地域(フロリダ州、ケンタッキー州、メリーランド州、ノースカロライナ州)の高蔓延州8州において、合成オピオイドによる死亡率は人口10万人あたり1.3から3.6174%上昇し、フェンタニル摘発率は人口10万人あたり0.5から5.51,000%上昇した。8州のうち6州が公開しているデータを合わせると、2013年に392件だったフェンタニルによる死亡件数は2014年に1,400件に、合成オピオイドによる死亡件数は589件から1,555件に増加し、IMFの蔓延が合成オピオイドによる死者数の増加を招いていることが示された。高蔓延州の全ての人口動態グループにおいて合成オピオイドによる死亡率の上昇が見られ、そのうち200%以上の上昇があったグループは、男性(227)1524(347)2534(248)3544(230)、ヒスパニック系(290)、大都市周辺地域の居住者(230)であった。IMFの蔓延に対し、公衆衛生当局と法執行機関は共同して緊急に対応する必要がある。

References

  • Drug Enforcement Administration. DEA issues nationwide alert on fentanyl as threat to health and public safety. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2015. <http://www.dea.gov/divisions/hq/2015/hq031815.shtml>
  • CDC. CDC Health Advisory: Increases in fentanyl drug confiscations and fentanyl-related overdose fatalities. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://emergency.cdc.gov/han/han00384.asp>
  • Drug Enforcement Administration Counterfeit prescription pills containing fentanyls: a global threat. DEA intelligence brief. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2016. <https://www.dea.gov/docs/Counterfeit%20Prescription%20Pills.pdf>
  • Drug Enforcement Administration National heroin threat assessment summaryupdated. DEA intelligence report. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2016. <https://www.dea.gov/divisions/hq/2016/hq062716_attach.pdf>
  • Peterson AB, Gladden RM, Delcher C, et al. Increases in fentanyl-related overdose deathsFlorida and Ohio, 20132015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:844-9.
  • CDC. Reported law enforcement encounters testing positive for fentanyl increase across US. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/drugoverdose/data/fentanyl-le-reports.html>
  • National Center for Health Statistics. Percent of drug poisoning deaths that mention the type of drug(s) involved, by state: 20132014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2014. <http://www.cdc.gov/nchs/data/health_policy/unspecified_drugs_by_state_2013-2014.pdf>
  • Peng PW, Sandler AN. A review of the use of fentanyl analgesia in the management of acute pain in adults. Anesthesiology 1999;90:57699. <http://dx.doi.org/10.1097/00000542-199902000-00034>
  • Hedegaard H, Chen LH, Warner M. Drug-poisoning deaths involving heroin: United States, 20002013. NCHS Data Brief 2015;190:18.
  • US Department of Health and Human Services. Opioid abuse in the U.S. and HHS actions to address opioid-drug related overdoses and deaths. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Assistant Secretary for Planning and Evaluation; 2015. <http://aspe.hhs.gov/sites/default/files/pdf/107956/ib_OpioidInitiative.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ