一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)予期しない妊娠リスクがある非妊娠および分娩後の女性・・・

MMWR抄訳

rss

2016/08/05Vol. 65 / No. 30

MMWR65(30):780-787
Contraceptive Use Among Nonpregnant and Postpartum Women at Risk for Unintended Pregnancy, and Female High School Students, in the Context of Zika Preparedness — United States, 2011–2013 and 2015

予期しない妊娠リスクがある非妊娠および分娩後の女性、ならびにハイスクール女子学生におけるジカウイルスへの備えを兼ねた避妊具の使用 ― アメリカ、2011~2013年と2015年

アメリカでは2015年以降、ジカウイルスが蔓延しており、妊娠中のジカウイルス感染は先天性小頭症および脳異常を来す。ジカウイルス感染症はネッタイシマカまたはヒトスジシマカを介して拡散し、また、感染者との性交渉、妊娠した女性から胎児へ感染する。今回、CDCは州ベースの4種類のサーベイランスデータから、2011~2013年および2015年における予期しない妊娠リスクにある女性における避妊具の使用について分析した。2011~2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータでは、国内17州の妊娠リスクにある18~44歳の女性のうち、調査前最終の性交にて効果の高い避妊法である長期間作用型の可逆的避妊法(LARC)を使用した女性の割合は5.5%(アリゾナ州)~18.9(ユタ州)であり、避妊具を使用しなかった女性の割合は12.3%(バーモント州)~34.3%(テネシー州)であった。また、避妊効果が低いまたは中等度の避妊具の利用は高齢の女性にて少なく、また、白人に比較してヒスパニック系の女性にて多かった。2013年のPregnancy Risk Assessment Monitoring SystemおよびMaternal and Infant Health Assessmentデータでは、予期しない妊娠リスクのある15~44歳の女性にて、産後にLARCを利用した人の割合は6.9%(ニュージャージー州)~30.5%(ユタ州)であり、避妊具を使用しなかった女性の割合は3.5%(バーモント州)~15.3%(ハワイ州)であった。LARCの利用は15~19歳にて多く、また、黒人に比べ白人およびヒスパニック系にて多く、高齢の女性ではLARCおよび効果が中等度の避妊具の利用は少なかった。医療保険未加入の女性のLARC利用率は5.3%(ニュージャージー州)~34.2%(ユタ州)であった。さらに2015年のYouth Risk Behavior Surveyデータでは、国内28州において性交渉のあるgrade9~12の女子学生におけるLARC利用率は2%未満(ノースカロライナ州およびペンシルベニア州)~8.4%(バーモント州)であり、避妊具を使用しなかった女性の割合は7.3%(バーモント州)~22.8%(アーカンソー州)であった。また、効果の低い避妊具の使用率は36.3%(バーモント州)~59.9%(フロリダ州)であった。妊娠可能年齢女性の予期しない妊娠を抑制するため、避妊効果の高い避妊具の使用を推進していく必要性が示唆された。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Brasil P, Pereira JP Jr, Raja Gabaglia C, et al. Zika virus infection in pregnant women in Rio de Janeiro—preliminary report. N Engl J Med 2016. Epub March 4, 2016. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1602412>
  • CDC. Estimated range of Aedes albopictus and Aedes aegypti in the United States, 2016. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/zika/pdfs/zika-mosquito-maps.pdf>
  • Trussell J. Contraceptive failure in the United States. Contraception 2011;83:397–404. <http://dx.doi.org/10.1016/j.contraception.2011.01.021>
  • CDC. Zika virus. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/zika/index.html>
  • Finer LB, Zolna MR. Declines in unintended pregnancy in the United States, 2008–2011. N Engl J Med 2016;374:843–52. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsa1506575>
  • Kost K. Unintended pregnancy rates at the state level: estimates for 2010 and trends since 2002. New York, NY: Guttmacher Institute; 2015. <https://www.guttmacher.org/sites/default/files/pdfs/pubs/StateUP2010.pdf>
  • Curtis KM, Tepper NK, Jatlaoui TC, et al. U.S. medical eligibility criteria for contraceptive use, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-3).
  • Daniels K, Daugherty J, Jones J, Mosher W. Current contraceptive use and variation by selected characteristics among women aged 15–44: United States, 2011–2013. Natl Health Stat Report 2015;10:1–14.
  • Parks C, Peipert JF. Eliminating health disparities in unintended pregnancy with long-acting reversible contraception (LARC). Am J Obstet Gynecol 2016;214:681–8. <http://dx.doi.org/10.1016/j.ajog.2016.02.017>
  • Frost JJ, Zolna MR. Contraceptive needs and services, 2013 update. New York, NY: Guttmacher Institute, 2015, <https://www.guttmacher.org/pubs/win/contraceptive-needs-2013.pdf>
  • Bearak JM, Finer LB, Jerman J, Kavanaugh ML. Changes in out-of-pocket costs for hormonal IUDs after implementation of the Affordable Care Act: an analysis of insurance benefit inquiries. Contraception 2016;93:139–44. <http://dx.doi.org/10.1016/j.contraception.2015.08.018>
  • Fox J, Barfield W. Decreasing unintended pregnancy: opportunities created by the Affordable Care Act. JAMA 2016. Epub July 25, 2016. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.2016.8800>
  • Kumar N, Brown JD. Access barriers to long acting reversible contraceptives for adolescents. J Adolesc Health 2016. Epub May 28, 2016. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jadohealth.2016.03.039>
  • CDC. Draft interim CDC Zika response plan (CONUS and Hawaii): initial response to Zika virus. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/zika/pdfs/zika-draft-interim-conus-plan.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ