一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ワクチン由来のポリオウイルスに関する最新情報 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/08/05Vol. 65 / No. 30

MMWR65(30):763-769
Update on Vaccine-Derived Polioviruses — Worldwide, January 2015–May 2016

ワクチン由来のポリオウイルスに関する最新情報 ― 全世界、2015年1月~2016年5月

経口ポリオワクチン(OPV)由来のポリオウイルス(VDPV)に関する最新情報について報告する。2015年1月~2016年5月、循環型VDPV(cVDPV)が検出された国は7カ国[ギニア、ラオス、マダガスカル、ビルマ(ミャンマー)、ナイジェリア、パキスタン、ウクライナ]であり、アウトブレイクは5件[ウクライナ(cVDPV1:2例)、ビルマ(cVDPV2:2例)、ギニア(cVDPV2:2例)、ラオス(cVDPV1:11例)、マダガスカル(cVDPV1:10例)]の発生が報告されている。2006年1月~2016年5月において、全世界ではcVDPV症例が721例認められ、681例(94%)はcVDPV2、31例(4%)はcVDPV1 による症例であったが、2015年1月~2016年5月は35例、うち23例(66%)がcVDPV1による症例であった。パキスタンおよびナイジェリアでのアウトブレイクの発生状況は非常に低いレベルであり、また、南スーダン、アフガニスタンにて発生していたアウトブレイクは収束している。原発性免疫不全症(PID)患者にて認められる免疫不全関連型VDPV(iVDPV)は2014年は8カ所にて検出されていたが、2015年1月~2016年5月にはアルジェリア、中国、エジプト、ナイジェリア、インド、イラン、イラク、オマーン、トルコ、イギリス、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区の21カ所に増加、この期間のiVDPVの血清型はすべて2型であった。cVDPVと同様、OPV投入後のiVDPV血清型の分布は2型がもっとも多く(66%)、1型(14%)、3型(14%)、ヘテロタイプ混合型(6%)であった。また、感染源が不明なVDPV(aVDPV)はこの期間、19カ国(アルジェリア、チャド、中国、コンゴ共和国、エジプト、インド、イラク、ケニア、マダガスカル、オランダ、ニジェール、ナイジェリア、パキスタン、ロシア、南スーダン、セネガル、シリア、トルコ)にて検出され、もっとも変異したaVDPV(3.9% VP1変異)はマダガスカルの急性弛緩性麻痺の症例から分離されている。

References

  • Morales M, Tangermann RH, Wassilak SG. Progress toward polio eradication—worldwide, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:470–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6518a4>
  • Sutter RW, Kew OM, Cochi SL, Aylward RB. Poliovirus vaccine—live. In: Plotkin SA, Orenstein WA, Offit PA, eds. Vaccines. 6th ed. London, UK: W.B. Saunders; 2013:598–645.
  • Burns CC, Diop OM, Sutter RW, Kew OM. Vaccine-derived polioviruses. J Infect Dis 2014;210(Suppl 1):S283–93. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/jiu295>
  • Diop OM, Burns CC, Sutter RW, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2014–March 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:640–6.
  • Morales M, Nnadi CD, Tangermann RH, Wassilak SG. Notes from the field: circulating vaccine-derived poliovirus outbreaks—five countries, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:128–9. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505a5>
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan (2013–2018). Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2013. <http://www.polioeradication.org/portals/0/document/resources/strategywork/endgamestratplan_20130414_eng.pdf>
  • Kilpatrick DR, Ching K, Iber J, et al. Identification of vaccine-derived polioviruses using dual-stage real-time RT-PCR. J Virol Methods 2014;197:25–8. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jviromet.2013.11.017>
  • Burns CC, Shaw J, Jorba J, et al. Multiple independent emergences of type 2 vaccine-derived polioviruses during a large outbreak in northern Nigeria. J Virol 2013;87:4907–22. <http://dx.doi.org/10.1128/JVI.02954-12>
  • Diop OM, Burns CC, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, July 2012–December 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:242–8.
  • Etsano A, Damisa E, Shuaib F, et al. Environmental isolation of circulating vaccine-derived poliovirus after interruption of wild poliovirus transmission—Nigeria, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:770–3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ