一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)最新情報:ジカウイルスに曝露した可能性のある妊婦を・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/29Vol. 65 / No. 29

MMWR65(29):739-744
Update: Interim Guidance for Health Care Providers Caring for Pregnant Women with Possible Zika Virus Exposure — United States, July 2016

最新情報:ジカウイルスに曝露した可能性のある妊婦を治療する医療従事者のための暫定ガイダンス ― アメリカ、2016年7月

2016年7月14日現在、アメリカ50州とワシントンDCでは400例、アメリカの海外領土では378例の女性が妊娠時の検査にてジカウイルス感染が確診および可能性があると診断された。最近の報告では、妊婦においてジカウイルスRNAが以前に報告されたよりも長期間(症状発生後最大10週)にわたり検出され、さらにジカウイルス疾患の症状のない妊婦にて血清または尿中にジカウイルスRNAが検出されることが報告された。また、予備的データから、プラーク減少中和試験ではジカウイルスとその他のフラビウイルス感染が鑑別できないことが示唆された。これらの状況から、CDCはジカウイルスに曝露した可能性がある妊婦を治療するアメリカの医療従事者のための暫定ガイダンスを改訂した。改訂したガイドラインでは血清のリアルタイムRT-PCR(rRT-PCR)検査のためのタイムフレームを拡大し、一部の無症候性妊婦のためのrRT-PCR検査を推奨している。ジカウイルスへの曝露の可能性には、ジカウイルス伝播が活発な地域への旅行または居住、その地域へ旅行または居住しているパートナーとの感染予防のための避妊具などを使用しない性交渉が含まれる。ジカウイルス疾患に合致する臨床症状を報告しているジカウイルスに曝露した可能性のある妊婦(症候性妊婦)に対する試験の勧告は、曝露の程度にかかわらず同じである。症状発生後2週間未満の症候性妊婦の診断では、血清および尿のrRT-PCR検査を受ける必要がある。症状発生後2~12週間の症候性妊婦の診断では最初にジカウイルスのイムノグロブリン(IgM)抗体試験を受け、IgM抗体試験が陽性または疑わしい場合は血清および尿のrRT-PCR検査を行う。無症候性妊婦に対して推奨される検査は、曝露した可能性のある環境により異なる。ジカウイルス伝播が活発でない地域に居住する無症候性妊婦で最近の曝露の可能性後2週間未満の診断では、最初にrRT-PCR検査を行い、もしrRT-PCR検査結果が陰性であれば、曝露後2~12週にジカウイルスIgM抗体検査を行う必要がある。ジカウイルス伝播が活発な地域に居住していない無症候性妊婦で最近の曝露の可能性後2~12週間の診断では、最初にジカウイルスIgM抗体検査を行い、IgM抗体検査結果が陽性または疑わしい場合に血清および尿のrRT-PCR検査を行う。現在ジカウイルスへの曝露のリスクがある無症候性妊婦では、妊娠初期および中期の日常的な産科ケアの一部としてジカウイルスIgM抗体検査の必要があり、検査結果が陽性または疑わしい場合は直ちにrRT-PCR検査を実施する。今回の改訂では、ジカウイルス感染が確認または疑われる妊婦に対する臨床管理に対する勧告も更新されている。最近のジカウイルス/フラビウイルス感染および感染が推定される妊婦では、胎児の成長を調査するために3~4週ごとの超音波検査を実施し、羊水穿刺は臨床的な環境に合わせて実施または検討する。出生した新生児に対しては臍帯血および新生児血液中のジカウイルス検査をrRT-PCR検査およびIgM抗体検査により行う。臍帯および胎盤のジカウイルスのrRT-PCR法および免疫組織化学染色による検出も推奨されている。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Meaney-Delman D, Rasmussen SA, Staples JE, et al. Zika virus and pregnancy: what obstetric health care providers need to know. Obstet Gynecol 2016;127:642–8. <http://dx.doi.org/10.1097/AOG.0000000000001378>
  • Simeone RM, Shapiro-Mendoza CK, Meaney-Delman D, et al.; Zika and Pregnancy Working Group. Possible Zika virus infection among pregnant women—United States and Territories, May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:514–9. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6520e1>
  • Bocanegra C, Sulleiro E, Soriano-Arandes A, et al. Zika virus infection in pregnant women in Barcelona, Spain. Clin Microbiol Infect. In press 2016.
  • Driggers RW, Ho CY, Korhonen EM, et al. Zika virus infection with prolonged maternal viremia and fetal brain abnormalities. N Engl J Med 2016;374:2142–51. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1601824>
  • Pacheco O, Beltrán M, Nelson CA, et al. Zika virus disease in Colombia—preliminary report. N Engl J Med 2016;NEJMoa1604037. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1604037>
  • Meaney-Delman D, Oduyebo T, Polen KND, et al. Prolonged detection of Zika virus RNA in pregnant women. Obstet Gynecol In press 2016.
  • Rabe IB, Staples JE, Villanueva J, et al. Interim guidance for interpretation of Zika virus antibody test results. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:543–6. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6521e1>
  • Oduyebo T, Petersen EE, Rasmussen SA, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:122–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e2>
  • Petersen EE, Staples JE, Meaney-Delman D, et al. Interim guidelines for pregnant women during a Zika virus outbreak—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:30–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6502e1>
  • Oster AM, Russell K, Stryker JE, et al. Update: interim guidance for prevention of sexual transmission of Zika virus—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:323–5. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e3>
  • CDC. CDC Recommendations for subsequent Zika IgM antibody testing. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://emergency.cdc.gov/han/han00392.asp>
  • Petersen EE, Polen KN, Meaney-Delman D, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:315–22. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e2>
  • Franca GV, Schuler-Faccini L, Oliveira WK, et al. Congenital Zika virus syndrome in Brazil: a case series of the first 1501 livebirths with complete investigation. Lancet 2016. Epub June 29, 2016. <http://www.thelancet.com/pdfs/journals/lancet/PIIS0140-6736(16)30902-3.pdf>
  • Meaney-Delman D, Hills SL, Williams C, et al. Zika Virus infection among U.S. pregnant travelers—August 2015–February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:211–4. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6508e1>
  • Fleming-Dutra KE, Nelson JM, Fischer M, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for infants and children with possible Zika virus infection—United States, February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:182–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6507e1>
  • Lo YM, Lo ES, Watson N, et al. Two-way cell traffic between mother and fetus: biologic and clinical implications. Blood 1996;88:4390–5.
  • Masuzaki H, Miura K, Miura S, et al. Labor increases maternal DNA contamination in cord blood. Clin Chem 2004;50:1709–11. <http://dx.doi.org/10.1373/clinchem.2004.036517>
  • Chhabra RS, Brion LP, Castro M, Freundlich L, Glaser JH. Comparison of maternal sera, cord blood, and neonatal sera for detecting presumptive congenital syphilis: relationship with maternal treatment. Pediatrics 1993;91:88–91.
  • Workowski KA, Bolan GA. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2015. MMWR Recomm Rep 2015;64(RR-03).
  • Martines RB, Bhatnagar J, de Oliveira Ramos AM, et al. Pathology of congenital Zika syndrome in Brazil: a case series. Lancet 2016. Epub June 29, 2016. <http://thelancet.com/pdfs/journals/lancet/PIIS0140-6736(16)30883-2.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ