一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)州および地域別による18歳以上の成人にて診断された・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/29Vol. 65 / No. 29

MMWR65(29):735-738
State and Regional Prevalence of Diagnosed Multiple Chronic Conditions Among Adults Aged ≥18 Years — United States, 2014

州および地域別による18歳以上の成人にて診断された複数の慢性疾患の有病率 ― アメリカ、2014年

複数の慢性疾患(MCC)の有病率および治療管理は公衆衛生上で重要であり、アメリカでは成人の約4分の1がMCCと診断されている。MCCは単一の疾患や従来の治療戦略よりも治療に大きな費用がかかるため、MCCの治療管理は患者および医師の両方の課題となっている。今回、2014年のNational Health Interview Surveyのデータを使用し、18歳以上の成人を対象に州および地域のMCCの有病率を年齢別および性別により比較した。また、MCCの定義は、関節炎、喘息、がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、冠動脈性心疾患、糖尿病、肝炎、高血圧、脳卒中、腎機能低下/腎不全の10疾患のうち2つ以上の診断された人とした。その結果、アメリカ全体の25.7%がMCCと診断されていた。州別でのMCC有病率は、10州にて[ケンタッキー州(38.2%)、アラバマ州(35.8%)、ウェストバージニア州(34.6%)、ミシシッピー州(34.2%)、モンタナ州(33.2%)、ニューメキシコ州(32.9%)、メイン州(30.9%)、ミシガン州(30.3%)、オハイオ州(29.6%)、ペンシルベニア州(29.6%)]にて全国平均より高く、6州[コロラド州(19.0%)、アラスカ州(19.6%)、カリフォルニア州(20.1%)、ワイオミング州(20.3%)、ミネソタ州(20.4%)、ニューヨーク州(21.3%) ]およびワシントンDC(19.2%)では全国平均より低かった。地域別のMCC有病率の推定値は、南中部東地区(34.5%)と北中部東地区(34.5%)で全国平均値より高く、太平洋諸州地区(21.4%)、北中部西地区(21.4%)、中部大西洋岸で低かった。女性は男性と比べ、全国(27.2% vs 24.1%)、山岳諸州地区(28.1% vs 21.5%)、北中部西地区(25.3% vs 21.2%), 北中部東地区(31.4% vs 25.3%)、ニューイングランド地区(29.0% vs 23.6%)地域にてMCC有病率が高かった。年齢別では、全国では18~44歳(7.3%)が最も低く、次いで45~64歳(32.1%)、65歳以上(61.6%) が最も高く、このパターンはすべての地域において同様であった。MCC有病率の地域格差は、州レベルの監視プログラムおよびMCC予防活動のためのサービス提供または資源配分の対象となるグループの情報を提供していると考えられる。

References

  • US Department of Health and Human Services. Multiple chronic conditions—a strategic framework. Optimum health and quality of life for individuals with multiple chronic conditions. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. <http://www.hhs.gov/sites/default/files/ash/initiatives/mcc/mcc_framework.pdf>
  • Ward BW, Schiller JS, Goodman RA. Multiple chronic conditions among US adults: a 2012 update. Prev Chronic Dis 2014;11:E62. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd11.130389>
  • Lehnert T, Heider D, Leicht H, et al. Review: health care utilization and costs of elderly persons with multiple chronic conditions. Med Care Res Rev 2011;68:387–420. <http://dx.doi.org/10.1177/1077558711399580>
  • Vogeli C, Shields AE, Lee TA, et al. Multiple chronic conditions: prevalence, health consequences, and implications for quality, care management, and costs. J Gen Intern Med 2007;22(Suppl 3):391–5. <http://dx.doi.org/10.1007/s11606-007-0322-1>
  • Lochner KA, Goodman RA, Posner S, Parekh A. Multiple chronic conditions among Medicare beneficiaries: state-level variations in prevalence, utilization, and cost, 2011. Medicare Medicaid Res Rev 2013;3:E1–19. <http://dx.doi.org/10.5600/mmrr.003.03.b02>
  • Posner SF, Goodman RA. Multimorbidity at the local level: implications and research directions. Mayo Clin Proc 2014;89:1321–3. <http://dx.doi.org/10.1016/j.mayocp.2014.08.007>
  • Goodman RA, Posner SF, Huang ES, Parekh AK, Koh HK. Defining and measuring chronic conditions: imperatives for research, policy, program, and practice. Prev Chronic Dis 2013;10:E66. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd10.120239>
  • Cohen RA, Makuc DM. State, regional, and national estimates of health insurance coverage for people under 65 years of age: National Health Interview Survey, 2004–2006. Natl Health Stat Report 2008;1:1–23.
  • Borhani NO. Changes and geographic distribution of mortality from cerebrovascular disease. Am J Public Health Nations Health 1965;55:673–81. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.55.5.673>
  • Barker LE, Kirtland KA, Gregg EW, Geiss LS, Thompson TJ. Geographic distribution of diagnosed diabetes in the U.S.: a diabetes belt. Am J Prev Med 2011;40:434–9. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2010.12.019>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ