一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)段階的運転免許取得システムにおける夜間運転制限と1・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/29Vol. 65 / No. 29

MMWR65(29):725-730
Graduated Driver Licensing Night Driving Restrictions and Drivers Aged 16 or 17 Years Involved in Fatal Night Crashes — United States, 2009–2014

段階的運転免許取得システムにおける夜間運転制限と16~17歳のドライバーの夜間の交通死亡事故 ― アメリカ、2009~2014年

夜間の自動車運転は致死的な事故を起こすリスクが高く、若く経験の浅いドライバーにとっては特に危険である。10代の初心者ドライバーの事故リスクを低減するため、49州およびワシントンDCは段階的運転免許取得システムに夜間の運転制限(NDR)を含めている。NDRは10代の新規運転免許取得者における事故低減に寄与しており、特に制限開始時刻を夜10:00またはそれより早い時間にした場合に効果が高いことが示されているが、23州およびワシントンDCにおけるNDRの開始時刻は深夜12:00以降となっている。CDCはFatality Analysis Reporting Systemのデータから、2009~2014年に夜間(夜9:00~朝5:59)の交通死亡事故における16~17歳のドライバーの割合について解析した。その期間に全国で交通死亡事故を起こした16~17歳のドライバーは6,104名であり、そのうち1,865名(31%)は夜間に事故を起こしていた。1,865名のうち、事故の発生時刻が深夜12:00前であったものは1,054名(57%)であった。40州における州別の解析では、死亡事故を起こした16~17歳のドライバーのうち事故が夜間であった割合は、ケンタッキー州の19%からニューハンプシャー州の44%と幅があった(中央値31%)。そのうち、事故の発生時刻が深夜12:00前であった割合は、ワシントン州の35%からインディアナ州の78%と幅があった(中央値56%)。National Highway Travel Surveyにおける2009年のデータでは、16~17歳のドライバーによる総運転回数は推定で34億回であり、93%が深夜12:00前に運転を終了していた。このことから、深夜12:00以降に運転制限を開始するNDRは事故の予防効果が低く、NDR開始時刻の改訂が必要と考えられる。

References

  • McCartt AT, Teoh ER. Tracking progress in teenage driver crash risk in the United States since the advent of graduated driver licensing programs. J Safety Res 2015;53:1–9. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jsr.2015.01.001>
  • Masten SV, Foss RD, Marshall SW. Graduated driver licensing program component calibrations and their association with fatal crash involvement. Accid Anal Prev 2013;57:105–13. <http://dx.doi.org/10.1016/j.aap.2013.04.013>
  • McCartt AT, Teoh ER, Fields M, Braitman KA, Hellinga LA. Graduated licensing laws and fatal crashes of teenage drivers: a national study. Traffic Inj Prev 2010;11:240–8. <http://dx.doi.org/10.1080/15389580903578854>
  • Carpenter D, Pressley JC. Graduated driver license nighttime compliance in U.S. teen drivers involved in fatal motor vehicle crashes. Accid Anal Prev 2013;56:110–7. <http://dx.doi.org/10.1016/j.aap.2011.12.014>
  • Williams AF, West BA, Shults RA. Fatal crashes of 16- to 17-year-old drivers involving alcohol, nighttime driving, and passengers. Traffic Inj Prev 2012;13:1–6. <http://dx.doi.org/10.1080/15389588.2011.633235>
  • Rice TM, Peek-Asa C, Kraus JF. Nighttime driving, passenger transport, and injury crash rates of young drivers. Inj Prev 2003;9:245–50. <http://dx.doi.org/10.1136/ip.9.3.245>
  • National Highway Traffic Safety Administration. Countermeasures that work: a highway safety countermeasure guide for state highway safety offices. 8th ed. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2016. <www.nhtsa.gov/staticfiles/nti/pdf/812202-CountermeasuresThatWork8th.pdf>
  • Mayhew DR, Williams AF, Pashley C. A new GDL framework: evidence base to integrate novice driver strategies. Ottawa, Canada: Traffic Injury Research Foundation; 2014. <http://www.nsc.org/TeenDrivingDocuments/NSC_GDL_Report%20_6.pdf>
  • Insurance Institute for Highway Safety. GDL crash reduction calculator. Arlington, VA: Insurance Institute for Highway Safety; 2016. <http://www.iihs.org/iihs/topics/laws/gdl_calculator>
  • CDC. 2016. Prevention status Reports 2015: motor vehicle injuries. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/psr/index.html>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ