一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)出産可能年齢女性におけるC型肝炎ウイルス(HCV)・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/22Vol. 65 / No. 28

MMWR65(28):705-710
Increased Hepatitis C Virus (HCV) Detection in Women of Childbearing Age and Potential Risk for Vertical Transmission — United States and Kentucky, 2011–2014

出産可能年齢女性におけるC型肝炎ウイルス(HCV)検出の増加と垂直感染の潜在的なリスク ― アメリカおよびケンタッキー州、2011~2014年

C型肝炎ウイルス(HCV)の母子垂直感染率は、HCVのみに感染した母親から生まれた乳児で5.8%、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染例またはHCV量の多い母親の場合はその2倍高くなる。アメリカでは30歳以下のHCV感染率が男女とも高くなっており、HCVに感染した妊婦の増加から出生時にHCVに曝露する乳児の増加が懸念されている。今回、Quest Diagnosticsの検査値データから、2011~2014年の全国における出産可能年齢女性と2歳以下の幼児におけるHCV検出率(HCV抗体検査またはRNA検査)について調査した。また、この期間に急性HCV感染症の発症率が最も高かったケンタッキー州についても同様に調査した。2011年から2014年の間に、全国での出産可能年齢女性におけるHCV検出率は10万人あたり139から169へ22%増加し、2歳以下の幼児のHCV検査率は10万人あたり310から353へ14%増加した。またこの期間に、全国のHCV感染女性から生まれた乳児の割合は1/536(0.19%)から1/308(0.32%)へ68%増加した。HCV検出率がもっとも高いケンタッキー州では、出産可能年齢女性における検出率は10万人あたり275から862へ213%増加し、2歳以下の幼児のHCV検査率はは10万人あたり403から1,011と151%増加した。さらにHCV感染女性から生まれた乳児の割合は1/142(0.71%)から1/63(1.59%)へ124%増加した。Kentucky Department for Public Healthは、この期間にHCV抗体陽性の妊婦777例を確認しており、その内訳は20~29歳が527例(68%)、30~39歳が218例(28%)であり、人種別では653例(84%)が非スパニッシュ系白人であり、293例(38%)は静注ドラッグの使用者または使用歴のある女性であった。今後、妊婦のHCV検査の増加、HCV感染女性から生まれた乳児の検査ガイドラインおよび出生時HCV感染例の確定基準の確立が急がれる。

References

  • Smith BD, Morgan RL, Beckett GA, et al. Recommendations for the identification of chronic hepatitis C virus infection among persons born during 1945–1965. MMWR Recomm Rep 2012;61(No. RR-4).
  • Benova L, Mohamoud YA, Calvert C, Abu-Raddad LJ. Vertical transmission of hepatitis C virus: systematic review and meta-analysis. Clin Infect Dis 2014;59:765–73. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciu447>
  • Kanninen TT, Dieterich D, Asciutti S. HCV vertical transmission in pregnancy: new horizons in the era of DAAs. Hepatology 2015;62:1656–8. <http://dx.doi.org/10.1002/hep.28032>
  • Dunkelberg JC, Berkley EM, Thiel KW, Leslie KK. Hepatitis B and C in pregnancy: a review and recommendations for care. J Perinatol 2014;34:882–91. <http://dx.doi.org/10.1038/jp.2014.167>
  • Zibbell JE, Iqbal K, Patel RC, et al. Increases in hepatitis C virus infection related to injection drug use among persons aged ≤30 years—Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:453–8.
  • CDC. Surveillance for viral hepatitis—United States, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hepatitis/statistics/2014surveillance/index.htm>
  • CDC. Recommendations for prevention and control of hepatitis C virus (HCV) infection and HCV-related chronic disease. MMWR Recomm Rep 1998;47(No. RR-19).
  • National Center for Health Statistics. Guide to completing the facility worksheets for the certificate of live birth and report of fetal death (2003 revision). Hyattsville, MD: National Center for Health Statistics; 2016. <http://www.cdc.gov/nchs/data/dvs/guidetocompletefacilitywks.pdf>
  • Kuncio DE, Newbern EC, Johnson CC, Viner KM. Failure to test and identify perinatally infected children born to hepatitis C virus-infected women. Clin Infect Dis 2016;62:980–5. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciw026>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ