一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)合成カンナビノイドによる急性中毒 ― 毒性学研究コ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/15Vol. 65 / No. 27

MMWR65(27):692-695
Acute Poisonings from Synthetic Cannabinoids — 50 U.S. Toxicology Investigators Consortium Registry Sites, 2010–2015

合成カンナビノイドによる急性中毒 ― 毒性学研究コンソーシアム登録50医療機関、2010~2015年

アメリカでは合成カンナビノイドによる急性中毒が急増している。合成カンナビノイドは大麻の主成分であるテトラヒドロカンナビノールと比べ、カンナビノイド受容体との親和性が2~100倍も高く、急性暴露は中程度~重度の神経精神系、心血管系、腎臓系、その他の疾患を引き起こし、慢性的な使用は精神障害の原因となる。2010年、American College of Medical Toxicologyは毒性物質に関連する調査と研究を目的にToxicology Investigators Consortium (ToxIC)を設立し、2015年11月現在、41市50機関が加盟し症例登録を行っている。2010年1月1日~2015年11月30日、101の医療機関における毒性物質への暴露症例は計42,138例に上り、そのうち456例がToxICの医療機関より登録された合成カンナビノイド中毒症例であった。456例のうち、322例(70.6%)は19~65歳、125例(27.4%)は13~18歳であり、379例(83.1%)が男性であった。277例は合成カンナビノイドを単体で使用し、主な中毒症状は興奮、中枢神経抑制、昏睡、せん妄などの神経症状であった。臨床的に中毒症状を呈した415例(91.0%)のうち、267例(58.6%)が中毒の治療を受けた。記録のある死亡例3例(1.2%)のうち、1例は合成カンナビノイドの単体使用、2例はそれぞれオキシコドン、合成カチノンおよびLSDとの併用使用であった。2010~2015年の間、全米4地域すべてにおいてToxIC登録症例における合成カンナビノイド症例の割合が上昇した。症例数が最も増加したのは北東部地域で、特にニューヨーク市において増加した。合成カンナビノイドの使用は死亡につながる場合もあり、対象を定めた予防的介入や教育が必要である。

References

  • Trecki J, Gerona RR, Schwartz MD. Synthetic cannabinoid-related illnesses and deaths. N Engl J Med 2015;373:103–7. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMp1505328>
  • Law R, Schier J, Martin C, Chang A, Wolkin A. Increase in reported adverse health effects related to synthetic cannabinoid use—United States, January–May 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:618–9.
  • US Drug Enforcement Administration Office of Diversion Control. Schedules of controlled substances: temporary placement of three synthetic cannabinoids into Schedule I. 21 C.F.R. Part 1308 (2015). <http://www.deadiversion.usdoj.gov/fed_regs/rules/2015/fr0130.htm>
  • Castaneto MS, Gorelick DA, Desrosiers NA, Hartman RL, Pirard S, Huestis MA. Synthetic cannabinoids: epidemiology, pharmacodynamics, and clinical implications. Drug Alcohol Depend 2014;144:12–41. <http://dx.doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2014.08.005>
  • Koller VJ, Ferk F, Al-Serori H, et al. Genotoxic properties of representatives of alkylindazoles and aminoalkyl-indoles which are consumed as synthetic cannabinoids. Food Chem Toxicol 2015;80:130–6. <http://dx.doi.org/10.1016/j.fct.2015.03.004>
  • van Amsterdam J, Brunt T, van den Brink W. The adverse health effects of synthetic cannabinoids with emphasis on psychosis-like effects. J Psychopharmacol 2015;29:254–63. <http://dx.doi.org/10.1177/0269881114565142>
  • Hermanns-Clausen M, Kneisel S, Szabo B, Auwärter V. Acute toxicity due to the confirmed consumption of synthetic cannabinoids: clinical and laboratory findings. Addiction 2013;108:534–44. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1360-0443.2012.04078.x>
  • Hurst D, Loeffler G, McLay R. Psychosis associated with synthetic cannabinoid agonists: a case series. Am J Psychiatry 2011;168:1119. <http://dx.doi.org/10.1176/appi.ajp.2011.11010176>
  • Castaneto MS, Wohlfarth A, Desrosiers NA, Hartman RL, Gorelick DA, Huestis MA. Synthetic cannabinoids pharmacokinetics and detection methods in biological matrices. Drug Metab Rev 2015;47:124–74. <http://dx.doi.org/10.3109/03602532.2015.1029635>
  • Znaleziona J, Ginterová P, Petr J, et al. Determination and identification of synthetic cannabinoids and their metabolites in different matrices by modern analytical techniques—a review. Anal Chim Acta 2015;874:11– 25. <http://dx.doi.org/10.1016/j.aca.2014.12.055>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ