一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ヒトパピローマウイルスに関連するがん ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/08Vol. 65 / No. 26

MMWR65(26):661-666
Human Papillomavirus–Associated Cancers — United States, 2008–2012

ヒトパピローマウイルスに関連するがん ― アメリカ、2008~2012年

CDCの National Program of Cancer RegistriesとNCIのSurveillance, Epidemiology, and End Results programのデータから、2008~2012年におけるヒトパピローマウイルス(HPV)に関連する子宮頸がん、外陰がん、膣がん、陰茎がん、口腔咽頭がん、肛門がんおよび直腸がんの発症率について分析した。その結果、HPV関連がんの年平均診断数は38,793例(10万人あたり11.7)であり、男女別では男性:15,793例(9.7)、女性:23,000例(13.5)、がん種別では子宮頸がん:11,771例(7.4)、外陰扁平上皮がん(SCC):802例(0.4)、膣SCC:1,168例(0.8)、陰茎SCC:1,168(0.8)、口腔咽頭SCC:15,738例(男性:12,638、女性:3,100)、肛門SCC:5,010例(男性:1,750、女性:3,260)、直腸SCC:750例(男性:237例、女性:513例)であった。口腔咽頭SCCの発症は男性:7.6、女性:1.7と相違を認めたが、肛門および直腸SCCの発症率は男女同等であった(男性:1.8、0.3、女性:1.1、0.2)。子宮頸がんの発症率は白人(7.1)に比べ黒人(9.2)、非スパニッシュ系(7.1)に比べスパニッシュ系(9.7)にて高く、陰茎SCCも同様の傾向を認めた。州別の発症率はユタ州:7.5~ケンタッキー州:14.7であり、平均値(11.7)を超える州は南部に多く、子宮頸がんはプエルトリコにて11.7と高値であった。また、38,793例のうち、HPVに起因すると推定される症例は30,700例(79%)であり、24,600例(うち子宮頸がん7,800例)はHPV16または18によるものであり、2価、4価および9価HPVワクチンにより予防可能であり、HPV31/33/45/52/58による3,800例(うち子宮頸がん1,700例)は9価ワクチンにより予防可能であった。 以上、HPV関連がんはワクチン接種により予防可能であり、人口集団ベースのがん発生状況をモニターし、適切なワクチンを提供することが重要と考える。

References

  • International Agency for Research on Cancer. IARC monographs on the evaluation of carcinogenic risks to humans. Volume 90: human papillomaviruses. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer, World Health Organization; 2007. <http://monographs.iarc.fr/ENG/Monographs/vol90/index.php>
  • Shiels MS, Kreimer AR, Coghill AE, Darragh TM, Devesa SS. Anal cancer incidence in the United States, 1977–2011: distinct patterns by histology and behavior. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2015;24:1548–56. <http://dx.doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-15-0044>
  • Saraiya M, Unger ER, Thompson TD, et al.; HPV Typing of Cancers Workgroup. US assessment of HPV types in cancers: implications for current and 9-valent HPV vaccines. J Natl Cancer Inst 2015;107:djv086. <http://dx.doi.org/10.1093/jnci/djv086>
  • CDC. Human papillomavirus-associated cancers—United States, 2004–2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:258–61.
  • Petrosky E, Bocchini JA Jr, Hariri S, et al. Use of 9-valent human papillomavirus (HPV) vaccine: updated HPV vaccination recommendations of the advisory committee on immunization practices. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:300–4.
  • Drolet M, Bénard É, Boily MC, et al. Population-level impact and herd effects following human papillomavirus vaccination programmes: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis 2015;15:565–80. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(14)71073-4>
  • Reagan-Steiner S, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:784–92. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6429a3>
  • Moyer VA; US Preventive Services Task Force. Screening for cervical cancer: US Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2012;156:880–91. <http://dx.doi.org/10.7326/0003-4819-156-12-201206190-00424>
  • Sabatino SA, White MC, Thompson TD, Klabunde CN. Cancer screening test use—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:464–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ