一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)職業群別による自殺率 ― 17州、2012年

MMWR抄訳

rss

2016/07/01Vol. 65 / No. 25

MMWR65(25):641-645
Suicide Rates by Occupational Group — 17 States, 2012

職業群別による自殺率 ― 17州、2012年

2012年において、アメリカでは約40,000人の自殺が報告され、自殺は16歳以上の報告された死因の10位を占めている。この年齢群では、自殺率は2000年から2012年までに人口10万人あたり13.3から16.1に上昇し、21.1%増加した。自殺防止の取り組みへの情報を提供するために、CDCは2012年のNational Violent Death Reporting Systemから17州における12,312人の自殺による死亡者を職業コードを使用した職業群により分析した。様々な職業群での自殺の頻度を調査し、カテゴリーごとに性別および年齢群による自殺率を算出した。12,312人の自殺による死亡者のうち、男性は9,509 人(77.2%)、女性は2,801人(22.8%)で、2人は性別不明であった。死亡者の年齢は16歳~102歳で、84.5%が16~64歳であった。自殺者の年齢は45~54歳(22.7%)で最も高く、16~24歳(11.6%)最も低かった。自殺率は農業、漁業、林業(10万人あたり84.5)、建築および採掘(同53.3)、設備、保守管理、修繕(同47.9)の3つの職業群で上昇した。自殺率は性別により異なり、すべての職業群において男性で女性よりも上昇した。男性間では、自殺率は農業、漁業、林業(同90.5)、建築および採掘(同52.5)、設備、保守管理、修繕(同47.5)の職業群で高かった。一方、女性では、保安職(例、警察官、法執行官、消防士、10万人あたり14.1)、法律(10万人あたり13.9)、医療関係および技術(同13.3)の職業群で高かった。全体で、自殺率は教育、訓練、図書館(同7.5)の職業群で最も低かった。直接的に16歳以上の人に向けた自殺予防の取り組みが必要であり、そのためには社会的支援、地域の結び付き、予防サービスへのアクセスを強化するともに、支援を求めるための障壁の低下が望まれる。

References

  • National Center for Injury Prevention and Control. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Injury Prevention and Control; 2015. <http://www.cdc.gov/injury/wisqars>
  • Paulozzi LJ, Mercy J, Frazier L Jr, Annest JL. CDC’s National Violent Death Reporting System: background and methodology. Inj Prev 2004;10:47–52. <http://dx.doi.org/10.1136/ip.2003.003434>
  • US Bureau of Labor Statistics. Occupational employment statistics. Washington, DC: US Bureau of Labor Statistics; 2015. <http://www.bls.gov/oes/current/oes_stru.htm>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. NIOSH Industry and Occupation Computerized Coding System (NIOCCS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2014. <https://wwwn.cdc.gov/niosh-nioccs/Default.aspx>
  • US Census Bureau. Current population survey: 2013 March supplement. Washington, DC: US Census Bureau; 2015. <http://thedataweb.rm.census.gov/ftp/cps_ftp.html>
  • Loo R. A meta-analysis of police suicide rates: findings and issues. Suicide Life Threat Behav 2003;33:313–25.
  • Stallones L, Doenges T, Dik BJ, Valley MA. Occupation and suicide: Colorado, 2004–2006. Am J Ind Med 2013;56:1290–5.
  • Tiesman HM, Konda S, Hartley D, Chaumont Menéndez C, Ridenour M, Hendricks S. Suicide in U.S. workplaces, 2003–2010: a comparison with non-workplace suicides. Am J Prev Med 2015;48:674–82. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2014.12.011>
  • Carson J Spencer Foundation. A construction industry blueprint: suicide prevention in the workplace. Denver, CO: Carson J Spencer Foundation; 2015. <http://actionallianceforsuicideprevention.org/sites/actionallianceforsuicideprevention.org/files/Suicide%20Prevention%20in%20the%20Workplace%20-%20Final.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ