一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルスのサーベイランスと準備 ― ニューヨー・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/24Vol. 65 / No. 24

MMWR65(24):629-635
Zika Virus Surveillance and Preparedness — New York City, 2015–2016

ジカウイルスのサーベイランスと準備 ― ニューヨーク市、2015~2016年

2015年11月、ニューヨーク市(NYC)のDepartment of Health and Mental Hygiene (DOHMH)はジカウイルスの管理計画を開発し、2016年2月1日、Incident Command Systemを開始した。2016年1月1日~6月17日、DOHMHはサーベイランスによりPublic Health Laboratory、Wadsworth CenterおよびCDCにて3,605名を対象に診断検査を実施、うち3,319名(92.1%)がZika RT-PCR検査、3,305名(91.7%)が血清検査[免疫グロブリンM抗体捕獲ELISA(MAC-ELISA)、プラーク減数中和試験(PRNT)]を受けた。その結果、182名(5.0%)にて尿または血清RT-PCRまたは血清検査によりジカウイルス感染が確認された。RT-PCR法による確診は178例(尿/血清:25例、尿:117例、血清:36例)、血清検査のみによる確診は4例であった。これらの確診例のうち、20例(11.0%)は妊婦であり、9例にジカウイルス疾患に一致する症状を認め、2例はジカウイルスによるギランバレー症候群と診断された。PRNTによりさらに27例にフラビウイルス感染が確認され、これらの確診例はすべてジカウイルス感染地域へ行っていた。DOHMHとU.S. Census American Community Surveyが2010~2014年のデータを用いて、メキシコ、カリブ海諸国、中央および南アメリカ出身者の居住数と15~44歳の女性のジカウイルス検査率をマッピングした結果、これらの国々からの移民が少ない地域にて検査率が高く、移民の多い地域にて検査率が低かった。また、NYCでは7~9月に蚊のシーズンのピークを迎えるため、DOHMHはセンチネルサーベイランスシステムにより地域での蚊を媒介するジカウイルス感染例の調査を実施する予定である。医療従事者は妊婦に対して最新の情報を提供すべきである。

References

  • Pan American Health Organization. Epidemiological alert: neurological syndrome, congenital malformations, and Zika virus infection. Implications for public health in the Americas. Washington, DC: World Health Organization, Pan American Health Organization; 2015. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_download&Itemid=&gid=32405>
  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Petersen EE, Staples JE, Meaney-Delman D, et al. Interim guidelines for pregnant women during a Zika virus outbreak—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:30–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6502e1>
  • Millman AJ, Chamany S, Guthartz S, et al. Active monitoring of travelers arriving from Ebola-affected countries—New York City, October 2014– April 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:51–4. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6503a3>
  • Armstrong P, Hennessey M, Adams M, et al. Travel-associated Zika virus disease cases among U.S. residents—United States, January 2015– February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:286–9. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6511e1>
  • Oster AM, Russell K, Stryker JE, et al. Update: interim guidance for prevention of sexual transmission of Zika virus—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:323–5. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e3>
  • Wong PS, Li MZ, Chong CS, Ng LC, Tan CH. Aedes (Stegomyia) albopictus (Skuse): a potential vector of Zika virus in Singapore. PLoS Negl Trop Dis 2013;7:e2348. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0002348>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ