一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)15~39歳の男性における診療所でのヘルスケアの利・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/24Vol. 65 / No. 24

MMWR65(24):619-622
Health Care Use and HIV Testing of Males Aged 15–39 Years in Physicians’ Offices — United States, 2009–2012

15~39歳の男性における診療所でのヘルスケアの利用およびHIV検査 ― アメリカ、2009~2012年

2014年、アメリカにおけるHIV感染の新規診断例の81%は男性であり、そのなかでも20~29歳がもっとも多く、人種別の割合(/年)は10万人あたり白人男性:13例、黒人男性:94例、ヒスパニック系:42例であった。CDCは成人および思春期齢に対しHIV検査を推奨しているが、2014年における検査率は18歳以上の男性で36%と低い。今回、CDCは若年男性(15~39歳)がHIV感染の診断を受ける機会について、2009~2012年のNational Ambulatory Medical Care Survey (NAMCS)およびU.S. Censusデータより、診療所の受診およびHIV検査の利用について分析を行った。2009~2012年、15~39歳の男性の診療所受診回数は平均1.35回/年であり、白人:1.64回に比べ黒人:0.89回、ヒスパニック系:0.84回(にて少なかった。年齢別では15~19歳:1.58、20~24歳:0.97、25~29歳:1.08、30~34歳:1.38、35~39歳:1.78回であった。HIV検査は年間平均受診数66,905,523回のうち、674,001回(1.01%)にて行われ、白人では0.72%と黒人:2.71%、ヒスパニック系:1.42%に比べ少なかった。また、年齢別では20~24歳:1.70%、25~29歳:1.76%にて高く、30~34歳では0.98%、15~19歳および35~39歳ではともに0.56%であった。以上、15~39歳の男性では、診療所受診の99%にてHIV検査が行われておらず、診療所でのHIV検査のルーチン化の必要性が示唆された。

References

  • CDC. HIV surveillance report, 2014. Vol. 26. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/>
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. 14).
  • National Health Interview Survey, 2014. Summary health statistics table A-20a. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2014. <http://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/NHIS/SHS/2014_SHS_Table_A-20.pdf>
  • Hall HI, An Q, Tang T, et al. Prevalence of diagnosed and undiagnosed HIV infection—United States, 2008–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:657–62.
  • National Health Interview Survey, 2014. Summary health statistics table A-17a. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2014. <http://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/NHIS/SHS/2014_SHS_Table_A-17.pdf>
  • Kirzinger WK, Cohen RA, Gindi RM. Health care access and utilization among young adults aged 19–25: early release of estimates from the National Health Interview Survey, January–September 2011. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. <http://www.cdc.gov/nchs/nhis/releases.htm>
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al.; HPTN 052 Study Team. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1105243>
  • Lundgren JD, Babiker AG, Gordin F, et al.; INSIGHT START Study Group. Initiation of antiretroviral therapy in early asymptomatic HIV infection. N Engl J Med 2015;373:795–807. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1506816>
  • CDC. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in the United States—2014 clinical practice guideline. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/prepguidelines2014.pdf>
  • NAMCS documentation 2010. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2010. <ftp://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/Dataset_Documentation/NAMCS/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ